恋愛・夫婦の心理学

あなたの大切な人のためにあなたができること ~2016年大阪感謝祭に寄せて~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて昨日は大阪面談カウンセリング。今回も満席をいただきました。いつもいつもありがとうございます。

それでは今日のコラム。よろしければお付き合いください。


あなたがもし、あなたの大切な人のために「何かしたい」と思われたならば。

ぜひ、「あなたがあなたのことを大切にしてください」

正直、この言葉は、心のお話をさせていただくときの、まぁ心の世界の「常套句」になってしまっている・・・そんな言葉でもあります。僕もよく使いますしね。

ただ、毎日クライエント様と向き合わせていただく、そんな機会が多い僕だからこそ、「これは本当に大切なこと」だと言い切りたいと思っています。

本当にあなたが大切な人のことを願うなら、その願いと同じ分だけ、どうかあなた自身のことを大切にしてほしい・・・と僕は心から願ってやみません。

その理由はいたってシンプルなんです。

その逆を考えればいいのですよね。

「もし、あなたが今大変な状況に置かれているとして、そのあなたを見て「あなたの大切な人に悲しんでもらいたい」「辛い思いをしてほしい」と心から願うのか?」ということ。

もちろん辛い時は恨みつらみも、つい言いたくもないことを言ってしまうのが人だと思うんです。

もちろん恨みつらみや、言いたくもないことを言わなくて済むのが一番なのかもしれないけど、それは一つの心の反応でもあり、それだけ切ない状況なんだということを示しているのかも知れません。

そして、その本当の心は・・・心の根っこで、本当に「大切な人に悲しみ苦しんでほしい」と、願っているでしょうか?

大切な人の笑顔が作れない・・・。

こんな苦痛ってないなと僕は思うんです。

だから私たちはそんな自分に意味を見出せなくて悩んでしまうのかもしれません。

でも、その思いの根っこには、愛情がある・・・そんな気がしますよ、僕は。

今日の僕の講演ではシンプルに「あなたが本当に願っている愛情やあったかい思いに気づく」ことの「主体性」を、ぜひ今のあなたがもう一度感じてほしい・・そんな思いを込めて講演をさせていただきたいと思っています。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...