日常に使える心理学

父(父性)との関係を見直す

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。「父(父性)との関係を見直す」

よろしければお付き合いください。


■私達の学ぶ心理学では

私たちの父との関係性は、私達の日常に様々なかたちで影響すると言われています。

例えば、「社会」というものに対するイメージ。

父性というものは「見守る愛情」という感覚を司るもの。(母親は「関わる愛」ですね。)

何事にも意欲を持てたり、ピンチになったら守られる、辛いことがあってもきっと報われる、自分は大丈夫だ、なんて思えるようになるのは、どこかで「父性が司るパワー」に守られた感覚があるから、と考えることができます。

逆に、幼少期から父との距離感が遠い関係性を作っていたり、父との間に葛藤があり信頼関係が希薄であると、この感覚が十分に感じられないことがあります。

すると例えば、家の中で母親には守られている感覚があっても、外に出ると、どこか心細い感覚を感じたまま、学校に勉強にと頑張るお子さんがいても不思議じゃありません。

そこでどこかビビりのような感覚を感じたままでいると、安心感が感じられず、どんどん消極的担っていく可能性だってありえます。

必要以上に怖れを感じて、あなたの意欲や心のエネルギーをどんどん削られちゃうんですね。

つまり、父との関係性を見つめていくと、小さい頃から頑張ってきたけど、ずっと心細かった・・・なんて気持ちが隠れていることがあるんです。

そして意識しなくとも、今もなおその感覚を抱えたまま頑張っている可能性も考えられるんですね。

例えば、進学する、就職する、仕事で大きな責任を任せられる、といった不安を刺激される場面に出会うと、また心細い感覚、自信のないような不安な感覚にさいなまれることがあるんですね。

またどこか、ビビっちゃうわけです。

しかし例えば、「周囲のみんなは自立しているし、怖れずに前に進んでいる」など自分をなかなか肯定できない環境にあれば、その怖れをバネに、前にググっと進む分、非常に疲れやすくストレスを抱えやすかったり、逆に怖れに飲まれちゃって新しい環境に馴染めず、そんな自分をちっぽけだと責めてしまう、なんてことも起きる可能性がありますね。

もちろんこれはあくまで一つの考え方で、対社会的な怖れの理由がこれで全て説明がつくわけではないかもしれません。

ただ、私はこの感覚に随分と悩みましたし、その理由は自分の根性の無さだけだと思っていたんです。だからたくさん自分を責めました。

しかし心理学を学び、癒しを実践していくと、なるほどどうしてこんなに社会が怖いのか?その理由が見えてきたものです。

また、父との関係は男性との関係性をも司りますから、女性の場合、パートナーシップに影響すると考えられています。

男性が怖い
男性が何を考えているのかわからない
男性につい強く依存したくなる

これもまた父親との関係性や心理的距離感に関係したものであると考えられています。

だから例えば、実は安心できる男性しか触れられない、結婚できないと思うこともあるでしょう。そりゃ優しい男性の方がいいですもんね。

ただ、その一方で、あなたが本当はどんな男性に惹かれるのか?がよくわからないままであると、どこかそんな優しい男性に不満を感じたり、結婚していれば徐々に未来に不安や徒労感を感じたりすることもありえます。

もちろんあなたの選択は間違っていないのです。

ただ、あなたの心が男性との間で「今(今まで)何を求めてきていて、不足感を感じているのか?」が、父親との関係性で生まれる男性への怖れ・疑い・抵抗感に隠れて、感じられなかった・・・ということは大いに考えられます。

だから恋愛中・結婚後になって、「なんだかこのままでいいのだろうか?」と夫や彼に対して、疑いを持ったり。

どうしても夫や彼に、自分の想いを上手く表現しようとおもっても、心のなかで抵抗感を感じてできなかったり。

偶然、あなたが魅了される男性に出会うと、その人に心を奪われたり。(もちろんそれが純粋な好意である場合もあるんですけども。)

彼・夫がいるのに・・・と思いつつ、なんだか妙な違和感があって、つい他の男性が気になってしまう、なんてことが起きる場合があります。(でも、その他の男性が彼になると、今度はまた別の男性が好きになってしまうというパターンですね。)

そういった場合、父親との関係性を心理的に見つめなおすいうことで「男性に関して感じている恐れなどの感情」「あなたが本当は父親から欲しかった感覚」が見えてきます。

実は今まで、その部分を自覚せずわからないまま、今もずっと父に、夫に、彼に違和感を感じていた、なんだか不安や不満を感じる・・・そんなケースもあるんです。

と、父親との関係性はいろんな心理に影響しています。

どこか対社会や女性のパートナーシップに対する価値観を見つめる上で参考にしていただければと思います。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...