恋愛・夫婦の心理学

ついつい辛い恋愛に執着してしまうあなたへ

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日もコラムを更新します。今日はちょっとチクっとします・・。

よろしければお付き合いください。

ついついダメンズを愛してしまう私。
この彼といても幸せになれないような気がしてるけれど、彼を手放すことが怖すぎて別れられない・・・。
ついつい彼の言いなりになる、言うことを聞いてしまう・・・それが辛いけど・・・。

そんな恋愛にハマってしまう皆様へ。

えーきっと皆さんの才能は「マリア様的な慈愛」なのでしょうね。すんごい才能です、これって。
その才能は男性の傷を癒やし、男性を強い男にするエネルギーです。

でも、それが今、あなたにとっていい形で発揮されていないだと思います。

だから、あなたの幸せのためにこう考えてみてください。

もしかするとあなたは自分の不安があって、彼のダメな部分を受け入れようとしている可能性があるかもしれません

どこか彼をダメな人だと思いたくないのかもしれません。
どこか彼をひどい人だと思いたくないのかもしれません。

これを心理学では認知的不協和と言います。

矛盾した2つ(彼はいい人、彼はダメな人)という認知がある場合、その不協和を解消するために、比較的変えやすいほうの認知を変えて(彼はダメな人という認知を変える=それはいいことだと思いやすい)、協和している状態にしようとすること、ですね。

それがどうのこうの言いたいわけじゃありません。
それにいいも悪いもありませんからね。

そんな時はこう考えてみてください。

彼が私にとってダメで私を愛してくれない人だと真剣に捉えて、あなたは彼を愛せますか?

そしてあなたがそうできた時、それが彼に伝わった時、いい意味でもそうではない意味でも、二人の関係性は動き出しますよ。

つまり、あなたが「ダメな彼という認知を否定」している時は、彼はダメな彼の態度を変えないのです。
それで二人の心のバランスが取れているから、なんですね。

参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...