アサノのコラム

■ちょっとした人間関係と家族の話。その5

■では、前回からの続きの話を。

前回は、「今の自分の常識以外に、自分が楽になる要素がある」んじゃないの?というところで終わりましたね。

■ということで、要は・・・。

僕が出会ったカウンセラーさんは、まぁ、見事に、ことごとく、僕の中の常識=自己嫌悪を覆すサポートをしてくれました

 

そりゃもう、時には遠慮無しに(^^;


とはいっても・・・。

カウンセリングの受けはじめた当初の僕は、

自分の中の常識を覆そうと、カウンセラーが話す言葉の意味すら、よく分かりませんでした。

自分が捨てたもんじゃないと、必死に伝えてくれる。
自分には乗り越えられると、励ましてくれる。
何が原因で、自分が悩んでいるのか、教えてくれる。

そんな言葉に、

「この人は、何言ってるんだろう???」

そう思うことが何回もありました。

それぐらい、その当時の自分にとって、

「自分のなかにどんな感情が眠っていて、それが自分の言動にどう影響を与えてるのか?」

「思い悩み、しんどくなっている自分が、実は本当の自分じゃないんだ」

なんてこと、まぁ・・・考えたこともなく、むしろそれが当たり前になっていたわけです。

とくに心の深い部分ではね。

■そんなこんなで、僕自身、ある程度時間かけて、カウンセリングやワークショップを受講していくと。

徐々にですが、今まで分からなかった言葉の意味が理解できたり、自分が感じていた気持ちが変化していくんですね。

そして、ある時、大きな気づきがやってきたんですよね。

 


「自分は人が苦手」

「嫌われて当然の人間。家族にすら迷惑掛ける存在。」

「そんな自分が嫌い・・・。」

  

 

 

『そう思うことで、誰かを助けようとしてきたんじゃない?』

 

・・・そう言われた時は、本当にビックリしました。

 


 

■心理学の中でいう「家族の役割」に、こんなものがあります。

 

「自分が嫌われ者をあえて買って出ることで、家族の問題意識を、全て自分にを引き付け、家族を助けようとする役割」

 


んー。

 

確かに自分は昔から、やけに問題や心配をかけることばかり起こしていました。


実際、自分の体のことでも、散々家族と揉めたり、言い争いになったこともあり。
 

いつしか「自分は迷惑モノ、嫌われモノ・・・」という思い込みがドンドン強くなっていったのは事実。

 


でも、それが家族を助けようと思ってやっていたことだなんて・・・。

 

そう聞いたとき、まぁ本当に救われた気になりましたよね。


 

その根拠なんていいんです。根拠が(もちろん心理学的にはそうなんですが)問題ではなくて。


 

ただ、自分の中に眠っていた、「人を大事に思う気持ち」を見て、汲み取ってもらえた気がして、本当に嬉しかった。

 

今でもその時のコトは、はっきり覚えてますよ。

 

これが、僕に訪れた、「救い」だったりします。

 


 

■そして僕は学びます。

 

「あぁ、自分は全てダメなんかじゃないんだ。だからもう自分を雑に扱ったり、責めるのはやめよう。」と。

 

自分が問題や痛みを抱えるやり方では、家族関係も最悪で、誰も救えないし、誰も楽にならないことを学びましたからね。


 

そして、

 

「僕は堂々と人と向かっていいんだ。」

 

そう思えるようになりましたよね。

だからこそ、家族を含めた人間関係を良くしようと、自分なりにやってみることにしたんです・・・。

 

 

が、実際は・・・。

 

いやぁ・・・。自分が何十年も苦手にしてきたことです。慣れてないんですよねぇ。

そんな簡単に上手くいくはずもありません。

たとえいくら自分がやる気になっても・・・・
 

なんというか、とにかくぎこちなく・・・不自然で・・・。

家でも、職場でも、何が言いたいのか分からないけど、引きつった顔でボソッと話し、おもむろに去っていく男・・・。

< span style="font-size: 12pt; font-family: "MS Pゴシック";" lang="EN-US">

んー。ちょっと怖いですか?自分でもそう思います・・・(^^;


 

まぁ実際、自分の不器用さを散々呪いましたし・・・逃げたくもなりましたよ。馬鹿馬鹿しいから諦めちゃおうか?そう思ったこと、何千回もあったと思います(^^;

 


でも、今は、やってよかったな、と思います。

そうでなければ、今の人間関係や家族関係は無かっただろうと思いますから。

  


それもこれも、自分が全て間違っている、ダメだ・・・そんな思いを少しずつ変化させることが出来たからだと思いますね。


■人の心って不思議で。

風が吹けば桶屋が儲かる・・・じゃないですが、自分が全く意識していない、因果関係が無いように思えることが、今の現実に影響していることがあって。

コレ、自分ひとりでは、なかなか気付けないことでもあるんですよね

今思うと、全て自分をサポートしてくれる人がいたから出来たこと。

つまり、人が苦手な僕が、人に助けられた、、、ってことだったりするんですね。

だから、今は「人って苦手だな・・・より、ありがたいなぁ・・・。」

自分自身、そう思うことが多くなっていますね。

なんか、昔の自分と比べると、不思議な感じですけどね(笑)

はい。

長々と書きましたが、こんな自分の経験談は、これにておしまい、です。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...