アサノのコラム

■まぶしがりや、を噛みしめる。

■カウンセリングサービスの浅野です。今日もありがとうございます。

さて、浅野は昨日を今年の仕事納めとさせていただきました。

今年もたくさんの方にカウンセリング・セミナーをご利用いただきました。

本当にありがとうございました。

来年は1月5日よりカウンセリングを行います。

また、来年は来年で今までとは少し違う企画を行う?かも?なのですが

そのお知らせは新年早々行う予定です。

よければまた、ブログチェックしてくださいませ。

※明日、大晦日はブログ更新をお休みさせてくださいね。

***

さて、他の名古屋地区カウンセラーも書いておりますが

昨日は名古屋カウンセリングルームの大掃除。

僕は、はたのえりカウンセラーと組んで掃除を担当していたのですが

彼女、凄い掃除が速い・・・。さ、さすが・・・。

んー、はっきり言って、そのペースについていけませんでした(笑)

・・・そして今日は自宅の大掃除です(笑)

***

さて、今日は今年最後のアサノのコラムを更新します。
もちろん今回も全く癒しにも心理学にも基づいたものではないテキスト。

ごく一部の方に情熱的にお待ちいただいている
個人的趣味爆発であり、大した知識もないくせに書く音楽ネタコラム。

この手のコラムを書いた日はグッとアクセス数が下がってしまうというデメリットを

きっと年越し前でも抱えつつ、果敢に更新いたします(笑)
今回も深く考えず突っ込まずご覧いただけますと幸いです。

訳の分からない言葉も使いますが、一切の注釈なしでございますので

気になった方はググっていただければと思います。

内容に関しては、一切のツッコミも異論も受け付けない感じですが(笑)

まぁまぁそういうことなのね、とご覧いただければと思います。

よろしければどうぞ。

 


■冬に似合う楽曲というのはたくさんありますねぇ。

もう終わっちゃいましたが、クリスマスソングも典型例なんですよね。

ただ、僕の中の勝手な観念で

クリスマスソングは全てシチューのCM音楽に聞こえる・・・

という誤解がありまして(笑)

あまりクリスマスソングって聞かないんですね。

が、僕の中で1曲だけシチューCMっぽくない(笑)

クリスマスソングがあるんですよね。

それがこれ。

CHAIN / BONNIE PINK

冨田恵一さんアレンジメントで、なかなかいい感じですねぇ。

ということで、「来年のクリスマスのお供」にどうぞ(笑)

***

■さて、今日の本題。

この既設に生ると聞きたくなる音楽は山程あれど

最近好んで聞いている音楽ってなんだろう?と

自分のプレーヤーの再生回数をちょっと探ってみたんです。

すると今年は

まぶしがりや / キリンジ

でした。

確かに好きなんですが、そんなに聞いていたか?という感じです。

ちなみにその次は星野源さん、でしたけど・・・。

■さて、この「まぶしがりや」という楽曲。

歌詞をじっくり噛みしめていると

なるほどなぁ~という情景が浮かんできます。

さすがキリンジ兄、という感じですね。

いわゆる恋に対する男のためらいと、純粋な好意のようなものが見えるのです。

恋愛の中で感じる自立男の中の、心の風景を見事に切り取っていると思うんですよ。

まぁあくまで「ある男性の内面世界」だけの話ですけどね。

f404d4b6805f1a0cae739b8864f2b1fa_s

さっと聞けば、男性が持つ妙なロマンティシズムやナルシシズム

という意味合いにも取れそうです。

まぁそうといえばそう、なのかもしれない。

が、歌詞の中にある「ためらい傷」という言葉や

「・・・としか今は言えない」というフレーズ

「君の指」は「冷たい」、それを感じていたいという意味が

なんとも一度苦悩や挫折を抱えたであろう男性心理を的確に表している気がします。

このイメージや感覚、カウンセリングの中で感じることあるんですよね。

ためらい傷とは・・・まぁその言葉の意味は検索していただければと思いますが

どこか傷ついた男性が、女性の前を向く姿に憧れや希望

そして、自分自身の心の置き場所を求めるような

その女性を大切にしたいという思いを感じているような

しかし、それを今は手にはできない、ような。

そんな、まぶしがりやな女性の姿に

無邪気さと、メランコリックな思惑と、安堵感を映し出す。

そんなイメージが・・・なんともうまく表現されているなぁ、と。

だから、この楽曲の色は「冬」であって

冬の光をまぶしがる、でなければそのイメージが出ない。

他の季節では、もう少し人肌の温かさがにじみ出てしまうから、かも、と。

と、僕は勝手に(笑)そんな事を考えながらこの楽曲を聞いてますね。

ここにあるやらかい部分を

まだ準備が出来ていない時に、女性にガッツリ触れられると

過去に苦悩を抱えた男性の気持ちは冷めちゃうかもなぁ、とかね(笑)

言っておきますが、あくまで「ある男性の感覚」ですけども。

なので、男性心理研究をされたい女性の皆さんは

一度お聞きになると良いかもしれません、なんて思うこともあり。

まぁ研究になるかどうかは補償いたしかねますが(笑)

しかし名曲であることは、僕個人としては言い切りたいと思います。

***

そういえば昔、若い男性に向けて

「この曲の意味が分かり始めると、彼女の気持ちがわかるかも・・・」

とおすすめした楽曲がありますね。

京都の大学生 / くるり

今となってみれば20代初期の甘酸っぱい記憶を思い出すような楽曲ですが

これ、女性の感情の波や動きを捉えることが苦手だったり

多感な時期の男性にとって

何で?と思うことがいくつか詰まっている詞でもありますね。 

そういう見方をして聞くとまた面白いので

こちらも一度お試しあれ。

f09b357f58e27ce0208d7df964970f45_s

 

 

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...