日常に使える心理学

シンプルに、純粋に自分を認める

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


カウンセリングの中で

「ご自分を承認しましょう、褒めたり、認めましょうね。そんな時間をとってみてください」

というお話をすることがあります。

自己承認は本当にシンプルな手法ですが、自分を向き合って自分を愛する選択を学んだり、自分を癒やす・変化させるプロセスには欠かせない、そしてある意味万有な手法なんですね。

しかし、そのお話をさせていただいた後で

「何だかやろうと思っても、うまく認めることができませんでした」
「やろうと思うんだけど、本当に私ってそんなに凄いの?と感じて中途半端になってしまいました」
「どう認めればいいのか?よく分かんなかったんですよ」

なんてお話をお聞きすることがあります。

では、どうして自己承認がうまく自分の中に入っていかないのでしょうか?

その理由の一つは「遠慮」です。

普段から遠慮がちな方が、自己承認をしようすると、え?そんなこと・・・と、心が遠慮してしまうパターンを持っていることがありますからね。

心のくせ、心理パターンになっていると、自分で自分を認めることにすら半ばオートマチックに抵抗や本当にいいの?といった疑いにような気持ちが入ることが多いもの。

そのような方にとって、自分で自分を認めようとすることは、普段の心のパターンからすれば対極。なので、相反する感情がぶつかって、心理的な葛藤が生まれることがあるんですね。

するとちょっと心は疲れたり辛くなったりするんです。その感覚が承認をやめさせる理由に鳴ることも十分ありえますね。

また、別の理由を探すと「褒めない理由を探してしまうこと」が考えられます。

例えば私は優しいね、と褒めようとする。と、その時に

「でも、昔から優しかったわけじゃないし・・・」
「いつも優しい私でいられるわけじゃないし・・・」
「優しいって言われても、またそうおだてられて頑張るだけなら辛いだけだし・・・」

なんて、自分を認めない別の理由が心の中に、頭のなかにワンサカ湧いてくるので、それ以上進めなくなってしまう。

これはまさにエゴの声と呼ばれるものであったり、罪悪感や無価値感の反応だと言えるんですよ。

例えば罪悪感は、罪悪感自体あなたの心の中で生き延びることがその目的なのです。だから、罪悪感が弱まる、消えるような自己承認は、そう簡単に受け入れるわけにはいかない。

だから、あなたが受け取らないように、徹底的に受け取らない理由をあなたにささやき続けるんです。

その結果が、

「でも、昔から優しかったわけじゃないし・・・」
「いつも優しい私でいられるわけじゃないし・・・」
「優しいって言われても、またそうおだてられて頑張るだけなら辛いだけだし・・・」

この感覚をあなたが感じること、受け取れないなぁ~と感じている時、もう既にその罠にハマっているということに気づいていただきたいんです。

つまり、うまく自分を認められないということにも意味と理由があり、あなたの心の今の有り様を表しているとも言えるんです。

さて、この手の自己承認の手法をうまく行う秘訣。

それは正確無比で完璧な表現や感覚を求めないことだと僕は思うんですよ。

よく考えてみてください。

私たちは、自分でで自分を責める時、かなり「アバウトで曖昧な理由」で物凄く自分を責めていると思いません?

それなのにもかかわらず、自分を褒めようとするときには「厳格な基準を必要とする」って何だかおかしいですよね?

でも、この感覚、私たちの中にかなり自然なカタチで感じ持っているものだと思うんです。特にに自立されていたり、今まで頑張ってこられた方ほど、この感覚のナチュラルさは強くなるように僕は思います。

私たちはいつも正確で完璧な存在ではないもの。

だから自分の中で、本当にそうかな?なんか違和感があるな、中途半端だな・・・と感じていても、それでいいから自分を認める選択をすることが大切で、そこに意味があると僕は思っています。

自分は優しい・・・かな?
自分は暖かいハートを持っている・・・と思う?

そう感じたならば、それでいいんです。そこであまりに心が痛い、辛い、苦しいならストップですし、うまくできないならば、カウンセリング使って欲しいんですけど。

そこで前に進めるのであれば、あとは自分に対して「言い切っていく」だけ。

そう、言い切るんです。

「自分は最高で、本当にに素晴らしいんだ」と。

勇気を持って認めていく。それが自分が変化する第一歩なんですよね。

皆さんの参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...