日常に使える心理学

■【土曜更新】想いを伝える、ということ(テキスト版)第1回

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日から1つ連載記事を書かせていただきます。

タイトルは『想いを伝える、ということ ~妻と僕ともう一人の父の話~』

この連載テキストは、2011年7月に開催された「カウンセリングサービス・名古屋感謝祭」で好評をいただき、「ダウンロードサービス・きくまる」でもお聴きいただける、私の講演を一部テキスト化したものです。

全8回の予定・今回が第1回目です。毎週土曜にアップさせていただきます。よろしければご覧くださいませ。

■僕と妻が出会い、結婚を意識し、僕が妻の父(義父)に出会ったのが5年前。

初見で「いかにも昭和」な佇まいの彼は・・・既に大きな病を抱えていました。

病名は「癌」です。

(この辺の話はカウンセリングサービスWEBのコンテンツ・心理カウンセラーのコラムに書かせていただいております。)

長い闘病生活が続く義父。

入退院を繰り返しつつも、しかしそれなりに元気で過ごしていた義父なのですが・・・。

ただ、彼の体力は徐々に衰えていき、彼の中で病は徐々に、そして大きく進行していたのでした。

・・・ある時、うちの妻に一本電話がかかってきたのです。それは義母からの電話でした。

義母は妻にこう伝えたのです。

「お父さん、今度手術するのよ」

その電話を横で聞きながら、僕は義父の病状があまり良くないのか、と思ったものです。ついに来たか・・・と。

僕の横で義母の電話を聞いて驚き、そして沈んだ声のまま返答する妻。

そして義母は妻に電話の中でこう続けます。

「でも心配しなくていいからね。お父さんも、こっちに帰って来なくていいって話しているから。あなたはそっちでがんばりなさい。」

妻の実家は僕たちの住む街からかなり距離がある場所。すぐに帰ることができる場所ではありません。

しかし、いくら彼女の両親が、帰ってこなくてもいいと言ったからとはいえ、彼女の実の父親が癌に侵されて手術するのです。

たとえ両親に来るなと言われても、妻は義父の元に駆けつけるだろうって僕は思っていたのです。

きっと電話を置いた彼女の口から「すぐ帰りたい」という言葉が出るものだと。そう思っていました。

しかし、妻の口から出た言葉は僕の想像とは違ったのです。

「私、お父さんのところに行かないから。」

その言葉に驚いた僕は、とても自然に彼女に問いかけたのです。

「どうして?どうして帰らないの?」

短くも長く感じる沈黙の後、彼女はこう僕に話します。

「・・・・お父さんがこなくていいっていうから。私、帰ってはいけないような気がする。」

次回へ続く。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...