恋愛・夫婦の心理学

あなたが本音を言えない理由は意外なところに

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今朝は東京。今から移動して名古屋へ。数日置いてそのうち福岡に伺うことになりますね。
いや~ 福岡、楽しみです。恋愛心理学講座も飛ばしていきますよ~。ぜひお越しくださいね!

「あなたが本音を言えない理由は意外なところに」

よろしければお付き合いください。


恋愛・夫婦関係・対人関係、いろんな場面で

「そうはいっても・・・なかなか言いたいことが言えないんですよね」というお話をお伺いすることがあります。

言いたいことが言えない、というのはコミュニケーション上のテーマになるだけでなく

パートナーや周囲の人に「あなたをより良く伝えない」という作用があったり
「あなたが黙っているから 、なんでも平気なんだろう、強い人なんだろう」と誤解されたり
「自分の気持ちを表現する」ことに、遠慮や罪悪感を感じてしまって苦しんだり

いろいろなことが起きるようですね。
そしてなにより、言いたいことがちゃんと言えないと切ないし、ちょっと心も苦しいですよね。

言いたいことが言えない自分にがっかりしたり、そんな自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

じゃ「言いたいことを言えるようになりましょうね」という話なのですが、そうはいっても

どうして言いたいことが言えないのか?という部分、ご自身でもよくわからないというご感想を持たれていらっしゃる方もたくさんいるようです。

まぁ怒りに任せてしか言いたいことが言えない方も同じ部分があるのですが。

どうも、言いたいことが言えない時、私たちは心の中で自分の気持ちを表現しようとすると、何かしらの感情が動いてうまく言えなくなるようですよ。

そして、そんな感情をあなたの過去に感じていたなんてこともあるようです。

例えば、

どうしても本音を我慢しなければいけないような過去があった。
自分がワガママを言うと、両親や家族が困ったり激しい批判が来た。
自分の何気ない言葉で人が傷ついたり、大変なことがあった。

そんな時、本音を言うことがとても悪いことや怖いことに感じた経験があるのかもしれません。

今、あなたの目の前にあなたの気持ちを受け止めてくれる人がいたとしても。

ただ、目の前に受け止めてくれる人がいるから表現しなきゃと思ってもなかなか言えないものなのかもしれません。

もし、本音が上手く言えない時は、そういった過去の影響を少し考えてみてもいいのかもしれませんね。

例えば、子供時代の、転校、引っ越しなどの環境の変化や、離別、両親の不仲、経済的理由など家庭内の影響などいろいろ考えられるんですが

「どうして私は本音が言えなくなっちゃった?それは何のために?誰のために?どんな我慢をしたのだろう?」

僕の経験では、いつも思い出すような過去の記憶にそれがあるとは限らないなと思っています。
意外と自分でも思ってもみない過去の経験で言いたいことが言えなくなってしまった、なんてケースも実際にあるんですね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...