恋愛・夫婦の心理学

あなたの人生をガラリと変えるお話の続き。~東京感謝祭講演スピンオフ~

心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもご覧いただきありがとうございます。


先日感謝祭で行いました僕の講演は

多くの問題は周りの状況が見えていないことで起きる。

だから、ある3つの要素を手に入れれば、そこに気づけば

人生はガラリと変わっちゃいますよ、というお話でした。

「投影」

「間違い」

「許し・愛」

この3つです。

この3つにちゃんと気づけば、人生は変わります。

それはある意味言い切れます。

でも、理解しているけれどうまくいかないという声もお聞きします。

では、どうしてそういったことが起きるのでしょうか・・・。

おそらく、この3つは、言葉をなぞっただけだと

あまりピンと来ないことが多いからかもしれません。

投影の法則を学ぶことはめちゃめちゃ大事です。

が、だからこそ

その法則を使って

自分が間違わないように正しさを求め

誰かや自分を一生懸命許そうとしても

変化が起きにくいこともあるかもしれません。

それがダメなことなのではなく

そう考えてしまう時点で

自分の中にある「間違い」という感覚を刺激され

一生懸命に頑張ってしまいすぎるのです。

つまり、この考え方は

ある程度の「慣れ」が必要だ、ということでもあります。

どこか取説・使い方が必要なんですね。

例えば、夫婦の問題、恋愛の問題。

どうして喧嘩してしまうの?

どうして相手と距離をおいてしまうの?

どうして相手に嫌悪感を感じてしまうの?

どうして好きな異性に近づけないの?

もちろん、それには人それぞれ理由があるのでしょうね。

しかし結婚や恋愛を始めたということならば

相手を愛そうとしたはずです。
愛そうとしなければ一緒にはいないはず。

僕はそう思います。

そして私達の学ぶ心理学では

「私たちは誰かのお役に立ちたい、愛になりたい」

と感じているという感覚があります。

しかし、

いろんな挫折をしたり、非難を受けたり、失敗をしたり

愛する人に去られたり、愛する人を失ったり

傍にいる人の笑顔をなかなか作れない

そんな状況に置かれると

私たちは

「自分は間違っているのではないか?」と

自分を疑います。

例えば

彼が私にあってくれようとしない。

夫が最近何も話してくれない。

子供が最近私の言うことを聞かない。

妻がいつも不機嫌でいる。

・・・何か自分が間違っているのだろうか?

そう心が自然に感じるのです。

だから、

「どうすればいいのだろう?」

そう方法を考えるのです。

この状況を変えたいと思うから。

そして自分が傷つきたくないから。

が、それがうまく行かなくて

イラッとしたり

悲しくなったり

寂しくなったり

不安になったり・・・・

その結果、自分の言動がネガティヴに変わるのです。

ココからのテキストは、実際の講演ではお話していないことですが

このように

私達が何かうまくいかないなと感じていて

問題を解決していこうと感じた時。

自立の人は、より頑張ろうとします。

依存の人は、より状況に打ちのめされてしまいます。

自立の人は依存を問題視し

依存の人は自立した自分をシャドー(心の影)にしてしまうこともあるでしょう。

ここでココロのバランスが崩れます

うまくいかない現実と、自分が間違っているんじゃないか?という発想が

私達の心の状態をアンバランスにするのです。

私達の心は

「自立的な部分」と「依存的な部分」のバランスが取れている時に

安定し、安心感を感じ、ふっとチカラも抜けるものです。

だから心に余裕がある分、相手が見れますし

相手の言葉の真意も汲み取りやすくなります。

しかし、

例えば自立の人の夫婦や恋愛問題解決法は

自分が頑張ればいい、という発想になりますね、どうしても。

そう思うことはとても素晴らしいし、僕もサポートさせていただきたいのですが

なぜか一人で頑張ります。自立は一人で頑張ることですからね。

すると、心の自立状態は更に強まるので

人に依存できなくなってしまったり、

人の依存が許せなくなったり

頑張っても出ない結果に打ちのめされます。

そんなことが積み重なれば当たり前のように

次第にいろいろなことに諦めを感じることが多くなったり

頑張ることに意味を感じなくなる・・・・

つまり今のパートナーシップに意味を感じなくなる・・・

いわゆる

「もう相手のことがすきなのかどうかわからない」

そんな状態になっていくことがあるのです。

もちろんこういったご相談をいただく方の中には

ご自身でも、その心のアンバランスさを感じておられません。

むしろ

どうしてこうなったのか?頑張ろうという気が起きないのか?;

それが分からずにいます。

だから更に

「もうパートナーのことを愛していない私って・・・ 」

と自分が間違っているという点を意識してしまい

だから正しさを求め

「でも私だって頑張ったよね・・・?」と

自分を立て直す材料を探し始めます。

しかし、その根っこに

「自分が間違っているのでは?」という発想が

ずーっと消えていないのです。

つまりこの時点でも

心のアンバランスさの原因はある。

バランスが崩れてしまっている、と言えるのです。

だから

次の恋愛こそは!と思って頑張っても

なぜか同じような結果が出てしまったり。

もう一度夫婦関係を立てなおそうと思って頑張っても

なぜか状況があまり改善しない事が起きます。

それは

あなたの心の「アンバランスさ」が作り出している現実であり

あなたの心の根っこに「自分は間違ってる?」という部分が

ずっとありつづけるから、と

考えることもできるのです。

***

そこで僕は「自分を愛しましょう・許しましょう」と

お話しました。

自分は間違っている?という

意識で思う部分もあれば、普段は全く気づかないレベルの感覚まで

いろいろあるのですが

私たちはどこかでこの感覚に手を焼いている部分があるのです。

ただ、罪悪感には許しが一番効果的なメソッド。

そして自分を許すとは

もう一度無垢で純粋な自分の思いを

今までの失敗や罪悪感の中から拾い上げる行為でもあります。

どんな思いで今まで頑張ってきたのか?

どれだけあなたがパートナーのことを考えてきたのか?

そこには愛があって

十分に自分を許すだけの材料があるはずです。

ないと感じるのは、

自分ではできない、よくわからないと感じるのは

あなたの罪悪感が強くなっている時にそう感じるはずです。

うまく愛せなかった。

大切なモノを傷つけ守れなかった。

自分の中の純粋な気持ちを持ち続けられなかった。

そんな罪の意識が覆い隠しているのです。

だからゆっくり着実に

許しましょう、自分を。

自分を大切にしましょう。

それぐらいあなたの中には愛があるのですよ、

というお話。

ここから講演のお話に戻ります。

***

それを見出すために

投影の法則を使って

人を許し、愛しましょう。

むずかしいことなんてしなくていいので

「ありがとう」を使っていきましょう。

そして

あなたの中で感じて欲しいのですよね。

今のあなたを支える人、傍にいる人、友人知人家族・・・

みんなどんな思いであなたのそばにいるのか?

その目を感じてみましょう。

あなたの罪悪感のフィルターで見るのではなく

相手の気持ちになってみてみましょう。

あなたが友達に対してどんな思いを持つのか?

その投影でもいいので感じてみましょう。

すると分かるはずです。

一人で生きているようで、頑張ってきたようで

自分だけで生きてきたんじゃないんだな、と。

それを恥じるのではなくて

それだけ支えられるぐらい

自分にはみんなにとって愛される価値があるのだ、と感じてみるのです。

ここを深く理解していくと

初めて、自分は許されるべき存在だということが分かり

自分を許すことが結果、大切な人のためになるということが分かります。

自分には価値があり、愛がある。

その手で相手に触れることができるならば

あなたはどれだけ素直に喜び、充実感を感じて生きていけるでしょうか?

そのあなたの笑顔を見て

周囲の人のどれだけの人が笑顔になれるでしょうか?

それぐらい今、この時点のあなたに

価値も魅力も意味もあります。

それを感じ取るだけのプロセスを

ちゃんと進めれば

自分の素晴らしさも心で感じますから、分かります。

ここにあなたの人生をガラッと変えるだけのものがあり

実はその材料は

もう既にあなたの中にあるんですよね。

***

これが今回の僕の講演のあらすじと解説。

全てを話しきれなかったので

少しだけ補足して書いてみました。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...