ほぼ30代からの心理学

幸せをつかむイメージの力について考える 3

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

 

さて、今日で今月の東京出張カウンセリングが終了です。いつもご利用いただき本当にありがとうございます。また来月、再来月と毎月伺いますのでよろしければご利用下さいませ。

そして今週金曜からは大阪に伺います。金曜は大阪出張カウンセリングです。まだ夜の枠のみご予約可能ですのでよろしければこの機会にご利用下さい。

しかし、台風はどこにいくのでしょうね・・・。また考えながらのスリリングな移動になりそうです(笑)

・・・そういえば今日、七夕だったんですね。今、気づきました(笑)
 

 

では今日のコラムです。

 

幸せをつかむイメージの力について考える 3

 

よろしければお付き合い下さい。
 


幸せをつかむイメージの力。

その中でも「あなたのあなたに対する解釈」はどうやっても強力に影響すると思うんですよね。

あなたがいくら心の中でいいイメージを思い描いても「そんなこと無理じゃん」と自分でネガティブなツッコミを入れると、なかなかイメージ通り上手いかないことが起きるかも・・・。

これもまた私達が自分を幸せにするイメージをうまく描けないパターンの一つですよね。

***

例えば、あなたが素敵なパートナーを手に入れたいと願ったとしましょう。

より具体的に、ありありとイメージするとします。こ~んな感じ、あ~んな感じ・・・と。

ただ、その後で「でもなぁ、こんな私を愛してくれる人っているのかなぁ・・・」とツッコミを入れると、おそらく素敵なパートナーのイメージ像は絵空事のように感じられたり、逆にそのイメージがあなたのハードルになってしまうこともあるようです。「あんな素敵な人、無理よね・・・そう、手が届かないし」と。

このハードルのような感覚を埋めるために努力するって・・・モチベーション下がりがちになりますし、それじゃせっかくのイメージが自己批判の材料になっちゃいますね。

そんな時はより良い自分のイメージ、感覚をキャッチしておくことが求められるようですね。

自己承認をちゃんとしておくことって大切ですし、今まで僕のワークショップでもご提供しました「自分を知る」「客観的に人にみてもらう」作業ってとても有効です。好意的に見てくれる人の意見ってすごくタメになりますからね。

また、こう考えてみてもいいんですよね。

「こんな私を愛してくれる人いないよ・・・」と感じるのは何故なんでしょう?

もちろんネガティヴなことを感じることが悪いわけじゃないので自分を批判しなくていいんです。

そうではなく、どうしてこの気持ち、感覚が私に必要なんだろう?

そう考えてみることってとっても大切です。

そこで何度考えても分からずにもうウンザリするぐらいの気持ちがあったとしても、それもまず自分の感情だと認識することも大切なんです。苦しむ必要はないんですけど、ウンザリも切なさも自分の気持だと認識すること。

そうしないとあなたは自分の感情にフタをするので、人の感情が見えなくなりがちになります。

多く物事がうまくいかない時は、自分の中の思い込みの中に私達の意識はあるものですが、その時に見落とすのは、「自分の可能性」と「他人の意思、気持ち」なんだと思うんですね。

自分の気持ちが見えないのに、外に意識はなかなか向かないものですからね。
すると、自分の不安や至らなさばかり意識することも増えるので、現実的にハッピーになるハードルがまた高くなってしまいますね。

ゆっくりとでもいいので、自己承認。いろんな自分を感じてOKを出すこと、毎日少しづつでもいいのでチャレンジしてみてください。もちろん、うまく自分にOKを出せないこともOKを出す方向で。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...