恋愛・夫婦の心理学

不安や怖れと罪悪感の話

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

いやーそろそろ見えてきましたね、3月15日。

3月15日と言えば・・・まぁ多くは語りませんが(笑)

個人事業主さんやフリーランスの方は、この時期になるとお忙しくなるのではないでしょうか?

この時期になると、僕の仕事のスピードがいつもの倍速になりますが、倍速になったとはいえ、作業時間は変わらないという(苦笑)

でも、とても大切なことだからこそ、きっちり行いたいですね。

不安や怖れと罪悪感の話

よろしければお付き合いください。


人は怖いと目をつむる。

皆さんきっとご存知のことですよね。

たまにカウンセリングの中でお話することもありますが

まぁいつまでたってもホラー映画が苦手な僕は(笑)

ちょっとしたTVのワンシーンでもすぐ目をつむってしまいます・・・。

ダメなんですよねぇ、あれ。何かまで自分でも分析しきれませんけども。

でも、苦手なものがあってもいいよねと思うようになってからはネタです(笑)

昔は恥ずかしくてあんまり言えませんでしたけどね・・・。;

そんなビビリんちょの僕は

よく、いろんなことに目を瞑る癖がありました。

例えばやるべきことから目を背け、後で追いつめられるとか。

そこでもう一歩詰めれば営業もうまくいくのに、自分の疲れを理由に動かなかった過去とか(元営業マンですので)

今、手を打つべきことを何故か悩みすぎて行動できなかったりとか。

人の感情が怖くて、なかなか人と向き合えなかったりとか。

よくそんな自分をダメだなぁ~と責めたものですね。

まぁここで自分を責めると同時に罪悪感まみれになるのですけどね。

「ここで不安になるから、怖れちゃうから、そんな自分がダメなんだ。」

そんなココロの公式をお持ちの方もいらっしゃるのかな?

そう感じてしまうことって意外と少なく無いですよね。

でもよく考えれば、怖いことや不安と、自分がダメという部分は

常にイコールではないんです。

だから、罪悪感を感じてもいいけど、そう感じ続ける必然性もなさそう。

ただ、そんな自分を自分が恥じているだけで、劣等感を強めているだけなのかもしれません。

不安や怖れがあるから物事うまくいかないのではなく

不安や怖れを強く感じすぎてしまう何かがあるから

自分のポテンシャルをうまく発揮できないだけ、と僕は思っています。

それはありとあらゆることで言えると思いますよ。(反社会的・周囲に害を及ぼし続けることはまた別ですが)

怖がりも、悩みやすくても、忘れられなくて執着する過去があっても、

それがダメだと思う必要なんてない。

そう感じるには何か理由があるはずですから。

何故なんだろう?から初めて、

そこで怖くても不安でも頑張ってる自分を見つけたら

その自分をまぁ・・・ある程度嫌って、嫌だよなぁと思うのも自然ですが

とにかくおもいっきり蹴飛ばさないことって大切だなーと思います。

僕たちは自分に手加減なく、容赦なく蹴飛ばすことがありますからね・・・。

そうすることで不安も怖れも、和らいでいくこともあるようですよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...