恋愛と男性心理

元カノのメール。どうして反応するの?

love

さて、今日のテーマはこちら。

「元カノのメール。どうして反応するの?」

例えばこんなケース。

 

彼の元カノがまだ彼に連絡してくるみたいなんです。何だか凄く困ってるような、そんな内容のメールや電話が来ているみたいで。

 

彼は「彼女とは完全に終わってるから」「戻るなんてありえない」と言いつづけてるんですよ。だからその言葉を信じようと思うんですけど、でも・・・。

 

彼は言うんです。「彼女が困っているようだから・・・」「彼女にはもう情しかないし・・・」「本当はもう迷惑なんだけど・・・」

 

でも、いつもいつもメールは返すし、電話にも出る。「さっさと拒否ればいいじゃん!」と思うけど、それができない彼。

 

彼が優しい人で、人を傷つけられないのは知ってる。だからっていつまでも元カノの影があるって、私は嫌。

 

彼はどうしてこんな行動をするのでしょう?一体あたしのこと、どう思ってるんでしょうか?

どこか終わったはずの恋愛をいつまでも引きずっているようにみえる彼の行動に、イライラや、悲しみを覚えた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ということで、今回は、彼があなたを選んでいるにもかかわらず、どうして元カノについつい反応してしまうのか?について書いてみようと思います。

 

(*今回の内容は浮気性の男性であったり、確信的に複数の女性との関係を作っている男性について書いているわけではありません。それはまた別の機会があれば書かせていただきます。)

 

責任感に隠れた罪悪感

 

今回のテーマで扱うタイプの彼の言い分ってこんな感じですよね。

 

「今、僕が愛しているのは君だ」「でも元カノとはいえ、困っている女性を(人として)放ってはおけない」

 

彼が元カノとの間で起こしている行動が「人助け」のようなものならば、文字にしてみるとどこかいい人のように見える彼の言動。おそらく彼の中でも「あなたの気持ちをかき乱している側面があることを感じ」「どこかバツの悪さを感じつつ」も、「人として正しいことをしている」ような感覚を覚えている可能性がありますね。

 

特に何にでも責任を感じ、自分を責めやすいタイプや、人を助けたいという思いが強い男性、また人に嫌われたくないという意識が強い男性は、このような行動に出ることが少なくありません。

 

ただ、ここではまず直接彼の心理を考えるのではなく、元カノさんの行動を考えてみたいと思うんです。

 

もし、元カノが起こしている行動が、「彼に対するヘルプ」という体裁をとった「執着」だったとしたら。まだ彼に気持ちがあって会いたいからこそ、彼の責任感をくすぐるような言動をしているのだとしたら。

 

この元カノの言動の事を心理学で「罪悪感コントロール」と呼ぶのです。

 

罪悪感コントロールとは、相手の罪悪感を刺激し感じさせて、相手の意識をコチラに向けようとする言動のこと。これはあまり上手なコミュニケーションであるとは言いにくいんですけどね。

 

例えば、「凄く困ってる」「辛い」「寂しい」「悲しい」

 

さて、元カノにそんな思いをさせているのは一体誰で、誰の責任でしょう?という問題。

 

もし彼の中で100%とは言いませんが、少なからず「自分のせいだ」と感じている部分があり、彼が感じている責任感の部分を刺激されたとき、今回のケースのような状態が起こると考えられるんですよね。

 

ただ、彼がここで感じているのは「責任感」のようで、実は「罪悪感」を感じていることが多いようです。

 

この罪悪感に対する彼の心の反応の仕方、どこか責任感から罪悪感を背負ってしまうことが、元カノとの関係を作っていると考えられるわけなんです。

 

つまり今回のようなケースでは、彼はあなたと元カノを天秤にかけているというより、彼があなたと元カノとの関係で感じる罪悪感を天秤にかけていると考えられるのです。

 

何事に対しても正しくありたい、誠実でありたい、誰も傷つけたくない。

 

これらって実は愛のようで、しかし今回のケースでは「彼が罪悪感を感じたくないという発想の現れ」であることってとても多いんです。自分が悪いと思いたくないからこそ、より素晴らしい自分になろうとしているのかもしれません。

 

そして、今回のような元カノとなかなか切れない男性の心理を見つめていくと、彼の「自己概念」と呼ぶのですが、彼自身が自分自身の事を元々よく思っていなかったり、ダメだ、優れていないといった感覚を持っている場合が少なくありません。

 

このタイプの男性は、自分で自分の事を許すことができないんですね。だからこそ何事においても罪悪感に反応することが多い。誰かに「君が悪い」と言われると「本当にそうだ」と感じやすい傾向を持っているんです。

 

そんな彼だからこそ、あえて首を突っ込まなくてもいいところに突っ込んでしまうことがあるんですよね。そして彼が完璧に罪悪感を払拭したいと感じている度合いだけ、元カノとの関係はズルズルと長引いてしまいます。

 

しかし、罪悪感を刺激されて恋愛感情が高まる人って殆どいないのも事実。たとえ彼が少し気持ちを残していたとしても時間が経てばたつだけウンザリしたり、嫌になってしまうものです。

 

このように、彼の言動がどこか彼の姿は元カノに未練があるような、私は大切にされていないように感じるかもしれませんが、そうだとは言い切れないケースも存在するわけなんです。(これは余談ですが、彼があまりに罪悪感が強い人だと、罪の意識のほうに引き寄せられていくケースもいないとは言い切れませんけれど。)

 

愛で繋がっているのは誰?

 

ただ彼が選んでいるのがあなたであるならば、あなたと彼は愛で繋がっていますよね。

 

罪悪感に影響されやすい彼ほど、彼が本当に求めているのは愛であり、許しです

 

もともと彼は自分を許せないからこそ、罪悪感に反応してしまう側面を持っているんですよね。そんな自分を本当の意味で愛し、許してくれる人を彼も求めているのかもしれません。

 

今回のケースでは、元カノさんの存在は、彼女の本意でないでしょうが、彼にとっての「罪悪感」のシンボルになってしまっています。

 

そして、そんな彼と(我慢したり、不安になりながらも)一緒にいるあなたは「愛」のシンボルなんですね。そこで彼を少しずつ理解する姿勢を持つとまだよいのですが、彼を責めてしまったり、ご自分を責めてしまうとあなたも「罪悪感」のシンボルになってしまうんですよね。

 

これは本当にもったいないことだな、と僕は思うんです。

 

もちろん、彼が元カノと連絡を取っているその状況って許したくてもそう簡単に許せるモノじゃないと思います。だからあなたに怒りや不安を我慢してください、耐えてください、と僕は言うつもりはありません。

 

その怒りや不安があるなら、まず吐き出しましょう。彼にじ ゃなく別の場所で。できれば心について学んでいるカウンセラーがオススメなんですけど。

 

そうやって今、あなたが感じている怒りや不安、悲しみは真実ではないと何度も何度も手放していきましょう。これは自分の気持ちを話し、見つめて整理していくことで進んでいきますからね。これを我慢するとあなたが辛くなるだけですから。

 

僕自身何度もご自分の不安や本当の気持ちに向かい合っていかれた方をサポートさせていただいたことがあります。恋愛での問題を抱えると、やっぱりたくさん疑いや不安が出てくるんですよね。時には愛されてる?だとか、怖くて不安で仕方ないといった気持ちが溢れてくる。

 

それでもその気持ちをゆっくり受け入れて癒し、自分は愛される、素晴らしいと、何度も何度も自分を抱きしめていくと、すぅっと心が楽になる。私は大丈夫だと少しずつ思えるようになってくるんですよね。

 

まずはそこを目指してみることをオススメしたいですね。

 

そして、もしあなたが彼との今後を大切にしたいと思われるのであれば、自分を楽にしたうえで少しずつ彼の心理を理解してみましょう。無理やり理解するのではなく、まずはそういう発想があるんだな、という感じで。その上で彼が罪悪感で苦しむ思いをケアしてあげられる素晴らしい私になれれば最高ですね。

 

最後に、恋愛で自分以外の異性の存在が登場すれば、心中穏やかでいるほうが難しい場合が多いと思います。感情的にもなりやすいですし、不安も強くなります。そんな時はどうか一人で頑張らず、誰かのサポートを受けていただければなと思います。

 

今回は以上です。皆さんの参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...