ほぼ30代からの心理学

いろんな人に気を使いすぎてしまいます。

心理カウンセラー浅野です。いつもありがとうございます。

さて今日の名古屋は驚くほど爽快な秋晴れです。夏からあっという間に外の空気も変わってしまいましたね。

いろんな人に気を使いすぎてしまいます。;

とても短いコラムですが、よろしければお付き合いください。

;


「職場や友人関係で気を使いすぎてしまうので、プライベートでは一人でいたいんです。

でも寂しいんですよ、それはそれで・・・。

自分を変えたいなと思うんですけど、でもどうして気を使ってしまいすぎるのか?は自分でもよく分からなくて・・・。」

そんなお話を伺ったり、ご質問をお受けすることも少なくないんですよね。
まぁ気を使いすぎるってって、意識的にしろ、そうでないにしろ、 とてもココロに負担が来るものですしね。

ではどうしてそんなに人に気を使うのか?という部分を考えますと

僕は「人に気を使うことで相手の負担を減らす」という意味合いが強い気がしますね。
特に大切な人に対してそうする、といいますか。
それが行き過ぎて対人関係全般にまで影響しているといいますか。

人に気を使って、人に好かれたい、気に入られたいと思うのは、ほぼどんな人でも同じでしょう。

そうではなく、自分が相手に負担をかけちゃうとどうなる・・・と思っていらっしゃるか?
特に大切な人に対してだったり、あなたの身近な人に対して・・・。

それはどこか、

あなたが「あまり良い評価をしていない自分(もちろんこれもきっと誤解ですよ)」を「自らの意思で他人から分離させる」ことで、相手を守ろう、愛そうとしている・・・そんな愛し方もまた見えてきたりするものなんですよね。

そこから見えてくるのは、自己嫌悪や絆の切れている関係性だったりもするのです。

だから、もう一度自分を大切にする。
また、どこかで切れてしまっている大切な人との絆をもう一度感じていく。

実際のカウンセリングの現場にいると、このようなアプローチが実は有効だというケースは少なくないようですね。

何か参考になれば幸いです。

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...