恋愛・夫婦の心理学

男性のこと、実はめんどくさいって感じてない? 2

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日もコラムを更新します。

よろしければお付き合いください。

前回からの続きです。

「パートナーがほしいんです」「幸せな恋愛がしたいんです」

実際そういったお話を伺っていると・・・あれ?って違和感を僕が感じることがあって。

 

そんな時、まぁズバッと聞いちゃうことがあるんですよね。

 

「もしかして・・・男性のこと、めんどくさいって感じてないですか?」と。

 

そして、何かしら男性のことを面倒だと感じるのは、「あなたが何かしら自分が無理をして受け入れようとしているとき」が多いから。

つまり、自分が無理をする理由にある、と考えることができる。心理学でいう補償行為(埋め合わせの行動)なんですよね、という部分まで前回テキストをアップしました。

***

恋愛の中で背伸びする。

そんな表現がいいかどうかは別にして、まぁそういった背伸びは僕たちにとってよくやりがちなことかなぁと思います。

人であるからこそ、自分の至らないところが気になってしまって、それを好きな人に隠したくなることって、普通に起きることですからね。

どんな人も程度の差はあれ「自己嫌悪」する部分がある。僕はそう思います。

だから、自己嫌悪すること自体まぁ普通なんだよねと感じています。

が、自己嫌悪が何かしらの理由であまりに行き過ぎていると、ちょっと恋愛や婚活が手ごわくなることもありそう、そう思います。

とにかく相手に自分のことを表現したり、結果的に知ってもらう部分に行き着く「パートナーシップ」の中で、隠したい自分、隠したい何かがあって、自分を好きな人から隠したり、自分を表現しないままいるって結構大変ですよね・・・。

まぁ考えるだけで結構苦しいし、大きな矛盾があるとも言えるわけです。

「好きな人には近づきたいし、相手からもそばに近づいてほしい。」

恋をすれば、人を好きになればそう思うことはある意味普通に起きることですよね。

しかし、好きな人だからこそ「近づかれたらまずい」と感じる要素を僕たちはいつも持っていません?程度の差はありますけどね。

そんな時・・・

好きな人には近づいてほしい。

けれど私の隠したい部分はそっとしておいてほしい・・・。

かといって、このまま隠し続けるのもつらい。わかってほしい・・・けど見られたくない私。

隠している私を見せたら相手はきっと・・・。

でもこのままいるのも・・・あぁ切ない。

・・・なんだか疲れちゃうな、気を使いすぎなのかしら?

あ、だんだんめんどくさくなってきた・・・。もういいかな、今はいいかな、恋愛は。

となって、恋愛が面倒に感じてしまう方がいても不思議じゃない、というか、そういったお話をリアルに聞いたことが僕はありますものね。

それだけじゃなく、とかく恋愛になると、人を好きになると、自分の欠点ばかり意識してしまって疲れちゃってて。そんな時に昔付き合っていた彼から「ここがダメじゃん」的なダメ出しを受けてしまって、もう自分を表現できなくなっちゃった・・・といった話もありますしね。

まぁ昔の彼、だけじゃなく、親や家族、友人に指摘されて怖くなっちゃったという話もありますし。

まぁこういった自己嫌悪といった部分が影響して、「自分を隠す」切なさが募ると、恋愛、つまり異性が面倒だと感じるようになることもあるのかなぁ、と、実際のリアルなカウンセリングの現場にいると思います。

ただ厄介なのは、「この自分を隠すこと、意外とオートマチックに無意識的に行われていることが多いので、自分では気づかないことがある」って部分です。

つまり、私が相手から「自分の存在」を遠ざけて、自分を隠している、という部分に気づかないことも多いんです。

だから意識的には、

異性が近づいてくること事態がウザい!と認識したり、異性に対して嫌悪感を持つこともあるでしょう。

まぁ実際にそんな切ない恋愛をした経験から生まれるハートブレイクもあるので、一概には言い切れませんが、「相手に対する抵抗感の強さ」は、どこか「自己嫌悪」と比例する傾向があるわけです。

心理学でいう「投影」の法則の応用編、ですね。

だから、心の面から見つめれば、男のことをウザいと思っている以上に、私の欠点がウザい、と感じている、という部分は確かに否定しきれない要素なんですよね。

恋愛のプロセスではこの自分嫌い・ウザい的な感覚を刺激されやすいですしね。

彼がいたらいたで、ちゃんと愛しきれていない自分はダメ、とか。
彼となかなか会えない、大切にされていない私には価値がないよね、とか。
彼が切なそうにしていたら、なんだか自分も切なくなってしまうとか。

彼がいなければいないで、周りの同性と自分を比較してへこんでみたり。
愛されないという思い込みが、自己嫌悪を増幅させたり。
過去の失恋の経験がどうしても心のとげになって抜けず、悲しみを振り切ろうとしている・・・そんな自分が嫌になったり。

まぁいろいろなお話を伺ってきました。

そんな中でも、このプロセスを前に進めるためには、「自分を大切にしましょう」「自分の欠点って確かに感じると嫌だけど・・・でも、悪いもんじゃないよ」という許しや自己受容の視点が大切になってくるんですね。

実際のカウンセリングでは二人三脚でこのプロセスをえっちらおっちら、前に進めていくわけです。あの手この手を使ってですね。

ただ、ですね。

この自己嫌悪が、ちょっとした別の要素をつながっていると、なかなか嫌悪感がぬぐえなかったりするわけですね。

その例の一つが「癒着」、とかく家族との間にある罪悪感、であるわけですが。

この続きは次回に。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...