アサノのコラム

「思い込み」の力は偉大

今の自分をもっと好きになるための「ウソ」?

「思い込み」の力は偉大。

僕は常々そう思っています。

人はちゃんと腑に落ちた思いを持っていると、そう行動しますし、自分をそう評価する傾向があるよなぁ・・・と思うんです。

例えば、恋愛や夫婦関係がうまく行かず愛されない私、を変えたいと思っているとしましょう。

そこにはどこか「自分が悪いのではないかなぁ?」「いやいや、自分だけが悪いわけじゃないのでは?」といった発想がうごめいていることが多いようです。

そして、どちらにしても現実がうまく行っていない自分にネガティヴな評価を与える・・・まぁ「ぐぅの音」も出ない形で自分を追い込んじゃっている方も少なくないんですね。

そこにある自分に対する思い込み・・・まぁそれは時に確信のように感じることもあるでしょうが、そういった部分はネガティブになっていても不思議じゃないんですよね。

ぶっちゃけ自分で頑張る世界での、自分の思い込みを変える強い根拠を持つ(と感じるもの)って、

「成功体験」

なのだろうと思います。

うまくいった経験は、確かに自分を変える強い力を持ちますから。

しかし、僕もそうだったのですが、なかなか思ったような成功体験が積めないので悩んでしまうこともあると思うんです。

そして成功体験が積めていないときほど、人とうまく関われなかったり、自分の力をちゃんと発揮できていないときだとも思うんです。

そんな時はどうすればいいか?っていいますとね・・・。

僕は、まぁ自分をいい形で「思い込む」こともありだろうと思っています(笑)

ただ、妙な妄想や空想の類ではほぼ意味がないんです。
それは、自分を変えない理由・・・慰めになることが圧倒的に多いので、今の自分が変わらないことが起こる。

逆にそれがエスカレートすることはちょっと危険だし、利己的な発想を強めるので人に受け入れられないことも多いかも?と思うんです。

そうではなく、あなたが「ちゃんと目的」をもって、それを実現するために作るイメージ、ヴィジョン、を描くということ。

実際に「できるできない」より、あなたが成し遂げたい愛を思い描くわけです。

特に「私がより良いイメージを持つ」ことによって、誰が喜ぶだろう?といった発想はなかなかすてきだなぁ、と思いますし、このように自分のイメージをゆっくり変えていくことはとても効果的。

与えるイメージと、セルフイメージを同時に持っていく感じですね。

そしてできれば、そのイメージで行動する、大切な人にアプローチしてみると、さらに効果的だと思いますよ。

そんな時、あなたの足を引っ張るのが、まぁ自分の中の欠点・短所・コンプレックスの類なんでしょう。

こんな私が・・・とか。
私にはこういった欠点があるから・・・とか。

まぁいろいろ自分にダメ出しする理由がそこにはそろっていても不思議ではない。

ならば、あなたが自信をつけるために、その短所などが「なぜ存在するのか?」を考え、感じ、自分の味方や価値にしてしまうことだって、不可能じゃない・・・僕はそう思っています。

そもそも物事は、表裏一体なもの。

自分に存在するものに、意味のないものなどないと僕は思っているし、そう私たちの学ぶ心理学でも考えている部分があります。

だから、実際に自分の欠点と向き合って、それをどう見るか?どう感じるか?どう扱うか?というエクササイズは、より自分をいい形で「感じる」とてもいいエクササイズなんだろう、と思います。

あなたは自分の短所や
かつて頑張ったけど、うまく行かなかった過去の自分に

「ありがとう」と言えますか?

それとも「そのせいで私はうまく行かないのだ」と自分に恨みつらみを持ち続けますか?

そしてどちらの選択が、あなたをより良い形に導くと思いますか?

もしよければ一度考えてみてくださいね。

そして、少しでもいいから、自分にいい形で声掛けしたいものですよね。それを続けることで、あなたはあなたをよりよく評価できるようになっていくはず。

それが今は「ウソ」のように感じても、続けていけば変わるものもあるはずです。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...