恋愛・夫婦の心理学

何が好きで、私はどうしたいかが分からないとき

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は僕宛にメッセージ&リクエストをいただきましたのでお答えしたいと思います。

何が好きで、私はどうしたいかが分からないとき

よろしければお付き合いください。

いただいたリクエストはこちら。

***
昨日更新された記事にもありましたが…浅野さんのブログの中にたまに出てくる燃え尽き?みたいな感じに私もなってしまったかもしれないです。

 

2月くらいから体調が悪くて会社に3日くらい休みたいと言ったんですが無理って言われて「仕方ない、頑張らなきゃ…」と思って頑張ってたら、一週間前くらいから糸が切れたように動けなくなって仕事にも行けなくなってしまいました。

 

私がこんな状態な事でお店に迷惑かけたり、両親が言いあったり、だからといって私自身何も出来ないのがツライです。

 

休んでから少し体調は良くなりましたが、少し動いただけでグッタリしてしまいます。

 

体は大事だし、今は無理矢理でも休む時なのかなとは思います。
ただ、行きたい所も、やりたい事も、食べたい物もありません。
正直、「こんなに頑張ったんだから、もう十分でしょ」って思うし。

 

私の話はブログで公開して頂いて構いませんので、こんな状態からの抜け方をブログで取り上げて頂けると嬉しいです。

 

色々な所で取り上げられているのは読んだのですが、今の私にどう当てはまれば良いのかピンときません。

 

何にもできなくても自分には価値があると思えません。
難しいです。

 

どんな風に毎日を過ごしたら良いのでしょうか?

***

相当に頑張られている、という感じですよね。とにかく体も心も「休める」ことがテーマになるようですね。

自分が今どうしたらいいのか?
どう過ごせばいいのか?
何を感じてるのか?
自分の価値を感じられない。

こういった状態は一つの考え方ですが、「心がどこか燃えつきかけているから」起こること。

当たり前のように自分に厳しく、いろいろな感情や思いを感じることを許さないように頑張ったり、「こうするべき」という発想が強くて頑張ったり・・・。

なので、心の限界を察知して体が止める・・・つまり動けなくなったり、急に意欲が持てなくなるようなことも実際に起きるんですね。僕も経験したことがありますけれど。

こういったときは「自分が思っている以上に、心が疲れている」「見えないところで強いストレスを感じたり、自分自身の気持ちを横に置いてきている」ことに、少し思いをはせてみてほしいのです。

それが今すぐピンとこなくてもかまいません。

同時に、今の自分の状態を否定的に見すぎないようにしてみてください。

今が情けない事でもダメなことでもありません。

こういった燃えつきのような状態は、あなたが「頑張ったから」こそ起きえることですからね。

でも、こういったときに限って、どこか頑張ることだけに「価値や意味」を見出す発想が強まったり、さらに自分を追い込んでいくこともあるようです。

だからこそ、今、よく分からなくても可能な限り休む、ゆっくりする、人の手を借りることが鍵になりますし、あまりに症状が強く出るならば心だけの問題ととらえずに、しかるべき機関で見てもらってください。

こういった状態になる方は、「頑張れないことが恥」という発想を根強く持っていたり、人にそう見られることでプレッシャーを感じている可能性も否定できないもの。

それが悪いことだとも思わないでいいと思います。

そうではなく、頑張れないにもきっと理由があるはずです。

そして今は「自分を大切にする」ことを、時には勇気を持って、行動していただきたいなと思います。それが無理なら助けを呼びましょう。

「人に心配かけないように」といった平気な素振りは、元気な時にすればいいのではないでしょうか?

人によっては休む努力、のような感じになることもありますが、自分を想像以上に追い込んでいることに気付くことが何よりのポイントになります。

あと、先にどうしてそこまで自分を追い込んでいるのか?その理由は人それぞれあると書きましたが・・・。

そこまで追い込む理由を理解するのは後でもいいので、今、何かしらの症状が出ているならば、できる限り早く今の自分を大切に見てくださいね。

何か「ピンとくる」ことを待つより、先に意思をもって休み、今の現状に足りないものがあるなら、助けてもらう(助力を得る)ことを考えてみてください。

その手段はいろいろ・・・ご家族にしてもお友達にしても、然るべき機関にしてもいろいろあると思います。

いただいたメッセージの内容では、今はぐったりしてしまうぐらい大変な様子のようなので、自分の価値を見る云々はもっと回復してからでもいいのではないでしょうか?

僕なりにご依頼いただいた方のことを思えば、今必要なのは、発想ではなく、おそらく「助けそのもの」のように僕は感じます。

何かメッセージが伝わればいいなと思いながら、このテキストを書きました。

どうかご自分を大切にしてくださいね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...