恋愛・夫婦の心理学

パートナーについ求めすぎてしまうんです。

■カウンセリングサービスの浅野です。いつもありがとうございます。

『恋をするとつい相手に多くを求めてしまうんです。昔、これで失敗したって分かってるんですけど止められないというか。』
恋をすると感じる『パートナーに分かってほしい』という気持ち。パートナーにいろいろ求めたくなることだってあるかもしれませんよね。
ときに切ないキモチを伴うかもしれないこの感覚。恋の醍醐味と言えそうですけど、そのキモチが暴走すると、、、。


心理学には『私たちは過去に貰えなかった(と感じている)親密感をパートナーから貰おうとする』という心理法則があります。

例えば、両親が厳しい人であれば、もっと優しくしてほしいなと子供心に思うもの。両親が少し頼りないと感じていたら、強さやたくましさを求めるもの。

しかし両親からあなたの求めていたものが手に入らなかったとき、あなたは両親に求めることを諦め、両親ではない誰かに求めようとします。それがパートナーであることはとても多いケース。

そして、パートナーに分かってほしい気持ちが強くなりずぎるなら、それがいつも抑えきれないなら、あなたは今、無理のない、楽で簡単な自分の気持ちの表現方法を学ぶときなのかもしれません。

あなたの中にある『愛されるために頑張っていること』を見つめなおす時期なのかもしれません。

私たちは『何もしないでいても愛される』とはあまり思っていないことが多いもの。何かしないと愛されないし、愛などやってこないと信頼していることが多いものです。

それゆえに人によって違う、愛される秘訣をずっと使い続けているのかもしれません。求めすぎてしまう人なら、どこか日常で自分の気持ちを偽ったり、我慢したりすることが多いのかもしれませんね。

一度そう自分の日常を、考え方や行動を見つめ直すといいかもしれませんね。

『どうして私は求めすぎてしまうのか?』を『ずっとほしいもの、我慢してこなかったかなぁ?』に変えてみる。

みなさんお参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...