ほぼ30代からの心理学

木を見て森を見ず~今がいつまで続くのだろう?~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


「木を見て森を見ず」とは、物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと。

例えばこんなお話。

最近、一人でいる不安を感じるようになってきました・・・

その方(女性)のお話がこんな感じだったとします。

今の会社でちょうど十数年ほど勤め続けています。最近、それなりに責任のあるポジションで仕事にやりがいも感じています。

特にキャリア志向ではないんですけどね。気がつけば独身で30代半ばを過ぎちゃいました。

プライベートも派手で交友関係が広いわけじゃないけど、彼がいる時もあれば一人の時もあって、それなりに恋愛を楽しんできたんです。

実家の両親もまだまだ元気で私の人生を応援してくれていたりもするんですよね。

そんな毎日の中で最近ふっと、「私これからどうなっちゃうんだろう」と思うようになってきて。

今の仕事、続けていれば確かに生活は問題はないんですよね。今は幸せなはずなんです。

でも、この仕事もどこまで続けられるのかも見えないし、今の生活がどこまで続けられるんだろう?と思うと不安なんですよね。

今の職場ではそんなキャリアアップも望めないし、そんなつもりもないから、ずっとこのままなのかな?と思うと・・・恋愛?結婚?

でも、今は彼氏なしだし、婚活って感じでもないし・・・これからどうしたらいいんだろう?って思えば思うほど不安が募ってきたんですよね。」

このお話についてだけで2時間以上お話ができる自信があるのですが(笑)それはそれとして・・・。

今ある毎日がどこまで続くんだろう、という不安。これはかなり厄介ですよね。

何故なら、ちょっと意地悪な言葉ですけど「今ある毎日が続くなんて確証はどこにもない」ですからねぇ。

だから疑えば疑うほどに不安は募って、毎日幸せだったはずなのに、それが感じられなくなっていく。

そんなこともあるのかもしれません。

じゃ、努力して頑張りなさいよ、という意見もあるかもしれませんね。

夢を持って、未来を明るいものにする努力をしましょうよ、という話もそりゃ納得できるものですね。

ただ、問題はモチベーションという部分。

何事もよいこらしょと頑張っていればいいのか?というと、その気持ちが続かないことってあると思うんですね。

今からどれだけ未来を切り開こうとしても、20代の時のように勢い良く前に進むってモードではない方が増えるのが、「ほぼ30代」以降の方かも

それなりに経験も社会性も培ってきた分、強烈な自分に対する不足感や不自由がない度合いだけ安心しちゃうから、その安心を第一に考えてしまいがちなんですよね。

そんな時僕はこう思うことがありますね。

今、あなたが感じている未来への不安

僕はこれが木を見て森を見ず、の「」の部分だと思っています。心の中にある、ね。

そして、その木の枝をずっと眺めて、何がこの前にあるんだろう?と考えちゃうのかもしれません。

普段から漠然とその木だけを見つめていても何だかすっきりしないのかもしれません。

(もちろんこの木(不安)があなたの心のブロックであるならば、感情を開放したり、癒す手法がかなり有効です。)

そんな皆さんにちょっとご提案。

あなたが社会で一生懸命生きてこられている、そのプロセスちゃんと認めてみませんか?

ご自分の培ってこられた社会性、人間性、男性ならば男性性、女性ならば女性性の部分、ちゃんと感じられていますか?

ほぼ30代以降のみなさんは、社会経験も実力も人間性もそれなりに培っていらっしゃった方が多いはず。

だから、あなたが思う以上に、自分の内面にあるものをもっと信頼してもいいと思うんです。

実は今までの発想ではよく分からなかった魅力も、持ち合わせているかもしれませんし。

そして「木」(不安)を見て「森」を見ず、の「森」はきっとあなたの大きさ、魅力、才能です。

あなたに確かに沢山の不安があるかもしれません。

しかし木ばかりを見て入れば、不安に足元をすくわれるかもしれませんよね。

また、木ばかりを見て不安を原動力に物事を決めると、モチベーションがざっくり削られて、諦めるか?まだマシだと思う選択肢ばかり選んでしまいがちです。

そこで「まーこの不安、とりあえず無かったことにしよう、今を頑張って生きよう」と思うことも、悪いことじゃないんですけどね。僕もやることでもありますけど(笑)

が、森を見て大きくトータルであなたはどんな人なのか?ちゃんと見つめると、自分への評価が変わるもの。

細かいことを気にするよりも、より自分を大きく、いい評価を与えることができるようになるものです。(自己承認の効果)

そのいい気分、感覚の中から「あなたが自分の希望」「これからの生き方」を見出していけるかもしれません。(投影の法則)

この見方は、今だけじゃなく、未来にあなたが悩んだ時にも使えるいい方法です。

よくカウンセリングで「あなたの価値」をお伝えすることがありますが、これを私達の学ぶ心理学では「自分に対する許し」だとか「自分の価値を受け取る」ということ。

だから一度カウンセリングをぜひ体験していただきたいのです。

何故そんな手法を使うのか?といえば、あなたという「素敵な森」を感じていただきたいから。

すると、これからあなたが見る景色が変わるかもしれませんよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...