日常に使える心理学

幸せを手に入れるために知っておいてほしいこと

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


先日、僕が東京出張をしていた時のこと。

品川で新幹線を降り、いつも通り山手線に乗り換えようとホームに入って行くと、そこに電車がありました。

ラッキー!と喜んで電車に乗り込むと・・・何だか様子がおかしい。

どうもその日の、その時間の山手線は事故の影響で止まっていたんですね。都合40分ぐらい(笑)

・・・最初はついてないな~困ったな~と僕も感じましたよ。

なんせ僕は東京の交通事情に疎いですからねぇ・・・。駅ホーム内では「○○方面は私鉄で代替輸送しております」とアナウンスされても、よく分かりませんから~(笑)お恥ずかしい話ですけどね。

そんな時、もし心理学を学ぶ前の僕ならこう思うでしょうね。

「わざわざ出張にきて、ピンポイントで電車が停止・・・。なんだかな・・・。。そういえば俺っていつもツイていないし、出張に来てコレかよ~。神様からの扱いも雑なんだよなー俺って。はー切ない・・・。もう頭にくるしイライラするなぁ~。」

なんて脳内でブツブツ呟いていることでしょう(笑)ま、そういう人間だったんですよ。

でも、今回は

「あーなんてことだと思ったけど、こりゃ凄い厄落としなんじゃないの?こんなにピンポイントで止まるってなかなか無いし。こんなに珍しいぐらい普通のことが上手くいかない経験はそんなにないぞ~。これで今回の出張どころか当分自分にアンラッキーは起きないな~」

実際には、ぎゅうぎゅうの電車内で、目の前に高齢の男性がいらっしゃって、「なかなか動かんねぇ~」と話しかけられたもので。

カウンセラーの性でしょうか?つい「そうですねぇ~動きませんねぇ・・・どこまで行かれるんですか?」と話し込み、その結果、「でもまだホーム内で止まっているからマシだ、駅じゃなきゃ大変だ」などなど、その隣にいた中年の女性を巻き込んで3人で話し込んでしまったわけです(笑)

正直、起きていること(事故で電車が運休したこと)の事実としての意味は何ら変わりませんね。

しかしその結果をどう捉え、どう意味付けするか?は、自分のマインドの状態次第なんだろうと思うんです。

かつての僕は自分に対してとてもネガティヴな評価を下していて、何か起きれば、きっと自分が悪いからこうなる(罪悪感)という発想ばかり持っていたんです。

しかし、今はむしろ、「おー電車が止まってる、40分も(笑)この暑くて出張の忙しい時に。こりゃいいネタだな~今度ブログか講座で話してみよう」ぐらい考えてます(笑)

そんな「ものの見方」を変えるぐらいで人生が変わったら苦労しない。

かつての僕はそう感じていました。

だから、「そんな発想、慰めにもならないよ。アンラッキーはアンラッキーで、結局そういうことなんだろう?」と思っていたわけです。

もちろんそう考えることもできます。

ただ、そう考えないことも自由ですよね。

この感覚を自分の腑に落とすため必要なことは

「自分のことをどれだけ愛し、どれだけ自分に幸せを与える発想を持つか?」

だけです。

もちろん自分が苦しい時、どうしたってポジティヴな発想は生まれにくいです。だからこそ心を楽にし、癒やすことは大切なんです。そして、心を楽にしていけば、少しづつ自分の発想を手放す余裕が生まれます。

そこで、あなたが何を選ぶか?

もし今までと同じ自分を選べば、あなたの心は自分に幸せを許さないでしょうし、結果、幸せと距離を置く発想にまみれてしまう可能性があります。

ここに自己責任の概念「アカウンタビリティ」があるのですね。これは自分で変えられる発想であり、自分で変えることができるものだと言えます。

要はあなたの「ものの見方」、「何をどう感じるか」なんです。

そしてこれらを作るものが私達の心、心理なんですよね。

「自分にこういうことが起きるなら、それはどんな意味があるのだろう?」

もちろん物事によっては、自分に非がある部分もあるのかもしれませんが、だったらそれは真摯に受け止め修正すればいいだけですね。

ツキがない、と思うなら、そのツキのなさをいつまでも持っていたって意味が無いですから、手放すだけです。

そして、そのいい意味での「ものの見方」を作るために、心理学はとても有効です。

例えば恋愛で、「男女の心理の違い」が分からなければ材料不足で、相手に対する見方を変えられないかもしれません。

例えばビジネスで、「今起きているトラブルを人はどう解釈するか?を知るだけでも、モチベーションが変わる」でしょうし。

ただ、「ものの見方」一つ作るにも、やっぱり自分にはない発想、考え方、知識という材料が必要になりますから。

これをどこから仕入れてくるか?がポイントなんです。

結局は自分以外の発想をどこからどう、どんな意味合いで取り入れるか?が、あなたのものの見方を変えるのだと僕は思っています。

そしてそれを持つだけで、日常の不安・ストレスから開放されたり、今ある問題の意味が見えてくることって往々にしてあると思うんですね。

ちなみに今回の電車のネタ、間違いなくコレは我が師匠のいい影響ですね。そういう物事の見方を師匠から僕は仕入れたということですね(笑)それがいいかどうかは別にして・・・。

;
今日は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

※↓この講座は「男女の心理の違いを知って、物事の見方を変えるキッカケになる」と言えます。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...