恋愛・夫婦の心理学

頑張る目的って意外と大切だけど遠慮しちゃいません?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて今日は名古屋で面談カウンセリング。

名古屋カウンセリングルームでパチパチっとタイプするのも久しぶりですね~。

【ココロのコラム】頑張る目的って意外と大切だけど遠慮しちゃいません?

よろしければお付き合いください。


なんのために頑張るの?

実は心の中に罪悪感や劣等感があると、

これを人に聞かれるとドキッとするんですよね・・・。

それぐらい普段からめちゃめちゃ心の中で遠慮しているってことなんですけども・・・。

***

いわゆる「頑張る目的」と呼ばれるもの。

なぜに「今、私がこうやって生きているのか?」という疑問。

カウンセリングをしていると時に

そんな哲学チックな問にぶち当たることって少なくないんです。

例えば

仕事を熱心に猛烈にやり続けること。

愛される彼女、妻、になろうと努力すること。

家族のために懸命に頑張ること。

自分自身の人生を立て直すために必死になること。

「それ、どういう意味でやっているの?何が目的なんでしょう?」

そんな質問をあえてさせていただくことも無きにしもあらずなんです。

「それはもちろん、幸せのためです」

「もちろんそうですよね、で、それはどんな・・・?」

「え?」

「そう、あなたのどんな幸せで未来にどんな自分が見えているのでしょう?」

「あーうん、えーっと・・・。」

「もちろん大丈夫ですよ、今もう一回ちゃんと決めていきましょうね」

時に、自分が頑張っている目的って見えなくなることがあるのかもしれません。

まぁ僕だってそうです。

自分がどうあって、どう軸足を持って生きるかを決めたり変化させるには

それなりの時間を要します。

だからその目的、決まんないことがダメ、じゃないんです。

ただ、決まんないときは迷いがすごく出る。

だから、ちょっと気持ちとしては辛いんです。

その辛さから目を背けるために

どこか目をつぶって前を見ないで頑張る、そんな時間が増える可能性もあるんです。

そこにある気持ちって、多くは期待、です。

これだけやったんだから、これぐらいは・・・というね。

すごくアバウトなんです。

だから幸せになるという「着地点」がちょいと見えなくなるんです。

例えば、めちゃめちゃわかり易い例で言えば

目的のあるダイエットなら、何キロ減を目指すって明確です。

しかし痩せたい、だけならば、1キロ減っても、20キロ減っても

痩せたことには変わりない。目的は達成されています。

そこで満足なのか?といえば・・・という部分。

自分の気持ちが充実したり、満たされるのか?という部分。

意外と自分のモチベーションや目的設定としては大切なことなんだけど、

でも意外と曖昧にしやすいのかもしれません。

ただ、この目的・「着地点」に関してお聞きすると

なんだかちょっと自信がないだとか。

目標を決めるとプレッシャーになるとか。

いつも無理して、できないっぽい目標ばかり決めてしまっていたりとか

そんなご意見を伺うコトがありますね。

そんな方ほど

普段から本音が言えなかったり

期待に応えることで必死になっていたり

欲しいものをほしいと言わずに頑張り続けていたり・・・

そういったケースもどうもあるようですね。

応用編。

婚活にしても恋愛にしても夫婦の関係性向上にしても

結婚、今の関係が改善するという目安はあっても

どうなりたいか?どんな幸せな姿でいたいのか?

そのイメージが明確になっていない時はやっぱり暗中模索になりやすい。

そんな時

いいイメージをして頑張って、それでも実現しないことが辛い・・・

最初からそんなこと諦めたほうがいい、そんな望まない方がいい・・・

そんな声が聞こえるなら

それはきっと罪悪感の声。

それがココロの中に響き渡っている事も少なくないのかも?

なぜ頑張るのか?その目標を決める。

そう考えるとちょっとヘビーなら

あなたが実現したいイメージは何か?

どこに行き着きたいのか?

それはやっぱりちょっと考えておいても良いのかもしれません。

これを決めることはあなたが頑張った結果の報酬を

明確にすることでもありますからね。

え?達成して一人前?当たり前?人と同じ?

その考え方は手放しましょう。

そんな劣等感や比較の罠をいくら使っても

自分の幸せは見えてこないですよ。

それに、どこか自分を過小評価しすぎていませんかね?

この着地点を決めること

めちゃめちゃ真剣に具体的にやるとリフレーミングの効果に近くなるでしょう。

しっかりイメージできると、それはヴィジョンになります。

ただ「死ぬ気になったらなんでもできる・頑張れる」なんて昔聞きましたが

僕は死んでもらっては困るので、死ぬ気になってもらいたくはありません(笑)

じゃなくて

いかに余裕を持って自分を信頼して前に進んでいけるか?が大切じゃないかな?と。

逆にどこか自分をそこまで追い込まなければいけない

あなたの目的、着地点さえ曖昧してしまうような

そんな心理状態も変えておきたいよなぁ~と常々考えます。

それにね、大丈夫ですよ。

自分を勝手に追い込みたくなるぐらいの、好きなものに出逢えば

意識せずとも自分を追い込みますよ、僕たちは(笑)

そういうの、夢中っていうんじゃないでしょうか?

僕もよくご飯食べる時間や、仕事に出かける時間を忘れて

仕事してますもん(笑)

で、焦るって・・・罪悪感ですかね(苦笑)

もう、頑張ってない私なんてダメ、なんて言わなくていいですよ(笑)

僕はそう思います。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...