日常に使える心理学

「溜息」から抜け出すために

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


例えば、毎日頑張る女性の皆さんから、こんなお話をお伺いすることがあるんですね。

毎朝早くに出勤して。

毎日膨大なタスクに追われてるから、帰宅はいつも遅いんですよね。

仕事だから仕方ないよね、と思うんですけど。でもさすがに疲れちゃいますね。

だから、本当は自炊しなきゃなーって分かっているけど、何だかそんな気にもなれない。

夕食はコンビニか、近所のお惣菜になっちゃって。

プラスティックのパックを開けて、スマホ片手に食事する感じで。

今は「彼」もいないし、誰もいない部屋に一人帰るだけだから。食事を作っても、一緒に食べてくれる人もいないなーって思うと、ついつい・・・。

そんな自分に溜息ついちゃうんですよね。もう結婚も意識しないといけない年齢になっちゃってるのに。これじゃダメか?と思っちゃって。

毎日膨大なタスクをこなし、夜遅くに帰宅。それから食事を作るって大変ですよね。

僕は、お弁当やお惣菜だってOKだと思うんですよ。お弁当やお惣菜って便利で美味しいですし。

それに食事って「誰かのために」作るから、手間暇かけることができる側面ってあると思うんですよ。自分だけのためじゃないってところに、愛情を込められるというか。

だから溜息が出るのは、「頑張り屋さんで、とても女性らしいあなた」だからかも?

頑張ってないなぁ~食事も作らないなんて、これじゃダメだよね~と、ようやくリラックスできる空間で自分を責めちゃうからかもしれませんね。

そんな毎日から抜け出すために。

例えば、お味噌汁やスープは自分で作ってみてはどうでしょう?

お弁当やお惣菜にしてしまう=何もしていない私、という心のインパクトを変えてみるんです。

ちょっと一手間かける=「自分で動く」と、あなたの「何もしていない罪悪感」を払拭できるもの。(ちなみにこの、何もしていない罪悪感は罪悪感の中で最も手強いものなんて言われているんですよね・・・。)

料理とまではいかなくても、ちゃんと自分で作ること。

些細なことかもしれないけど、この小さな達成感を積み重ねると、「いざ」という時の「自信」に繋がりますよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...