恋愛と男性心理

私の彼は怒りっぽい人

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日もコラムを更新します。

よろしければお付き合いください。
今日はシンプルに。

私の彼は怒りっぽい人なんでしょうか?すぐ機嫌が悪くなるというか・・・。
私が少し意見したり、分からないことを「なんで?」と聞くとイラッとしたり、不満そうな顔になるんです。

彼は普通に一緒に過ごしているだけなのに、いつの間にか怪訝そうな表情をしたり、黙りこんだり・・・。
とにかく気分が一定じゃないんですよね・・・。

といった男性の気分に関するお話。

カウンセリングの中でもよく登場しますし、実際僕も「彼ってどんな感じです?」とお聞きすることも少なくないわけです。

さて、これ、まぁ誤解を怖れず言えば、
男性のそういった怪訝な表情、気分の変化って、実は「安心感」のある場所でしか登場しない可能性大です。

例えば、付き合っている彼女との時間、気の許せる友人、仲間、プライベートな空間などで、普段は見せないような感情表現をする方って少なくないと思うんですね。
それぐらい男性は普段ネガティブな感情を抑圧しているので、どうしても緩むとふっと出てきてしまう。
付き合い始めはそんなことなかったけど、徐々にそうなっていく、なんてケースも少なからずあるようですね。

だから怖がらなくて大丈夫です、多くの場合。
彼、怒ってるように見えるけど、怒ってない場合って少なく無いですよ。

その怒りっぽい感覚、男性的なパワーであることも多いので、その力がないと社会では戦っていけないんですよ、男性も。

もちろん、彼のその態度が怖い・・・なんてこともあるかもしれないし
あなたも普段、仕事などでいろいろ我慢が募っている場合、ひたすらにイライラする場合もあるかもしれません。
そういった場合は、ちゃんと私の思いを伝えたほうがいいでしょうね。

ただ、一般的に許容されるような男性の怒りっぽい表情は、親密感のあるところでしか登場しにくいものです。(そもそも普段からあなたにお小言やネガティブな発言をしている男性の場合、あなたの前でそれが強化されるだけでしょう)

また、男性の皆さんに知っておいていただきたいのは、ついついイラッとする気分は分かりますが、これ、女性にはとても怖い印象をあたえるものですよ。
できるだけでいいので、できればその怒りを二人の関係の中に持ち込まない気遣いができるといいですよね。いらいらを我慢するんじゃなく、体を動かしたり、趣味を持つなどをして、うまく解消するようにもっていったり、ですね。

最後に、そうはいっても男性の感情表現の度が過ぎていて、暴言や暴力につながるような場合は話は別。
今すぐあなたの安全を確保したり、然るべきところにご相談下さいね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...