恋愛・夫婦の心理学

追いかけられると逃げたくなる癖は結婚前からありました~優しい彼にが浮気をしたというケースを考える~ 1

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今朝は那覇にいます。ようやくいい天気になってくれました・・・。

こちらに滞在している期間、あまりお天気が良くなかったのですけどね。ちょっと残念・・・。

しかし、凄く美しい自然と温かい人に囲まれて幸せな時間でした。

***

そうそう。

明日(3/13・日曜)の名古屋面談カウンセリングの時間を追加しました。

お時間があえばご利用くださいませ。

ちなみに昨日は少し時間を頂いて大切な友人と沖縄で会っておりました。

うん、元気そうで笑顔が沢山で、本当に良かった。楽しい時間を過ごさせていただきました。

【パートナーシップの心理学】追いかけられると逃げたくなる癖は結婚前からありました~優しい彼にが浮気をしたというケースを考える~ 1

よろしければお付き合いください。


追いかけられると逃げたくなる。

そんな恋愛心理パターンって確かにあるんですよね。

例えば、実際のカウンセリングでも

「自分から好きになったり、自分から相手を追いかけるのは大好きなんですけど、相手に追いかけられる、好きになってもらった途端、逃げたくなるんです」

「好きになってほしい気持ちはあるけど、迫られると距離をとりたくなるんです。相手には悪いなって思うんですけど、グイグイ来る人はちょっと苦手で・・・。」

といったお話を伺うこともありますし、実は無自覚でこのパターンを心の中に持っている方もいます。

まぁ少なからずどんな人も「親密になることに対して、何かしらの抵抗を持つこと」ってありますよね。

例えば、誰かと親密になって、ココロの中で「好きな人が人が傍にいる」と感じたときに。

その人が離れていくのではないか?という怖れを感じる場合もあれば。

その人から傷つけられたらどうしよう?と今は起こっていないことを想定して不安になることもあれば。

相手に迷惑をかけているのではないか?という不安を感じていることもあれば。

内面としては、自分の中で隠したい自己嫌悪や罪悪感があるから、人に近づかれる怖れを感じる場合もありますよね。

まぁいろいろです。

実際のカウンセリングの中では、どうしてそう感じるようになったのだろう?という部分を見つめて、お話を丁寧に伺って、そのパターンを変えていくアプローチや考え方をご提案することもありますね。

さて、ここからが今日の本題。

そんな心理パターンを持っていると、どうしても「男らしい男」の人に抵抗感を感じる女性の皆さんがいらっしゃっても不思議ではないな、と僕は感じることがあります。

だから、結婚相手に選ぶ男性は、どこか優しい人、になることが多いんです。

ガツガツしていないけど、あまり感情表現をしない、怒らない、気を使ってくれる、受け止めてくれる、強引に近づいてこない・・・そんな男性に女性が安心感を感じて、パートナーシップを持たれることがあるようなんですね。

もちろんそれが絶対的に悪いこと、とは僕は思いませんよ。

ただ、このパターンで結婚・夫婦関係を持ったとき、女性のみなさんの中にある「近づかれると逃げたくなる」という心理パターンが消えているわけじゃないことがあるんです。

なので、実は夫婦関係の中でも、男性が求める親密感の距離感と、女性が求めるその距離感がずーっとズレている、なんてことも起こりえるのです。

その距離感、二人の間で関わりあう中でうまくアジャストできるといいのですが、そうではない場合・・・あんなに優しくて穏やかだった彼が、浮気をしちゃった・・・なんてことも、残念なことかもしれませんが起こりえるのですよね。

好きな人に距離を取られてしまう、近づけない。

これは女性だけでなく男性にとっても切ないことです。

男性もそのパートナーとの関係に不満感や不安を感じても不思議じゃないんですよね。

特に認められたい男性は・・・二人の距離がある関係の理由を「自分が男らしくない、不十分だからかな?稼ぎが悪いから?包容力がないから?」なんて感じることって意外と少なくないんです。

つまり、実際のパートナーシップでは

「別にお互いに悪意なんて持ち寄っていない関係なのですが、何かしらの理由で二人の中になかなか「パートナーとしての一体感」がやってこなかったとき、相手により近づこうとしている方は「どうしてこういった状態なんだろう?」と自分を疑い始めることがある」

ということなんです。

人は多くの人が、何か問題を抱えたとき、「お前が悪いんだ!」と最初から言うことは少ないものです。

もし、そう考えるとしたら、自分を疑って疑って疑いすぎて苦しくなった時からだ・・・そう私達の心理学では考えます。

そんなときに、自分のことを必要としてくれる誰か(友人や異性)、何か(仕事など)があれば、自分の中の不十分さを払拭するために、パートナーである男性の気持ちがそちらに流れても不思議ではないんですね。

その結果、ワーカホリックになる男性もいれば、浮気という行動に出る人もいるのです。

この続きは次回に・・・。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...