日常に使える心理学

恋って怖いですか?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


恋をするのが怖い。恋をしたいけどどうしても一歩前に進めない。

そんなお話をお伺いすることがあります。

僕自身はもう既婚なので、自分のこととして「恋をする怖さ」をアリアリとリアルにイメージできなくなって久しいですが、 しかし、恋愛することの「怖さ」って僕なりに知ってはいるんです。

たまーに今でもいじられますものね、妻に。;

「あの時こうだったよね。あんなことを言って私の気を引こうとしたじゃん?」 なんて。

・・・正直そういう話をされると、思い出すだけで恥ずかしくなって絶句してしまうのですけども(笑)

しかし、恋をしている時の恥ずかしさ。我慢すると苦しいし逃げたくないっちゃいますし。放っておくと怖くて大変なものになっちゃいますね。

とはいえ、恋愛モードのスイッチが入っちゃってる時っていうのは、ある意味「ロマンス」や「必死」さがものすごく出るので乗り越えられたりもしますけどね。(ここ、テストに出ますよ(笑))

まぁ僕の場合、周りが見えていないといえばそうですが、しかしある意味ロマンスの効果で、自分でも信じられないぐらいの行動力を発揮したものです。

恋愛のカウンセリングの中で稀に出てくるお話。

「恋がしたいけれど、怖いから自分からはいけない。無理です。」

まぁまぁ、どんな人も本気で恋をすれば 、どうしたって「怖れ」を感じるものです。

むしろ、この「怖れ」を感じないロマンスなんてありえるんだろうか?と僕は考えちゃいますね。

特に女性はその恋愛の成功云々「私は愛されるかどうか?」が、男性に比べて「自己価値にまでドーンと響きやすい」ようで、怖さもヒトシオなのかもしれませんけれど。

ただ、恋をした時のドキドキ・ワクワク感。これって心理的には「怖れ」ですから。

なので、「怖くない恋がしたい」というのは、「全くスリルのない、ただグルっと回るだけのジェットコースターに乗って楽しい?」ということと似ていると思うんですよね。

確かにリスクのないジェットコースターなら「安全」だと思うんですけどね。

だからどこかで、「とっても好きな人といっしょにいたいけど、怖いのは嫌」というのはある意味矛盾しているわけですね。だから動けなくなる。

そういう意味では、恋を怖がると、目の前の恋に「勇気を持ってチャレンジするか?」「それとも安全を取るか?」の選択になっちゃいますね。

あ、あまりここでネタを書きすぎると、8月9日のスペシャルワークショップで話す内容がバレてしまい、それでは高見カウンセラーに白い目で見られそうなので(笑)自粛します・・・。

(あぁ、彼女の名誉のために言っておきますけど、僕と彼女はとりたてて仲が悪いわけでもなく、彼女はとても優しい人ですよ、きっとそうだと思います(笑))

ということで、恋が怖いと思うなら、どこかあなたの怖れを少しでも小さくする心理的サポートはとても重要になると思いません?

まぁまぁ僕のカウンセリングでは、恋愛にかぎらず、離婚でも復縁でもどういったパートナーシップのご相談を受けても、そういった自分の内面の「怖れを小さくし、勇気を持ち、自信を高める」流れはとても大切にしているのです。

なので「心を癒し、自分の価値を見つめ、自分を褒め、あなたのウリをちゃんと自覚する」ご提案はたくさんします。

とはいえ、怖いのは嫌。なかなか怖さが消えないという方もいるかもしれません。

そういった場合はどうしてもアカウンタビリティ(自己責任の概念)が必要になると思うんです。

怖れという感情は、あなたの内面に存在し、外にあるわけじゃない。そう自分の感情に責任を持つ態度がとても大切になります。

そうでないと、出ないお化けのような怖れの目の前にして立ち尽くし、いつか怖れが消えてくれればいいと願っても、なかなか怖れは消えてくれません。その怖れを消せるのはあなただけだから。

「怖れは波のようなもの」とたとえられることがあるんですが、突き抜ければ消えるもの。

そして、怖れは何かの影。怖れを作る本質は小さくても、影として大きく写っているだけかもしれません。

もちろん、あまり最初から無茶しても辛いので、サポートを受けながら、自分のペースで向き合っていけばいいんですけどね。

結局は「恋の怖れ」も捉えよう、って部分はあります。

誰かを好きだからこそ怖い、大切だからこそ怖いわけで、その好きや大切に想う気持ちを諦めたり、抑えたりするのはもったいないな、と思うんですね。

そうではなく、今、もう一度、自分自身の捉え方、感じ方を変えることができれば、意外と乗り越えられることもあると思うんですよね。怖れに関しては慣れの要素もかなり大きいですからね。

またどこか「怖すぎると感じる恋愛」と向き合う前に、まず自分の中にある怖れを感じやすい要素はできるだけ小さく癒し、コツコツ自分に自信を持てるアプローチを続けていきたいものですね。

その辺りはカウンセリングでのサポートがいいのかな?と思いますし。

また、8月9日の高見カウンセラーとのスペシャルワークショップでお話できることもたくさんあると思いますので、よければご参加くださいね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...