恋愛・夫婦の心理学

落ち込むことですら嫌わない

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日もよろしければお付き合いください。


さて、今僕はちょいと別の作業に没頭しておりまして、少しばかり忙しくしているんです。

あーストレスだな、と思うことも実は少なくないんですが

実はストレスを感じている自分を嫌うと、きっと自分を責めるだろうと思うので

まぁそれでいいか、と思うようにしているんですね。;

すると、気分は上がってきます。

いや、必要以上にダメージがないものなんです。(お腹はすきますけど・・・。)

これ、落ち込むことについても同じかなーと僕は思います。

まぁ落ち込んだり疲れがたまると

なかなか自分のことを良いと思えないものですよね。

だから自分のことを嫌ったり、辛い気持ちになることは

ある意味致し方のないことで、誰でも起こり得ることですね。

だから、責めなくていい、んです。

落ち込んでいる時に自分を嫌うと

より落ち込んだり

自分のことを好きになるキッカケすら掴めなかったり

状況をどう「問題解決するか」ばかりとらわれて苦しくなりすぎたり

そんなことも起きます。

もちろんそれも当然のことで

人の心はそう流れるものだと思います。

だからそうなってしまっても自分を否定する必要はありません。

大事なことは

その気分のままいないこと

その気分のまま問題解決に取り組まないこと

その気分のまま、未来を判断しないこと。

特にパートナーシップの問題や人生の転機のお話では

僕はみなさんにそうお伝えしています。

辛い気持ちから逃れようとするココロの動きは

時に自分のココロの深い部分で、無力感を刺激しますから。

ただでさえ落ち込みやすい時に

ストレスフルになりやすいときに

そうなってしまう自分を嫌わず

まぁそうだよね、辛いけど、そうだよね、と言いながら

一人で抱えないことが大切かなと思います。

落ち込むこともストレスを感じることも

あなたが頑張った証ですよね?

そこで結果ばかり見ると自己攻撃地獄に入りますが

あなたのココロは相当頑張っているはずです。

できれば

できるだけ早く

あなたの気持ちのケアを始めて欲しいと思います。

頑張り屋さんに多いんですけど

「まだ私は頑張れる・・・」と思っている時ほど

意外と一杯一杯な時は多いものなので。

これ、自分に優しくする・大切にするということなんですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...