恋愛・夫婦の心理学

罪悪感に気づけばちゃんと許せる

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さてそれでは今日のコラムです。

罪悪感に気づけばちゃんと許せる

よろしければお付き合いください。


よくカウンセリングの中や、心理カウンセラーWEBには

自分を許しましょう

という言葉が書いてありますね。

一方で、

自分を許すってどういうことですか?

というお話も実際にお聞きします。

そしてこの部分は

ぶっちゃけカウンセラーによってもその表現が違うのかな?とも感じます。

ということで

今の僕の考える許し、について今日は少しテキストにします。

明日のワークショップの内容そのものですけどね(笑)

僕達は良かれと思って、自分を悪者にすることがありますね。

例えば、謙虚さ一つとっても、どこか相手より自分が遜る感じと言えば

何となく分かっていただけるでしょうか?

ただ、この遜る感じ自体、常に罪悪感とくっついているとは僕は理解していません。

そうではなく

いろんなことで遜る経験を積んだり

いろいろ傷ついたり

いろんなことを我慢したり、苦しさを感じたり・・・

その中で自信をなくしたり、理解されないことがあったり

自分を疑うようになって

いろんな罪悪感を感じ始めて

いつしか遜ることと罪悪感がくっついてしまうこともあるのかな?と思います。

それは恋愛や夫婦関係でも同じ。

うまく愛し、愛されない関係を何とかするために

相手のために尽くす方がもいますね。

尽くすこと=罪悪感ではないですけど

上手く行かない自分を感じて、その関係性を感じて

罪悪感を感じるようになることもあるかもしれません。

でもその根っこって

相手のために遜っていたり

愛し愛されるために・・・という思いで始まったことって

多くないでしょうか?

どこか目の前の人や家族を大切にしたいという思いから

苦心するのではないでしょうか?

しかし、内面に罪悪感や自己否定感があると

その愛の部分がどんどん見えなくなっていきます。

時には行動自体も犠牲に変わることもあります。

そうなってしまうと

どれだけ頑張っても、遜っても、気を使っても、愛しても

人にそう認められても

つい否定したくなってしまうこともあり

なかなか辛い状況から抜け出せないこともあるのかもしれません。

だから罪悪感に気づきましょう、なのです。

遜ることも、自分を悪者にすることも

あなたが自分の中で「どういった思い(感情)」で

今のあなたを感じているか?で

あなたの言動の意味があなたの中で変わってしまうのです。

どんなことも自分がミスをしたのならまだしも

そうではないのであれば

罪悪感ではなく、自分を許す視点で自分を扱うことが

「自分を大切にする」ということそのものではないでしょうか?

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...