日常に使える心理学

言葉も使い方で変わります  

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


突然ですが、我が家にはカレンダーは5つほどあるのです。

ありとあらゆる場所にカレンダーが置いてあるのですが、その中にご近所のクリニックでいただいた「標語」がついたカレンダーがあるんですね。

そのカレンダーにはこう書いてあるのです。;

「人生に無駄なんてない。

しかし、人生を無駄にしてしまうことはある。」

なるほど~と思うんです。そうだなぁ・・・と。

でもね、こう言い換えてもいいんじゃないか?と思うんですよね、僕は。

「人生を無駄にしてしまうことはある。

しかし、人生に無駄なんてない。」
;

これ、言葉を入れ替えるだけで、随分と言葉の印象が変わると思いません? ポジティヴな感覚になるなと僕は思うんですよ。

同じ言葉でも、その並べ方や、どんな言葉を語尾に持ってくるかで、言葉の保つ意味や雰囲気は変わりますよね。;

普段、私たちが使う言葉も同じだと思うんですね。

あなたは自分に、パートナーに、お子さんに・・・どんな言葉を使っているでしょうか?

今も何気なく使っている言葉は、どんな力をパワーを持っているでしょうか?

あなたが自分に対して使っている言葉を聴いて、どんな気分になるでしょうか?

もしその言葉がネガティヴすぎたり、自分を追い詰めすぎる言葉ならば、少し変えてみてもいいかもしれませんね。

同じ言葉でも言い方で、表現で受ける感覚が違うなら、やって見る価値ありそうですよね。

そして、僕自身も心がけていることの一つです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...