恋愛・夫婦の心理学

無意識にでも母親と張り合うと・・・

 

心の世界では、あなたの母親の影響っていろいろな意味で大きい、と考えています。

それは自分の自信という意味でも、恋愛観・女性観という意味でも、ココロの安心感・安定感という意味でも。

恋愛やパートナーシップのジャンルでは、特に女性の皆さんにとっては大きな影響をおよぼすことも少なくないようですね。

例えば、

あなたのお母さんが偉大だった方や
お母さんのような女性にならなければ・・・といったプレッシャーを心の深いレベルで感じている方。;

お母さんがどこか十分に愛してくれなかったと感じていたり、
他の兄弟の方を愛していたと感じている方。

子供の頃から、お母さんのために一生懸命に支えになろうとしたけれど、
なかなかお母さんが笑顔になってくれなかった、と感じている方。

もちろん真実はどうであったかどうかは別として。

そういった思いが心の中に残っていると、ついつい「母親とココロの中で張り合ってしまう」ような感覚をお持ちになる方がいらっしゃいます。

例えば、大人になってからもなかなか素直に母親の助けを借りられなかったり。
どこか疎遠になったり、できれば遠くの場所に住んでいたいと願ったり。
いちいち母親にダメ出しされてしまうようで嫌な感じがするだとか。

そんな感覚があればあるほど、どうも母親に素直になれない、頼れないといったことが起きることもあります。

もちろんその感覚があっても人生がうまく言っていれば問題なんて無いんでしょう。

ただ、パートナーシップレベルでこの事を考えると

「母親に対して張り合う気持ちや母親と素直に向きあえない」分だけ、どうしても
「母親よりも良い女性にならねば」という思いが強くなってしまわれる方がいらっしゃるようです。

そしていつしかその感覚は、「母親よりも・・・」という冠が取れて

「もっといい女性にならなければ・・・」

といった自分に対する要求、ダメ出し、時には自分を追い立てるような観念に近いものになってしまわれている場合もあるようです。

こうなってしまうと、ちょっと恋愛、夫婦生活が辛くなりがちなんですね。

なぜかというと、あなたがあなたに課すく「理想の女性像」のハードル、求める要素が天井知らずにグングン高まってしまう可能性がありますから。

あなたの中に「もっとこうならなきゃ・・・」といった思いが強く生まれ、自分に対する要求がべらぼうに多くなったり、ストイックになっていく可能性があるんですよね。

(※もちろん男性の場合は父親との関係性で理想の男性像をグングン高めてしまう人もいます。)

すると、

どれだけあなたの目の前にいる男性があなたを愛し、許し、今のままでいいと思っていても、その思いにあなたがYESと感じられなくなってしまったり。

何故か、仕事でも恋愛でも結婚生活でも・・・他の女性との競争意識だけが何故か高まり、もっといい女になりたいという思いだけが必要以上に先走り、結果、今の自分を認められなくなり、どこか自信を感じられないなんてことが起きる可能性もあります。

「同性の親と張り合うと、あなたがあなたに課す「自分の性の理想像」のハードルが上がってしまう」

だからこそ、ご両親との葛藤を癒すことで、あなたの今の毎日が楽になったり穏やかになる可能性があって。
だからこそ、カウンセリングではご両親との葛藤を扱ったり、許しのお話をさせていただいたりするのですね。

確かに情けは人のためならず、ですね
でも、特に僕は、母親を許すことが道徳的に云々という視点で、お話していることではなかったりするのですよ。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...