日常に使える心理学

何も変わっていない私と出会ったとき。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

「何も変わっていない私と出会ったとき」

カウンセリングで今あるテーマに向かい合っているとき。また、日常で仕事でプライベートで何か「課題」に向かい合っているとき。

どうしてもうまくいかなくて、現実がなかなか変わらなくて

「私にはできない。無理なのかなぁ・・・」「昔とちっとも変わってないかも・・・」

そう感じるときがあるかもしれませんね。


そんな時ってとても辛い気分になるかもしれませんね。頑張りどころだって分かっていても、自分に変化の実感がないときって、どこか自分を責めてしまうものですし。

ちょっと苦しいですよね・・・。

でも、私たちの心は私たちが決して意識できないところでいつも何かをキャッチしていて、感情は動いているもの。

そういう意味では、心っていつも何かしらの変容を遂げているものなんですよね。

心は日々、私たちの気づかないぐらいのスピードで変化・成長しているものだと心理的に考えることができるんです。

「何も変わっていない私と出会ったとき」

それは変化していないのではなく、変化や成長を実感できない。そして自分が成長し成熟することが信頼できないのかもしれません。

あなたはきっと少しづつ変わっています。そして心は今も成長し続けています。

未来の自分がハッピーになれる。なんてラッキーなんだろうと思えるようになるには、この自分が変化し成長するものだという信頼が欲しいところですね。

「何も変化しない」。

この意識が心の成長や時間を止めてしまうことだってありえるんです。あなたに自分の心の成長やその実感といった素晴らしいものを感じさせないブロックになってしまう。

そんな時に焦っていろいろ考えたとしても答えが出ないことが多いもの。そうなると、ベストを尽くそうにもなかなか前に進む気力も湧きにくくなりますよね。

もしかすると今の自分の心は何か理由があって「変わりたくない」と感じているのかもしれないし、自分の心が変わるにはまだ時が必要なのかもしれない。

焦ってまた今までのやり方を続けてしまい、同じ結果が堂々巡りになっているのかもしれない。

理由はいろいろあるのかもしれませんよ。

もし何かに、自分に煮詰まったとき、うまくいかないことが重なったときは、ちょっと一息入れてみましょう。

焦らずゆっくり。そしてこう信頼し続けましょう。

心のプロセスは進んでいる、と。

その自分が変わらないように感じる今にもまた意味があるのかもしれません。あなたに必要な時間を教えてくれているのかもしれません。

今感じている「変わらない私」が真夜中の暗闇なら

「夜明け前が一番暗い」「明けない夜はない」

そう自分が信じられるかどうか?って、どれだけ自分に優しくできるか?と同じ意味があるのかもしれませんね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...