恋愛・夫婦の心理学

耐え忍び愛し続ける関係にもう疲れてしまいました

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


「好きな人になら、それぐらい頑張れるでしょ?」

女性の皆さんの間でも、パートナーシップの中で切ない出来事が起きたとき、そう思われることってあります?

実際に男性の中にも

「愛する人や家族のために身を粉にして頑張らないとな」という覚悟、そんなお話を伺うことも少なくないわけですが。

そういったお話は愛に満ち溢れている反面、ちょっとした「過酷さ」を伴うことがあるよなぁ、と僕は思うことがあります。

例えばこんなケース。

「彼に離婚(別れ)を切り出されましいた。

私も、もうどこか彼との関係に限界を感じて疲れてしまいました。

いったいこの先どうしたらいいのか?と考え込んでしまいます。

私は今まで、彼のためにお金の面でも愛情の面でも頑張って支えてきました。できることはなんだってしてきた。

けれど、もう限界で・・・。

彼も悪い人ではないから「頑張らなくていい」と言ってくれるんです。けれど。そんなことを言っている場合でもないし、と思ってやってきたんですが・・・。

先日、遂に彼から「もうお互い一緒にいても辛いだけ」と離婚を切り出され。私もホッとした部分はあったんです。

けど、なんだか心の支えがガタッと崩れてしまったというか・・・。何もやる気は起きないし、どこかもう悲しい気持ちにしかならなくて。

今までの私、何をしてきたんだろうって思うんです。

そう思うと、彼と別れたくない、と思うんですよね。それって私の執着なんでしょうか?」

こういったパートナーシップに関する女性の皆さんのご相談を伺うと

先に「それはお辛いですね」とは僕は思わないんですよね。

そうお伝えしますけど・・・それよりも「なんて愛情だろう」と感じるんです。

だからこそ、こうも思います。

「もうちょっと自分をアテにしていくほうがいいですよね」と。

いわゆる尽くす恋愛や夫婦関係、愛し方って素晴らしんです。

が、尽くすとか焦る、懸命に・・・という愛し方には、必死さと深刻さが付きまといやすい、という傾向もありそうなんです。

悪いわけじゃないけど、見ている視点がちょっとネガティヴに偏りがち。

今、ここに何があればいいのか?足りないのか?

だからどうすればいいのか?という視点。

そして、そこにその人の愛情を注ぐ、という発想。

もちろんそこにはその人の「自己価値・自尊心」があるでしょう。矜持もあるでしょう。

だからその愛し方を批判的に僕はとらえているわけじゃないんです。

そうではなくて、

「そこまで尽くしたり、ネガティヴにならなくても、あなたはきっと人を大切にしますよ」

とお伝えしたいわけです。

そこがあなたのハートに入らないと、二人の関係性も一方的なものになってしまう。バランスが崩れちゃうんです。

「私、頑張る人」という感覚も、ある意味防衛だし役割になります。

だから、あなたが今「なぜそうなっているのかを理解し、癒し、手放すことが大切」で。

今のパートナーとの関係性を手放すかどうかは、例えば、カウンセリングなどのプロセスを経て、心を緩め楽になった「未来のあなた」がお決めになることなのだろうと僕は思っています。

もちろんいつでもご相談くだされば、その時その時のあなたのお気持ちは丁寧に伺いたいと思っていますけれどね。

そんな時は僕はこういったお話をさせていただくことがありますよ。

「もっと自分を許して、もっと自分の愛情や魅力、パワーを信頼する方向にシフトしましょう。

もちろん人だからできないことはたくさんあります。でもそれはみんな同じではないでしょうか?

そして、今解決できない問題は、自分を楽にしたあとの「未来の自分」だったり、パートナーと手を携えて進む先に解決できることもたくさんあるかもしれない。

今ある問題を解決したい!という気持ちもわかります。焦るし辛いし悲しいし・・・いろいろ感じちゃいますもんね。

まずはその気持ちを開放して、その後は、もっと自分の未来に投資してみません?

ちょっと自分の扱い方を変えてみませんか?

初めは不安になっちゃうけど、慣れればちょっと心も穏やかになるものです。

すると、あなたが見ている景色も変わると思いません?

どこかモノクロだった景色にも、鮮やかな色が生まれてきそうじゃありませんか?

その世界の中で、パートナーのことを見てみませんか?

すると、相手の話していること、相手の想いも、今とは違って見えてくるかもしれませんね。

全てはそこから、なのかもしれませんしね。」

そうお伝えしたいんです。

頑張るだけ、愛するだけではどうにも先に進めないこともあります。

そんな時は、あなたが傷つかない愛し方を模索するとき。

それが今のあなたにとって「ありえない発想」であったとしても、そのありえない発想の中にある要素なら、あなたがその心に落とすことができるかもしれません。

そもそも、私たちが誰かに支えられ、愛されると言う事は、あなたの隙が必要。

そう、隙のない完璧な愛情を模索すると、燃えつきがやってきてしまうのですよね。

だから、燃え尽きているあなたではなく、燃えつきから回復したあなたになる。

あなたの「心のバランス」をとってみるプロセスを進めてみて、それから今の二人の関係性を見つめてみましょう。

物事決めるのは、それからでも遅くはないのではないでしょうか?

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...