恋愛と男性心理

心の砦

love

カウンセリングサービス の浅野寿和 です。いつもお読みいただきありがとうございます。

長く続いたワールドカップも終わりましたね。素晴らしいゲームを毎日観戦できて、僕にとってはとても充実した毎日でした。

そして僕は今、どこか祭りのあとのような寂しさを感じているのでありました。ワールドカップは4年後。次はブラジル開催!ってまた次回も深夜の放送ばかりなのでしょうか・・・?

さて、今日はサッカーにまつわるお話から男心について見ていきたいと思います。女性の皆さんにはサッカーはちょっと馴染みのないものであるかもしれませんけれども。

今日、TV放送されていたサッカーワールドカップ総集編を見ていたときの事。そこである対談が放送されていたんですね。

それが中田英寿氏と本田圭佑選手の対談。

実は僕、この2人の対談にググっと心を掴まれ、引き込まれてしまいました。なんといいますかカウンセラー的なツボを刺激されたのです。

特にツボを刺激されたのが本田選手の発言。

「今までの自分のサッカーを全部否定しなければいけなかった。」

彼がこの発言に至る経緯はこんな感じです。

本田選手は数年前、日本からオランダへ海外移籍したのですが、彼が所属したオランダでのチームは2部リーグに陥落したのです。つまりあまり注目されないリーグでのプレーを余儀なくされたそうです。

彼は日本人で海外での実績もまだなく、他の選手とは違う見方をされがちな海外で、目立たないことは選手としての行き詰まりのような状態になる。

そこで本田選手は考えたそうです。彼はそれまで、パスを主体とするサッカーのプレイスタイルにこだわっていたそうです。が、2部リーグでいくら良いアシストをしても目立たないし、誰も見てくれないしアピールできない。

では、目立つにはどうすればいいのか?

・・・点を取るしかない。

そのためには、今まで彼がこだわっていたサッカーに対する考え方を全部否定しなければいけなかったと、彼は対談の中で話していました。

その話を聞いて、僕はとても感銘を受けたんですね。

「自分を否定しなければいけなかった」という本田選手の発言。これを僕なりに解釈をするとこのような意味なのだろうと思うんですね。

「どこか自分を変えなければいけない」

僕は今までの自分を全て否定する必要はないと思うんです。きっと本田選手だって自分を全て投げ捨てたわけじゃないでしょうし。きっとその否定の意味は「思いを変える」と言うことなんだろうな、と思います。

自分を変えなければ成功しない。自分の夢は叶えられない。だから彼は今まで一番大切にしてきたサッカー哲学、コダワリを捨てたのだと思うんです。

その言葉を聞いた時、僕は「凄い勇気だな」と心からそう思いました。

僕たちは日常とありとあらゆる場面で、何らかの原因で自分の理想どおりに物事が進まなくなった時に、大きな選択に迫られるのかもしれませんよね。

恋愛でも仕事でも、自分の思い描く理想をそのまま現実にしたい。私たちはどこかでそう思い生きている部分が多かれ少なかれあるからです。決してそれが悪いことではないと思うんです。むしろ夢や希望はあったほうが絶対にいい、僕はそう思うんですよね。

ただ、特に自立的な男性に多いのですが、今までの自分の思いやカタチを変えるとき、どこか屈辱的な感覚を覚えたり、激しい葛藤が心の中で生まれたりすることがあるんですね。

何故なら、自分のやり方=自分自身をどこか自分が間違っていたのか?という感覚が生まれてくるからです。

多くの男性はこの葛藤を激しく感じる傾向にあると心理学でも言われています。自分の生きてきた道や成果という事実を男性はとても大切にするからです。そしてどこかそれを失いたくないものなのですね。

そこにあるのはプライド。

プライドは心の防波堤のようなもの。自分の中の価値と、心の痛みを守るためにプライドは存在している場合があります。特に今までの人生経験の中でいくつかの成功体験を積んでいれば、自分の思いは自分の中の宝物になりますし、反対に傷ついていればそれだけは隠したいと思うもの。

これを手放すとなると、これは本当に勇気のいる行為なんですよね。自分の中の一番大切だと感じているものを手放すことや、自分の痛みを感じることですから、やりたくない、できないと思ってある意味当然の行為でもあるわけです。

カウンセリングの場で僕がこのような男性心理についてお伝えすると、女性の皆さんから

「どうして男性はそんな事にこだわるんでしょう?」

なんてお話をよくお聞きすることがあるんですよね。いや、そう思われる気持ちも僕なりに分かる気がするのですが。

例えば、寂しいと言うと「俺が悪いのか?」と怒り出す男性だとか。
優しくしたら、「オレに構うな!」と突っぱねる男性がいたりだとか。
お互いに激しくケンカした中で、女性が言った一言をずっと引きずって「別れる!」と言い張る男性だとか。
仕事で失敗してあまりに落ち込んでしまって、励ましてもどうにもならない男性であるとか。

女性からすれば、「一体あなたはどうして欲しいの?」と思うような、あまりよく分からないコダワリだったり、痛みだったりするのかもしれませんね。それこそ男性のプライドであったりすることが結構あります。

なので、女性から見れば?と思うことも、男性にとっては大問題!であったり、男性自身もどうする事も出来ない、と感じていることだってよくあるんですよね。もちろん口や態度にはなかなか出さないことが多いのかもしれませんが。

いつも強い意志と情熱で困難を乗り越えていく男性ばかりではないし、男性の心のコンディションによっ ては頑張れない時もある。そんな自立した男性ほど、どこか孤独で挫折しやすい部分を持っていることが多いものです。

そして一度挫けてしまった自分の心を立て直すのに、意外と時間がかかる男性も少なくありません。普段から感情を扱うことに慣れていない分、どうしていいか分からないこともありえますし、むしろ男性にとっての痛みの特効薬は「成功」であることが多いからですね。どこか自分の中で気持ちを割り切っただけではなかなか納得しない方が多いものなのです。

では、そんな男性と向き合う時どうすればいいのか?と言えば・・・ひとつの方法として、あえて何もしないことがいいケースもあるわけです。

もちろん無関心や突き放すということではありませんよ。あえて男性の感情に手を突っ込まない方が良い場合があるわけです。女性の感覚で共感を持っていくと、余計に突っぱねたり、怒り出す男性もいるわけです。男性が感情的になっている場合は特に。それが嫌だからプライドを持っているわけですから。

どちらかと言うと、見守る、信頼する、応援するだけでいいことって結構あります。もちろん例外もありますけれどね。そして男性が何故そこまで頑張っているのか?その理由を理解してあげられたら凄いですよね。

それぐらい誰にとっても自分のこだわりを手放すことって難しいことなんですよね。だからこそ僕も本田選手の言動に感動したわけですけれど。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...