恋愛・夫婦の心理学

「うん、私頑張ってる」と言える自分に出会うと、もっとあなたは地に足がついて恋愛も安定する。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。
 

うん、私頑張ってる!と言える自分に出会うと、もっとあなたは地に足がついて恋愛も安定する。

よろしければお付き合いください。


「うん、私、頑張ってる!」

これはあるクライアントさんがカウンセリングの中で伝えてくれた言葉。

今まで少し自分に自信がなくて不安で、彼の気持ちが掴まえられなくて自分を疑っていた彼女が、僕の前で伝えてくれた言葉なんです。(もちろん「それブログネタにいただいてもいい?」と許可をもらって書いてます。)

うん、私、頑張ってる。だから私はもっと彼と一緒にいたい。

もちろんそのヒトコトが出てくるまで、彼女は苦悩し葛藤されていたでしょう。自分の中で「私は彼の前でどうすればいい?」とひたすらに悩まれていたんですよね。

だから僕は、その感情を抜けた時に放たれた彼女の言葉に、彼女の明確な意思と振り回されない「地に足の着いた感覚」を感じたんですよね。そこに重さは全く感じられず、むしろ爽快で軽やかな感覚まで、僕は感じていたんですよね。

あぁ、私はもう大丈夫、私はもう自由で、自分でちゃんと決められる。
そんな「迷いと怖れ」を一つ乗り越えた感覚がそこにありました。

本当に好きな彼との恋愛の中で、彼の連絡がない、彼の反応がない、彼の反応が軽い・・・

そんなことが積み重なって、「私、ちゃんと愛されてるの?」「私じゃダメなのかな?」 と感じてしまうことがあるのかもしれませんね。

不安、自信の無さ、怖れ、迷い・・・いろいろ心のなかにギューッとなるような感じや、重めの感情を感じる。

それでも彼との関係を大切にしたくて、「私じゃ彼を愛しきれない?もしかすると彼は私のことが・・・」と不安を抱えながらも、気丈に振る舞いつづける。

彼が仕事が不安だといえば、彼の話を先に聞き。
彼が体調が悪いといえば、相手の事を気遣い。

本当に彼が好きだから、不安の中で、愛されてるの?と悩みながらも愛し続ける。
彼と一緒にいる時に感じる喜びが忘れられない。

だからこそ「彼がどう思っているのか?」知りたくなる。

どこか彼が好きだから、あなたが彼に合わせ、彼の気持ちを優先させすぎているのかもしれませんね。
これがいい悪い、ではなく、それが今のあなたの愛し方。相手の合わせていく愛し方なのかもしれません。

そんなご相談は確かに少なくありませんし、その不安をちゃんとケアすることは大切です。
そして僕も男性心理についての分析をしっかりお伝えします。

特に男性は、男性自身がネガティヴなときや、あなたがどこか怒ったり、感情的になっているときも、「女性の中に男性を思う大きな愛情があるのだ」ということに気づけないでいることがあります。

そもそもその好きという感情がなければ怒らないし、感情的にもならないし、悩まないですよね。

どうして男性はそうなるのか?を考えると、実は男性が潜在的に怖れる「女性のあるもの」があるからなのですが・・・。この「あるもの」続きは、4月に開催される、名古屋カウンセラーズ・フェスタと、大阪感謝祭の講演で、ヨモヤマ話的に少し話しましょうか?と思っています(笑)

だからこういったご相談を受けると、僕からこうお伝えすることもあります。

「それは確かに辛いですね。ある意味「激怒」ですよね。そりゃーもう、ね。
そしてあなたが不安になったり、悩んだり、怖くなっても不思議じゃないですよね。

ただ、彼はあなたのその気持ちを見ても、おそらく「ゴメン」とだけ言う事が多いですか?
ゴメンと言ってあなたの機嫌だけを取ろうとする事が多いのではないでしょうか?

だからあなたは、彼がいても一人だし、だからまた悩んじゃうし、置いてけぼりになっちゃうのかも?
こんなんじゃ一緒にいる意味ないって思っちゃいません?それはあまりに切ないですよね。

ただね、何がいい悪いという話ではなく。
僕が男性心理を考えると、あなたの気持ちに気づかない男性がいても不思議じゃないんですよね。
多くの男性はそういう感覚の中で生きているから。その理由はカクカクシカジカで・・・。
でも切ないですよね。それは分かって欲しいよね、ホントにね・・・

だから、あなた自身が自信を失う必要はないと僕は思うんですよね。
あなたは十分に愛情がある方なんですよ。」

「うん、私、頑張ってる!」

その言葉は、恋愛の中で抱えた気持ちを我慢せず丁寧に開放し、自分をもう一度見つめなおし、許していくプロセスから生まれていった言葉なんでしょう。

不安や迷いを一人で抱えていると、いろんな不安、必要以上にネガティヴなことを考えてしまう効果がありますから。ちょっとそれは苦しいですし、多くこの苦しみを我慢できずに爆発させて起こる「ケンカ」はとてもシリアスなものになりますからね。

自分の気持ちを丁寧に開放して、いろんな誤解を解いて、自分をもう一度お認めになる。
そして、地に足をつけていく。

そこから生まれる女性の愛情のエネルギーは、男性の僕からすると、とても大きく、ありがたく、そしてまばゆく輝いて見えるものだと思うのですね。とてもとても強いエネルギーなんです。

だからでしょうか?この不安と迷いのプロセスを抜けて、もう一度新しい恋愛を、と前向きになられた女性ほど、元カレにまた言い寄られました、なんてお話をしてくださることも少なくないんですよね。

まぁ、その時に、元カレがあなたの気持ちをつかむだけの「取り付く島があるかどうか?」は、また別の話だったりするのですけどもね・・・(笑)

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...