恋愛・夫婦の心理学

もう一度信頼しあう、ということ

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。
 

今日はちょっと感覚的に流して書いてみます。わかりにくかったらすみません。

よろしければお付き合い下さい。


パートナーの面倒を見ようとする男性。
パートナーを深く愛そうとする女性。

これが多くの男女の心の中に眠っている、自己存在証明の材料なのでしょう。

ただ、これはある意味で

「もっと俺のことを信頼して欲しい」
「もっと私のことを必要として、愛して欲しい」

と変換されて認識されていることが少なくないように、カウンセリングの現場にいると思います。

そしてそのあなたの思いが満たされない時に、私達はパートナー以外に信頼や愛をくれる存在を探し始めるのかもしれませんね。

ある男性はこう言いました。
「パートナーである女性のことをどんなことをしても守ってあげたいと想う気持ちが俺にはある」

ある女性はこう言いました。
「ちゃんと私は大切な人のことを好きでいたい。ちゃんと愛していたいんです。」

その思いが真正面から衝突すれば、ただただ無力な感覚を感じてしまうことでしょう。

男性はその無力感を何とかするために、時に怒り、女性に「こうすればいい」と手段を渡すでしょう。
女性はその無力感から悲しみを抱え、どうしてあなたは私を信じ、愛させてくれないの?と思うかもしれません。

もしそうであれば確かにそれは愛情です。

ただ、その前にお互いにもっともっと「相手の気持ちを深く知ること」ができたなら。
きっとあなたは相手の想いに触れ、「一人じゃない」と知ることができるでしょう。

そんな時。

あなたがまず自分を「愛される存在だ」と少しでも許していなければ、あなたは相手の愛情を信じられないまま、感じられないままでしょう。

だから、あなたの愛し方で、あなたが思う「良いこと」をして、今の現実を動かそうとするかもしれません。

そして、うまくあなたの思いが相手に伝わらない時に、お互いの意識的な不満や表面的なニーズ、愛が伝わらない痛みに流されてしまう。

その結果、すれ違う現実に辟易したり、あなた自身の自己評価を落とすこともあるでしょう。

でもそれは正しいのでしょうか?あなたは十分に人を想う気持ちがあったのではないでしょうか?

鍵は「あなたが今、愛されるにふさわしい人である」と自分自身を許すこと。
そして「私の隠しておきたい気持ちを受け入れようとしてくれるからパートナーなのだ」と信頼すること。

「相手は私に向き合ってくれない」のではないのです。
あなたも相手も、互いに向きあおうとしたその瞬間をお互いに見逃しているから、すれ違うはず。

それはあなたが思う方法ではないかもしれないけれど、男性は男性なりに、女性は女性の感覚で、そう感じているはずです。

そして、あなたもパートナーも、互いに愛し合う力を持っているから一緒になっているはず。
そうでないなら二人のバランスはもうとっくに取り返しの付かないほどに崩れているはずです。

あなたはパートナーに何を与えようとしていますか?
そして、パートナーはあなたに何を与えたいと思っているでしょうか?

どれだけ相手を大切に想う気持ちも、深く愛することもまた、ひとりよがりのままではうまく伝わらないものなのかもしれません。

あなたがパートナーとの関係性を修復し、更に高めていこうと思うなら、あなたが自分を許し、あなたの苦しみも、あなたの喜びも、パートナーと分かちあう勇気を持ってみてくださいね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...