恋愛・夫婦の心理学

罪悪感に気づけば、ネガティヴな思い込みはクリーンアップできる

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

 

さて、今日が今年最後のカウンセリングデーとなります。

今年1年、たくさんの方にご利用いただきました。ありがとうございました。

 

来年は1月5日よりカウンセリングを開始させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

罪悪感に気づけば、ネガティヴな思い込みはクリーンアップできる

 

一昨日のワークショップの復習のような内容にもなりますが

 

よろしければお付き合いください。


そもそも自分の思い込み(観念)というものは

あなたの経験と心の癖の影響で、できていることってとても多いんです。

特にまっさらな子供時代に僕達が影響を受けるのは

自分自身の経験もありますが

周囲にいる人の考え方、言葉、心の状態にも

とても影響を受けそこから学ぶことも多いものだと思うんです。

そういった要因でできた自分の心の癖、考え方や気持ちの流れが

今のあなたの思い込みにはとても大きく影響しているものですね。

その心の癖、気持ちの流れが

罪悪感に向かうのか(自分が悪い、ダメ、毒、足りないという発想)

愛や許しに向かうのか(自分がいい、自分でいい、それでいい)

で、思い込みの質は随分変わってきます。

例えば、あなたなりに頑張った成果があったとして

それを人と比較したり、ダメ、至らない点を見つけて自分に批判的な思いを持つのか(罪悪感的)

自分なりにできたことを評価して、至らない点を今後の課題として前向きに受け止めるのか。

例えば、あなたが失敗したとして

失敗した私を責め、頑張ってきたことの殆どを意味が無い、ダメだと評するのか(罪悪感的)

失敗は失敗と受け止めつつ、自分はどうすればここを超えられるのかと考えるのか。

その思いの違い、そこにある気持ちの流れ一つで

あなたにとってのネガティヴな思い込みになるのか?

それとも経験を活かす発想になれるのか?

は、随分変わると思いませんか?

もしあなたにとってネガティヴな思い込みが強い場合

(例えば、もっと頑張らなきゃ、頑張っても自分がいいと思えない、いつも自分はいたらない気がする

人に嫌われてる気がする、自分は愛されない、必要とされない・・・など)

そういった思い込みがあるなら

それを手放すためには

あなたの中の罪悪感に気づき

「今、自分は罪悪感に基づいて(自分を悪だと思って)自分を罰している」

という発想のパターンを手放すと良いんですね。

とにかくこのジャンルの「思い込みの手放し」には

罪悪感を感じていることに気付くこと、なんです。

それに気付くだけで

ネガティヴな思い込みは勝手にクリーンアップされていきます。

自分をそもそも良いものとして扱い、感じるのか?

悪いもの、罰を受けるべきものとして扱い、感じるのか?

その違いは

今のあなたの考え方、行動の動機、モチベーションに

とても大きな影響を与えているものです。

どんな失敗も、挫折も、ハートブレイクも、愛されない感も

あなたが何かを愛そうと思った経験がなければ

感じないことだと僕は常々思います。

あなたの罪悪感があるところは、実は愛も同時に存在している。

僕はいつもそうおもいます。

だから全ての問題は愛から始まっているとも思います。

自分の中にある罪悪感に気づけば

あなたの思い込みは必ず手放せるでしょう。

それはどれだけ時間がかかったとしても

取り組めばいつかは手放せる。

もちろん、自分の愛に気付こうとすると

自分の感情は抵抗し、あなたに嫌な気分をもたらすので

「いやいや、私はそうじゃない」「○○が悪いんだ」

といった罪悪感に引っ張られてしまいますが

そこを越えていくことができると

とても楽で自分にとって前向きな思い込み、を手に入れることができると思いますよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...