恋愛・夫婦の心理学

「そんなに辛いなら、頑張らなくてもいいよ」 と言われても 「いや、そういうことじゃない」ってば

カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

「そんなに辛いなら、頑張らなくてもいいよ」  と言われても   「いや、そういうことじゃない」ってば・・・

よろしければお付き合いください。

男性が女性になかなか期待しないで抱えていることの典型例が「仕事のこと」でしょうね。

「経済的なこと、仕事面で不安があっても、そこでパートナーに負担を強いたいとは思わない」

たとえ口では「仕事が辛いな、厳しいな」と言っていても

なかなか仕事をやめられないまま頑張っている男性の中には

そんな思いが強くあることも少なくないようです。

だからパートナーに心配されることが苦痛で距離を置きたくなったり。

そんなパートナーの態度に傷ついてしまう女性の皆さんも少なくなかったり・・・。

■そこまで相手に期待していない・・・。

だから、せめて今の自分の気持ちを分かってほしい。

もっと自分のことを気遣って欲しい。

そんな思いにかられる。

ただ、男性女性双方ともにパートナーから

「そんなに辛いなら、頑張らなくてもいいよ」

と言われても

「いや、そういうことじゃない」

と感じてしまう。

それはどこか

「相手に対する期待ではない」ので、期待ではないように見えるけれども

実は、自分で自分に

「こうありたい」と激しい期待をかけている状態に近いのかもしれません。

もちろん、パートナーのために頑張ることは素晴らしいし

男性として、女性として、こうありたいという思いに間違いなんてない。

むしろ、自分が今、実現したいことのためにどれだけでも頑張ろうとする姿は時に美しくもありますよ。

また、どんなことも私たちは自分のためにも頑張ろうとします。

女性として幸せになりたい、子供を授かりたい。

男性としてしっかりしていたい、頼られる存在でありたい。

その部分は当たり前のことで、責められるようなことではないと僕は思いますよ。

そこをワガママなんて言ってしまったら

一体僕達は何をして生きていれば良いのか分からなくさえなりませんか?

ただそこには同時に

相手に対する思いがあるはずです。

そのあなたの想いの根っこ、ちゃんと表現しているでしょうか?

相手に分かりやすいように、伝えているでしょうか?

そしてあなたの思いと同じぐらいに、相手の思いの根っこ、ちゃんと受け止めていますか?

どちらが欠けても、上手く行かないことが多いようですよ。

何故なら、私たちは大人になればなるほど

別に一方的に自分を分かってほしいわけじゃなく(だからせめてこれぐらいは・・・と思うわけで)

相手を理解していないのに、自分を理解してもらおうと思うと

つい拒絶してしまう事が多いと思うんですよ。

6930a7109c18776bd7b8690a1b0437ba_s

■相手は私のことをわかってくれない。

そう思うのは、あまりに一方的なニーズではない限り

「あなたが自分を許せない時」でもあります。

実際のカウンセリングでも

「私もそもそもパートナーのことを責めたいと思って頑張ってきたわけじゃない。

でも私も辛いし、そうなってしまうのがほんとうに辛い・・・」

そういったお声を実際にお聞きすることもあります。

私たちは、自分を責めていると、相手を責めたくなり

「私は相手のことを考えていたからこう思うし、こんな気持ちなんだ」とは言えなくなります。

それぐらいに今の自分の至らなさや、相手に対する罪悪感で

自分をぐちゃぐちゃにしてしまうから。

■だから、こういったケースって男性も女性も実は同じ。

実は相手のことを思っているがゆえに

自分がなすべきだと思っていることを表現せず、黙って頑張る方が本当に多いです。

だから、「相手に言わずとも分かってほしい」と感じさせるのは

相手を愛している、という思いがあるからこそ感じる

うまくいかないこと、切ないこと、悲しいことがあって。

「私はそんな状況に陥ってしまった」とあなたが思うときに湧き出す

劣等感や無力感が、今もあなたの中に眠っているからなのかな、と僕は思います。

そんな時、自分の思いを、自分だけで抱え込んで黙ってしまうことが大きな問題のはじまりなんです。

もちろん、そうなってしまえば確かに

私とあなた、どっちが正しいの?という思考にハマってしまうのは

致し方ないのだろうと僕は感じています。

でも、どれだけそこを考えても答えは出ないかも・・・とも思います。

すみません、あえてドライな言い方しますけど。

僕はそうだと思います。

だからこそ

「自分を責めるのはやめましょう、期待ではなく、あなたの愛に気づきましょう」

というキーワードが出てきます。

そもそもあなたは「今、私に何ができて、何が足りないのか?」にこだわりすぎてません?と。

そうじゃなく、既にあなたはあなたでいいのではないでしょうか?

だから、ちゃんと自分を許して、大切にしませんか?と。

そこをハートの面でナビゲートしていくのは僕の仕事の一つだと思っているぐらい。

あなたの心のなかにあるパートナーシップの中で感じる

「私のために、私自身のこととして」という想いと

「パートナーのために」という想い

あなたが傷つかず、罪悪感を感じず表現できているでしょうか?

ちゃんと今の自分の気持ちにOK出せていますか?

OK出せれば、必要以上に怒ることも、嘆くこともなくなっていきます。

そこから許しが始まって、そのプロセスをお互いに進めることで

いろんなパートナー間の誤解は解けることもあるんです。

なにより、あなたが楽になるプロセスでもありますしね。

まずは頑張るより、今のご自分の気持ち、ちゃんと大切にしてみてくださいね。

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...