日常に使える心理学

拒絶の辛さ、どう乗り越えます?~仕事編~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。よろしければお付き合いください。


恋愛・パートナーシップの危機・ビジネスのご相談の中で出てくる

「拒絶への恐れ」

今日は少し僕の前職時代の経験を書いてみたいと思います。

僕自身「営業」という職種に10年以上ついていたのですが、この職種の中にいた時期には

「営業に向いている人」と「そうでない人」がいるよなーと常々思っていたものです。

まー何があってもさっぱり忘れたり、拒絶されても、グイグイ前に進める人もいれば。

とにかく断りでダメージを食らってしまい、営業なのにあまり積極的になれない人もいましたね。

僕のいた世界は超キツい営業ではなかったと思いますが、色々感じることがあったものです。毎月のようにやってくる「作らねばならない数字(ノルマ)」を前に、ひたすらに頑張っていた時期もあれば、ウンザリしていた時期もありましたね(笑)

もとい・・・。

僕自身、特に仕事に慣れない頃は、拒絶が怖くて仕事する気にならないことがたくさんありましたねぇ。ま、営業に断りはついてまわるもんなんですけどね(笑)

そういえば、よく営業研修の中で、「断りに強くなれ~」と言われ、まぁ断らても前に進めるタフさを身につけるべく、ひたすらに仕事した時期もありました。;

が、何度やっても慣れないなーと自分の中にあるストレスにかなり手を焼いていた時期があります。

今思うと、まー自分のことも、どうして拒絶に弱いのか?も、よく理解しないままで、責任感と怖れ(仕事がなくなっては困るという恐れ)だけで、仕事をしておりましたから、我ながら「よくやっていた」と思いますけども。

そんな時、よく思っていたことが「この仕事、向いてないかもな-」

うん、僕は確かに向いていなかったと思いますよ(笑)今はハッキリそう思います。

それは断りが伴いやすい営業という仕事について、ではなく、そもそも自分の興味が薄かった仕事に、ということですけどね。

さて、その当時、僕が経験した限りの営業研修・会議で伝えられていたことは

「断りに強くなる」=「仕事の使命感・やりがいを感じる」「断られ慣れろ」「自分の意思の問題」だった気がします。
;
そして多くの研修では、もっと自信を持って営業に向きあうために、営業スキルや商品知識をボコボコ入れていた気がします。

確かにその考え方もアリです。間違っていると僕も思わないんですよ。

物事を知る、テクニックを身につけることで、確かに営業に対しての不安を解消し、結果、自信をつけることはできるな、と思いますし。

ただ、僕自身の経験を書けば、そういった「慣れ」や「知識・テクニックの問題」という考え方ではどうにも乗り越えられない辛さもあるようなんですよ。

本当は意欲はある。けど、どうも結果が出ない。なので結局ダメ・・・。

そんな人ってどれだけ頑張ろうと思っても、拒絶や怖れを前にすると、心が折れてしまう可能性ってあるなと思うんですよね。

そして今、カウンセラーという仕事をさせていただきながら、心の面でのサポートを考えるようになればなるほど、営業職時代の自分の心理を見つめてみると、こういう考え方もあったよなーと思うことはたくさんあります。

もちろん、これはその人の心のありようによって違うとは思うのですが。

とにかく自分で気づいていない「心のありよう」が、必要以上に仕事へのストレス、拒絶への怖れを作っている場合があると思います。

例えば、そもそも自分に対する評価が低かったり、人と関わることへの罪悪感を強く感じているなど、自分自身に対する疑いがたくさんあればあるほど、断りに対する辛さは増していきますし。

今までの体験で、男性性(原体験としては父との関係性)が傷ついていたり、男性性にまつわる観念がネガティヴだと、どうにも物事を成し遂げるエネルギーは湧かなくなってしまいがち。

そもそも断りを怖がる人って、どこか一人で頑張ったり、真面目さを人一倍持っていることがあって、その怖れを受け止めたり分かち合う場所や繋がりがないので、余計に怖れが強くなってしまっている人もお見かけしますしね。

そもそも、生まれてから今までの、あなたにとって親密感や繋がりを感じることが少ないから、今、拒絶が異常に怖い・苦しい。あまり考えにくい事だけれど、心理的にはものすごく影響があるんですよね。

実はこういった断りや拒絶になれない方の心理を見つめていくと、そもそも「どうして拒絶に弱いのか?」って深く理解していないから起こることってたくさんあるんですよ。

そして傷ついたり苦しい時にどうするか?という発想を全く持たず我慢していく。

だから更に追い込まれるのかもしれません。

僕は、その生き方、ある意味ハードコアだなと思いますよ。

あなたが思う強い人、頑張っている人よりも、ハードコアだな・・・と。

(※だから自分はダメじゃないんだ、頑張ってきたんだ、自分を労おうと思っていただくのはいいんです。

が、だから周囲や会社・上司が悪い、理解しない周囲が悪い、と考える材料にはなさらないでくださいね。

その気持ちは分かる気がしますが、逆にあなたのハートが痛み、辛くなっていきますから、それは僕が意図していることではありませんので念のため申し添えておきますね。)

僕は、拒絶や断りに弱いのは、あなたの過去の影響や、今の心の癖の影響だと思っています。

あとは、あなたがそもそも選ぶ今の生き方の影響と。

あなたが自分のこととして、今を何とかしようと本気で思えば、ゆっくり変えていけると思いますよ。

先に書きました心理などの影響やあなたの考え方のクセ、一度ゆっくり見つめなおしてもいいかもしれませんね。

以上、何か参考にしていただければ幸いです。

 

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...