日常に使える心理学

■【土曜更新】想いを伝える、ということ(テキスト版)第4回

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

【土曜更新】 『想いを伝える、ということ ~妻と僕ともう一人の父の話~』

全8回の予定・今回が第4回目。よろしければご覧くださいませ。

バックナンバーは>>>コチラ<<<

*この連載テキストは、2011年7月に開催された「カウンセリングサービス・名古屋感謝祭」で好評をいただき、「ダウンロードサービス・きくまる」でもお聴きいただける、私の講演を一部テキスト化したものです。

■一体・・・僕はどうしたらいいんだろう?

そう考えに考えた末・・・僕にあるひとつのアイデアが浮かんだのです。

僕はこう考えたんですね。

「・・・今の彼女にとってお父さんはどんな存在なんだろう?」と。

「彼女にとってすごくお父さんは会いたくて、大切で、私を愛してほしい唯一無二の存在。

その存在である父に、愛して欲しいが故に「もうお父さんには会わない」と言っている彼女の気持ちってどれだけ辛いのだろう?」

今、彼女は愛して欲しい人に愛してくれなくていいです、求めて欲しい人に求めないでもいいから、と突っぱねているのと同じなわけですから。

そう考えたときに、ふっと僕の中に答えが一つ浮かんだんですよ。

二人をつなぐために残っている手立ては一つしかないと、そう思ったんですね。

だから僕は彼女にこう伝えました。

「ねぇ、今からお義父さんに会いに行ったらいいよ。僕のことは気にしなくていいから会いにいっておいでよ。いや、もう時間がない。すぐにでも行ってほしい。」

「ただね、今、どこかで君が恐れているように、お義父さんは君が会いに行ったら間違いなく、君を拒絶すると思う。

『心配しなくていいと言ったはずだ。なんで来たんだ!』と。

絶対にお義父さんは、そう言うだろう。そしたら、お義父さんにこう伝えてみて」

そう僕は彼女にひとつの言葉、「魔法の言葉」をお守りとして伝えたんです。

彼女は僕の話を聞いて、しばらく考えたあと、荷物をまとめて義父が入院している病院に向かいました。

どこか物憂げな表情を抱えたままで。

次回へ続く。

***
講演版「想いを伝える、ということ」はこちらでお聴きいただけます!>>>ダウンロードサービス きくまる

*このテキストは2011年7月に開催された、カウンセリングサービス名古屋感謝祭での私の講演の一部をテキスト化し、加筆修正を加えたものです。講演内容をテキスト化した性格上、一部文章として適切ではない表現がありますがご了承ください。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...