恋愛と男性心理

たしかに私から『もう別れる!』って言ったけど・・・

love

例えばこんなケース。

「先日、彼と大ゲンカしたんです。彼は優しくていい人なんですけど、どうしても私より仕事を優先させる人。だから私も今までたくさん我慢してて。つい彼に対して今思うと言っちゃいけないことをたくさん言ってしまったんです。

 

そしてその勢い?で、彼に「もういい!別れる!」って言っちゃったんですよね。そうしたら彼の顔色が急に変わって。何だか寂しそうな、辛そうな表情になって。

 

「そっか・・・」って一言。

そのあとで彼からメールが来て「君を幸せに出来なくてごめんね。君のためにも別れたほうがいいかもしれないね。」って書いてあったんですよ。

 

たしかに私から別れるって言ったけど・・・本当はそうじゃなくって・・・。

 

それ以来、私から連絡してもどんどん彼は距離をとっていく感じで。私はそれが嫌で、何度も何度もメールしちゃったんですよね。もちろん彼から殆ど彼から連絡がこないし。

 

友達に相談すると「もう止めときなよ」って。私も確かにそうだよねって思うんですけど。そう思うだけで気持ちは抑えられないっていうか。

 

もう一度きちんと彼と話がしたいんですけど、どうしたらいいんでしょうか?」

つい勢いで出た言葉で彼との関係がうまくいかなくなってしまう。とても辛いことですよね。まだ彼に対する気持ちが残っている度合いだけ、どうしても追いかけたくなるのが本音といったところでしょうか?

メールしてもダメっぽいことが分かっていながら、ついついメールしてしまったり。彼の気持ちをこちらに向けたくて必死に彼に謝ったり、彼のことを理解しようと頑張ったり。

それでも彼からの反応がないとしたら・・・切ないですよね。そして辛い気持ちだって感じるかもしれませんね。

さて、カウンセリングでこのようなお話をお聴きすると、僕がまず考えるポイントのようなものがあるんですよ。今日はそれから皆さんにお伝えしたいなと思います。

それが今の彼の心の状態。もっと平たく言いますと「彼が今、表立って感情的になっているかどうか?」なんですよね。

彼が感情的か?それともどこか冷静だったり、少し内面に引いたような発言や態度をとっているのか?で、2人の置かれている状況はかなり違うものなんですよね。

パートナーとのケンカでも同じなんですが、お互いにバトル状態ならまだいいんですよ。お互いに感情的になれているなら、まだ相手に対して何か伝えようとするエネルギーがあるってことでもありますから。

かといって、ケンカ自体をイイことだと認めてるわけじゃないんですよ・。そうではなくて彼の中に感情的になれる情熱やエネルギーがあるかないか?なんです。

ただ今回のケースのように、彼の気持ちがどこか彼の内面に向かっているような感覚、彼が自分の気持ちを押し殺したり、できる限り感情的にならないようあなたと距離を保っているとき。

実は今すぐ2人の関係性を無理に動かそうとしない方がいいケースであることが多いんですよね。むしろ関わろうとすればするほど、彼はどんどん距離をとって行く可能性だって否めません。

そもそも私たちはどうしてパートナーに気持ちをぶつけるのでしょうか?ケンカするのでしょうか?

それは多くの場合、怒りやイライラ、相手を責めたい気持ちの向こう側に「自分の気持ちを理解して欲しい」という思いがあって、必死に相手に伝えようとしていることが多いものです。それぐらい相手に理解してほしいから、エネルギーを使う訳ですよね。

(ちなみに、それぐらいエネルギーを使っても分かって欲しい気持ちを深く深く掘り下げていくと、「私はあなたの事を愛している」という部分に集約されることがとても多いんですけども。これ、あなたにも、そして彼にもある気持ちなんですけどね。)

しかし今回のケースのように、彼が距離を取り始めた、何も言わなくなったという態度。これは今までとは違うメッセージであることがとても多いんです。

そのメッセージの意味は・・・もうあなたに自分なりの愛情表現や気持ちが伝わらないのではないか?という感覚。時として諦めだったり、無力感のような感覚であったりするんですけどね。この感覚を感じると、時としてウンザリ感を伴うので、それが嫌で怒る男性はとても多いものです。

そんな時、彼が優しくて元々あまり怒らない男性、怒りが苦手であったり強く禁止している男性であれば、怒りを表現せず、最後まで優しさを見せようとしたり、相手を気遣って自分を責めるような言葉を使います。

しかしその多くは彼が自分の気持ちを押し殺すために使われている手段であることが少なくないんですよね。

つまり、今の彼はあなたのメッセージに対して反応しないということで何かを表現している、と考えたほうがいいんですよ。

それぐらいあなたに理解して欲しかった何か?を、まだ彼は心の中に隠し持っているといった感じでしょうか?

でもこのタイプの男性はその本音をなかなか口に出しません。もしその気持ちを表現したら彼も感情的になってしまったり怒ってしまうかもしれないから。だからできるだけあなたと距離を取ろうとするんですね。

そんな時に彼を追いかけようとすると・・・むしろ彼にとっては「やっぱり彼女は自分のことを理解していない」なんてメッセージになりかねないわけで。ちょっと辛い話ですけどね・・・。

特に男性は女性に追いかけて欲しいと思う人はあまりいないんですよ。辛いときはそっとしておいてほしい、見守って欲しいと思う人が多いものですから。

さて、そんな彼との関係。あなたが彼を選び続けるならば、についてなんですけども。

きっと彼もあなたからの「別れる!」という言葉に何かしらのショックを受けたのでしょう。そしてその言葉で彼の中の不十分さや劣等感、罪悪感が刺激された可能性も否めません。

だとすれば、彼は自分の中の不十分さや劣等感、罪悪感を抱えていてもなお、あなたとの関係を大切にしていた過去があったはずだし、そんな気持ちがあったはずなんです。もちろんあなたがたくさん我慢していた理由と同じでね。

その気持ちがもう一度お互いに伝え合うことができればいいんですが、追いかける方には寂しさやハートブレイク、距離をとる方には罪悪感やそっとしておいて欲しい気持ちがあって、感情的にすんなり向かい合うことがむつかしい。

だとするならば、一度この関係をリセットするぐらいの気持ちで相手と向き合ったほうがいいんですね。

あなたがどうして彼ともう一度やり直したいと思うのか?向き合いたいと思うのか?その気持ちもしっかり見つめたほうがいいですし。

どうして彼が距離を取り始めたのか?その男性心理をしっかり見つめたほうがいいんです。彼にとって仕事はどういうものだったのか?「別れる」の一言は、彼のどんな痛みを刺激したのか?あなたが寂しい思いをしていたことを彼は理解していたのか?いろいろですよね。

その上でコミュニケーションしないとお互いに失望してしまいます。お互いに相手に気持ちを理解してもらえない辛さばかりがやってくるので、さらに苦しくなりますし、今度はお互いに距離をとる かもしれない。

そして「距離がある」彼に伝える言葉は少なめ、を心がけてちょうどいい感じ。

もしあなたの言葉を訂正したいなら「ごめんなさい」で十分なんですよね。それ以上言わなくても彼に気持ちは伝わるものです。いろいろ言葉を付け加えすぎると彼が混乱してしまうし、あなたの伝えたい思いもブレて伝わってしまいます。

何よりあまり言葉を詰め込みすぎると彼がいろいろ考える「余白」みたいなものががなくなっちゃうんですよね。そうなると彼の感情的な変化もあまり見込めなくなる可能性がありますから。

 

少し時間を使いながらゆっくり彼と向き合っていく。その時間を使ってあなたの辛い気持ちを開放して癒し、彼への気持ち、男性心理を理解し確かめる。

時に焦りたくなるでしょうが、焦りが強いということは、あなたのハートも傷ついているということ。自分の気持ちのケアもしっかりすることも大切ですね。

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...