恋愛・夫婦の心理学

恋愛での問題が生じる理由は「パートナーを私を愛する人にしていない」に尽きる

恋愛での問題が生じる心理的な理由を考える

恋愛やご夫婦に関するご相談をいただくと、みなさんから「自己肯定感」についてのご質問を受けることが少なくないんです。

例えば

「私が自己肯定感を感じられないから不安になるのでしょうか」

「自分は自分でいいと思える方法ってないでしょうか」

確かに自己肯定感を感じられることで、恋愛やご夫婦の関係性は安定するようになるでしょう。そのお考え自体正しいのだろうな、と僕も思います。

ただ、では「パートナーの前で自己肯定感を感じられている状態」ってどのような状態なのか

逆説的に言えば「パートナーの前で自己肯定感を感じらない状態」とは、どのような状態なのか、についてはあまりお考えになっていないのかもしれません。

このあたりを理解しながら、具体的な方法を実践することができるなら、幸せな関係性を手に入れることになるだろう、ということです。

ということで、今日は恋愛において問題が生じやすい「パートナーの前で自己肯定感を感じらない状態」とはなんぞや、という話をちょっと深堀りして考えていきます。

「パートナーを愛していない私」こそ恋愛での問題を生じさせる理由である

パートナーを愛せなくなって途方に暮れる女性

さて、今日は最初に答えを書いてしまいます。

恋愛において問題が生じやすい「パートナーの前で自己肯定感を感じらない状態」とは

「自分がパートナーを愛していない(事情があって愛せない)という状態」です。

ここでのポイントは、心理的に何かしらの事情があってパートナーを愛していない・愛せていない状態に陥っている、ということ。

これは「パートナーに対していい影響力を発揮できていない状態」であり、「自分を肯定する材料が(自分の内面で)なくなってしまう」と言い換えてもいいかもしれません。

この状態に陥ると、人からいくら褒められても自分を肯定し難くなりますし、いくらパートナーに愛され、支えられても喜べなくなります。

むしろ、愛されれば愛されるほど辛くなったり、逃げたくなったり、相手の気持ちを否定したくなるのです。

なぜならば「今の自分がパートナーを愛することができていないから」なのです。

まとめると、自分自身に何かしらの事情があって

「自分がパートナーを愛していない」

もしくは

「パートナーを私を愛する人にしていない」

このような状態が生じたときに、恋愛や夫婦間での問題が生じるわけですね。

ただ、この話だけでは非常に分かりにくいので、いくつかの具体例を用いながら更に解説していきます。

※この話は、人間としてだとか、道徳的に、といった理由で「人を愛さない人は悪い・未熟」といった話ではないとご理解ください。(それはまた別の視点における話なのです。)

ハートブレイクの影響によるもの

傷心旅行中の女性イメージ

最も分かりやすいケースは

何かしらのハートブレイク(傷心)の影響によって、自らがパートナーを愛していない状態に陥るケースです。

平たく言えば「大好きな人をめちゃめちゃ責めているのは自分」という構図が続いている、ということです。

今回はわかりやすさのためにあえて「死別」という事例を使って解説していきます。

例えば、パートナーが突然事故や災害などで亡くなった、というケースを想定してみましょう。

突然パートナーを失うことって、想像を絶する喪失感、痛みを感じるものなんですよね。

それが最愛の人であればなおさら、とても辛い感情を感じることがあるわけです。

これはパートナーを失った方が、パートナーを愛していたからこそ感じる感情でもあります。

 

ただ、パートナーを愛していたからこそあまりに辛い感情を感じたときに

まったく悪意なく「亡くなったパートナーを責める気持ちに駆られる」ということが起こる場合があるんですね。

その理由はあまりに辛い喪失感、痛みを感じるから。

平たく言えば

「どうしてあなた(亡くなったパートナー)は、こんなにも私を辛い気持ちにさせるのよ」

といった怒り、攻撃心を抱くということ。

これはパートナーを愛したくないから責めているわけではなく、パートナーを愛していたからこそ生じる、大きな喪失感、痛みによって生じるものだと考えることができるのです。

なので、理屈上は、自分自身が抱えた喪失感や心の痛みを癒やすプロセスを通じて、本来の自分を取り戻すことも可能になってくると考えられるわけです。

が、

大切な人をまったく悪意がない事情で責めるとしても

最愛の人をどうしても責めるしかない事情が存在したとしても

「そのような気持ちを抱いてしまった(自分の愛に背いた)自分を責める気持ち」がどこかに残ってしまう場合があるのです。

こうなると、いくら時間の経過と共に、喪失感やそれに伴う痛みが和らいだとしても

「私は本当に大切なパートナーを愛しきれたのだろうか」

といった疑いが残る場合があるんですね。

いくら仕方がなかったとはいえ、事情があったとはいえ

愛する人を(あまりの辛さから)攻めてしまった自分を肯定できず、罰したり疑い続けてしまうなんてことも起こり得るわけです。

こうなると、次の恋愛や結婚に向かうとしても、どこかで

「私は本当に人を愛せるのだろうか」

といった不安、疑いが残り、自分を肯定できなくなってしまうこともあります。

その結果、新たに出会ったパートナーに愛されても拒絶したくなったり、相手の好意を素直に受け取れない、なんて状態になるわけです。

このようなことは死別だけでなく、失恋(大好きな人との別れ)、婚約解消(破棄)、パートナーの浮気、といったものでも生じるものです。

ポイントは

「どうしてあなた(パートナー)は、こんなにも私を辛い気持ちにさせるのよ」という気持ちが生じ、それが未だ解放できていないときなのです。

最愛の人を責めているのは自分だ、というなんとも切ない気持ちに気づいていないときに起きる、とも言えます。

そういった気持ちも無理に抑えたり否定せず、丁寧に開放していくことも大切なこと、と言えるんです。

人を「自分を愛する人」と認識できていないケース

パートナーを喜びとして扱えない夫婦

また別のパターンをご紹介すると

人を「自分を愛する人」と認識できていないこと、パートナーの前で自己肯定感を感じらない状態に陥る理由になることがあります。

平たく言い換えれば「何かしらの事情で人の好意を拒絶し続けている状態」ですね。

典型的なケースは、「劣等感」や「自分への疑い」にしがみついている場合です。

どこか自分は人より劣っている。

今の自分では不十分だ。

もっと素晴らしい自分にならないといけない。

そんな気持ちが強い人が悪いわけではないのですが

このタイプの人って、人からの愛情や承認を求める気持ちを強めに感じつつ、しかし素直に受け取ることができない状態に陥りやすいんです。

その理由こそ、主観的に感じる劣等感なんですよ。

人から承認されたり、愛されたときにも

「だからといって自分にそんな価値はないだろう」と感じるわけです。

そんな人ほど、自分の劣等感や疑いに気づかないまま

「そもそもさ、愛し合うことって意味あるの?」と感じやすかったり

他者からの承認を求める割に、自分の中に受け入れる段階では「そんなに価値のないもの」「褒められたってね、何か変わるわけじゃないしね」として感じてしまうんです。

いわば喜べないってことです。

嬉しい、ありがとうと素直に思えないわけですね。

人によっては、人の好意が自分の心の痛みを刺激して

「それって私に対する慰めなんじゃないの?」
「同情や施しなんていらねぇよ」

なんて感じる場合もあります。

うーん。

「人の好意や承認、愛情を、同情や施しと理解する」って、そう思う本人も辛いでしょうし、周囲も辛いものですよね。

その結果、相手の承認や愛情の価値を理解できない状態が続くことも多いものです

これこそ「パートナーの前で自己肯定感を感じらない状態に陥る理由」そのものです。

相手の愛情の価値を認めることができないわけですからね。

もしあなたにとって愛する人がいるとしたら、その人の愛情や行動の価値を誰よりも理解し、感じ、見てあげたいと思いますよね。

平たく言えば「あなたは素晴らしい人だよ」と伝えたくなるものではないでしょうか。

しかし、何かしらの事情で自分自身が抱えている劣等感の影響で、相手の好意や愛情の価値を理解できないとしたら、そんな自分を肯定できるでしょうか。

その答えはきっとNOなのです。

ただ、このような状態に陥る理由が「自分自身の劣等感の影響だ」と理解できる人は少ないのかもしれませんね。

むしろ、自分自身の劣等感を埋め合わせるように努力したり、ハードワークを続けたり、自分の外側に価値あるものを探し続けたり、自分のステータスを高めることに注力したりする場合も少なくないはずです。

ただ、どれだけ自分の劣等感を埋め合わせても、自分の価値を受け取らない限り、おそらく人の価値を認めることは難しいのです。

あなたは素晴らしい人。あなたは素敵な人。あなたは価値のある人。

そう思えない自分にがっかりしてしまうのは自分なのです。

その結果、「私はいいよ」「オレを愛さなくていいよ」と、努力することは考えるけれど、人の愛情を受け取らないように、人の愛を拒絶するようになる人も少なくないのです。

なぜなら、自分発の努力によって相手に与えることはできるけれど、相手の価値を認められない自分に価値がない(自分を肯定できない)、と感じてしまうからです。

これはいわゆる「自立タイプの人」が陥りやすい罠。

幸せになるために努力しているのに、エネルギーを注いでいるのに、なぜか恋愛が終わってしまう、離婚に至ってしまう、という問題を作る理由になるわけです。

「パートナーを私を愛する人にする」ことはとても重要

お互いに調和し愛し合う男女

ここでご紹介した以外にも様々な事情で「パートナーを私を愛する人にしない」パターンが存在します。

ただ、どのようなケースでも重要なポイントは「パートナーを私を愛する人にすること」なのです。

言い換えるなら「パートナーを自分の喜びとして迎え入れるマインド」を整えることです。

これは「受け入れる」ということを通じた「与える姿勢」でもあり、何かしらの物質や感情を与えることと同じぐらい大切なことです。

パートナーを自分の喜びとして迎え入れることが難しいからといって、やたら相手に対する作為を考えたとしても、その方法はいつしか限界を迎えるでしょう。

そもそもあなたのパートナーが、あなたを喜びのシンボルとして迎え入れているなら、二人の間で生じる温度差、価値観のギャップは、「お互いを傷つけるもの(否定するもの)」として作用することが少なくないんです。

そして何より自分を否定し、疑う理由になるでしょう。

なぜなら、どれだけあなたが素晴らしい努力をしていても

あなたがパートナーを喜びとして受け入れていない限り

自分も相手も心から喜ぶことができないからです。

このようなときは、自分はどんな葛藤・事情を抱えているのだろうか、と自分を見つめることが状況の改善につながることが多いものですよ。

今日はちょっと難しい話をサクッとまとめちゃったので分かりづらいかもしれませんが、何度も読んでいただくと、少しづつ「そうか」と分かってくるかもしれません。

今日のコラムで僕がお伝えしたいことは一つ。

「誰よりもパートナーを喜びとして、価値ある存在として扱いたいのは自分である」

そう気付けるかどうか。

自分の素晴らしさ、偉大さにきづけるかどうか、なのです。

それこそ自己肯定感だと思いませんか?

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...