日常に使える心理学

自信がない人の悩み方と処方箋 3 ~もう一度根っこの気持ちを知る~

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

 

春眠暁を覚えず・・・とはよく言ったものです。季節が移ろいで暖かくなると、僕のアレルギーと睡魔は同時にむくむくっと覚醒するようで。

あぁ眠い、というか気持ちがいいですね。

暖かさはこうも人の気持ちを緩めるのか・・・としみじみ思います。

【ココロのコラム】自信がない人の悩み方と処方箋 3 ~もう一度根っこの気持ちを知る~

今日のコラムは短いです。が、よろしければお付き合いください。 

 


■前回の記事の続きです。

どこか、自信がない、自分が悪いと感じてしまうとき。 

それは私たちが自分を責めていじめているときなんでしょう。

もちろんそれには理由があるはずです。あなたが自分を責める理由がね・・・。

そして、その理由を自分でどうにも解決できないと感じたとき、まぁいろんなことが起こります。

そういった自分を責めたり、自分の価値を下げるような思い。それをいくら否定してもなかなか苦しいかもしれません。

なぜならそういったネガティヴな思いもまた、あなたの心から解放されたいと待っているかもしれないし、自分の中のひた隠しにしてきた気持ちを誰かに理解されたい、と感じることも少なくないからです。

でも大事なのは、その根っこです。

自分が悪い、ダメだと感じてしまう気持ちの根っこにある思いです。

■例えば、僕が書いた事例・・・僕自身の「押しの弱さ」が災いして、営業という仕事がうまく行かなかった過去。

でも、押しが弱いことを問題にするのはどうしてなのか?といえば・・・。

その時、僕は会社に貢献したかったんです。自分を変えて会社のために、職場や上司や仲間のために、ちゃんと貢献したかった。

ただそれだけ。

ただ、それだけ。

まずこれを認める勇気を持つことかな、と。

下手な劣等感や優越感を超えて、ここを素直に見つめることかな・・・と。

ここで自分を許す、わけですよね。

シンプルだけど、まずここからはじめるといいのかな?と思います。

そして、どこか自分を変える勇気も手段も持てなかったなら、それを持つために策を練ったり。

自分は「どこまでできるか?」や「本当にそれはやりたいことか?」といった問いの答えを見つけていく方が、まだ楽なんだろうな・・・と。

僕は心の面からみつめた、「自信をつけるためのプロセス」って、ここから始まるんだろうと思っているんですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...