日常に使える心理学

自分の長所で問題を作らないために

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


例えば、僕はお酒が好きなんですね。以前は焼酎ばかり飲んでいましたが、最近はウイスキーをこよなく愛しているんです。

ただ、毎日飲んでいるの?と聞かれれば、それはNoなんですよね。実はお酒好きと言っていますけど、週5日は飲んでいません(笑)まぁ、体力的に飲めなくなっているというのも事実がもしれませんが・・・それ以上にお酒との付き合い方を変えたという方が正しいのかもしれませんね。

若いころって無茶がききます。だから少し強がって浴びるように飲んでいたこともありました。飲むことで身体が強くなるんじゃないか?なんて誤解もたくさんしてました(笑)確かにある程度の慣れはできるのかもしれませんけど、僕自身、そんなにお酒に強い方ではないってことにも薄々気づいていましたしね。

また、飲みたいわけでもないのに、毎日アルコールが必要だった時期もありましたね。ストレスを散らすような感じでたくさんお酒が必要、みたいなね。

ただ、無茶すればそりゃ体に負担が来ます。気分も良くない時がある。まぁそれはそれで楽しかったこともあったんですけど、今までのやり方にどうにも違和感を感じだした時期があったんですよ。

だから「美味しいお酒」だけで十分。楽しめる分だけでいい。そう考え始めました。

すると、家呑みの必要性がほぼ無くなった。たまーに楽しむだけに。するとお酒のことで辛い、苦しいと感じることがほぼ無くなっていったんです。

僕にとってのお酒。

これは僕にとって「素晴らしいものシンボル」だからこそ好きだと言えるんだと思うんです。そしてそのお酒と上手に付き合うことができるようになると、お酒に飲まれることもないですし、悩むこともない。

そして、このような事って「私達のマインド」にとっても同じことが言えるんじゃないかな?と最近考えることがあるんですよ。

カウンセリングをしていると思うことがあります。

例えば、いろいろな問題を抱えていらっしゃって苦しい最中でいらっしゃっても、相手を責めずに自分を責めていらっしゃる方がいたり。どこか「内省」が強い方ですね。

問題の根っこの部分を心理分析をしていくと、その人の優しさや思いやりが時に問題を作っていることが見えてきたり。

わざわざ自分に対して苦しい、不利な状況を受け入れることで、相手を勝たせようとしている方に出会ったり。

人それぞれ、形ややり方は違うけれど、自分の強みや特徴を生かして誰かを愛そうと、助けようと奮闘されている部分が見えてきたりします。

それは素晴らしい。僕自身、心からそう思う時もあります。

しかし、その自分の強みや特徴を使いすぎてしまって問題が起きていることもある。そう感じるケースに出会うことも少なくありません。

例えば、内省が強い方ならば、どこか自分を責め裁いてしまったり、自分の価値を低めに見積もってしまったりすることがあるかもしれませんね。

逆に、パワフルで行動力のある方が、周囲に支持されなくなってしまった、というケースも見てきました。自分の才能が周りの人との溝を作ってしまうこともあるようです。

そして一番多いと感じるのは「優しさ」ゆえに苦しむ、というパターン。

気づいていないことが多いんですよね、ご自身が優しさに溢れているということに。そんな方ほど、過剰に相手に気遣いをしたり、相手の意見を受け入れてしまってご自分が苦しくなってしまうことがあるようです。

また優しさが遠慮や自己否定感が生んで、恋に仕事にパートナーに、いろんな場面で距離を取り過ぎたり、あなたの気持ちを素直に伝えられないなんて事が生まれてきて、たくさん人に誤解されたり、トラブルが起きたり・・・というお話もたくさん聞いてきた気がします。

優しさは才能です。もちろんパワーも内省力も同じです。

でも、才能だからこそ、やり過ぎは問題を作るのかもしれません。その才能だけに拘ることが、目の前の状況を作り上げていることって少なくないと思うんですね。

問題は才能の裏返し、と言います。

であれば、才能があるからこそ問題を作る、とも考えられると僕は思うのです。

もし今、あなたが何かに悩んで状況が変えられないと悩んでいるならば。

まずあなたの才能を知ってください。分からなければ周囲の人々に教えてもらってください。僕達カウンセラーでもいいですよ。

例えば、周りの人があなたを見て優しいという人が多いなら、それはきっとあなたは優しいのです。あなたの内面云々ではなく、優しいと人が思うなら優しさがあなたにあって、それが伝わっているだけにすぎない。一度そう考えてみましょう。

そして、時には「あなたの才能の対極にあるもの」を眺めてみるのもいいかもしれません。

あなたの優しさの対極は何でしょう?
あなたの内省の対極には何があるのでしょう?
あなたのパワーの対極には何があるのでしょう?

ちょっと難しい質問ですけど、意外とここに今を変えるキッカケが眠っていることもあったりするんですよね。

そして、あなたの才能の対極にあるものがもしあなたにとっての「問題・欠点」であるならば、それもまたあなたに一つの才能を教えてくれることもあるようですよ。

そうやって、あなたの新たな一面を発見する。今までの自分の見方・扱い方を変えていく。才能との付き合い方をも考えていく。

今、あなたが苦しいのは「私にはこれだけしかない」という制限なのかもしれませんね。それは、人を愛する方法、自分の想いを伝える方法、自分を表現する方法・・・いろいろですね。

僕はこう思うんです。

あなたがたった一つの大きな才能にこだわって生きなくてもいい。それ以上に、意外と私たちは多才なのかもしれないな、と。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...