恋愛・夫婦の心理学

一人になるぐらいなら今のほうがまだ・・・。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。
 
台風が来ていますね。名古屋も風が少し強くなってきたかな、という感じ。しかし今年は台風の予報、よく目にしますね。何事もないことをただ祈るばかりです。
 
「一人になるぐらいなら今のほうがまだ・・・」
 
簡単なコラムですがよろしければお付き合い下さい。


今日はシンプルに書きます。

パートナーシップのご相談で

「私は今、まだ元カレに執着している気がしているんです。」
「今の彼といても辛いけど、なかなか別れられない」

そんなお話もお聞きします。

そういったお話をお聞きしているとどこかで

「一人になるぐらいなら今のほうがまだ・・・」

というお気持ちが隠れていることって少なくないような気がします。

男性と女性で、「一人である意味や感覚」は違うもの。

とかく女性の皆さんにとっての「いろいろあって一人になることを選ぶ」ことの意味は、男性とちょっと意味を異にする時があるようです。

時に男性にはなかなか理解しがたい「私が一人になることで感じる無価値感」も存在するものなのでしょう。

だから

「私には好きな人がいる。」

この感覚がどれだけあなたの気持ちやプライドを支えるか?
今がたとえ切ない現実になっていたとしても、あなたを支えるものになり得るでしょうしね。

これを執着と呼ぶのであれば、たしかにそうなのかもしれません。
が、それだけでは割り切れないものいっぱいある。
僕はそんな気がします。

ただ、あなたにとって「好きな人がいる」というココロの事実よりも
「私はちゃんと人を愛せるのだ」ということのほうが、よっぽどあなたを支える力になってくれることもあるようですよ。

もう一度、今の私にYESを言えるように。
私を価値ある大切なものとして扱う。

そんな方向を見つめていくと、「私の未来は大丈夫」って思いやすくなるものなのかもしれませんね。

何か参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...