恋愛・夫婦の心理学

ニーズは不安を消さない

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は今から出かけなきゃ!というときに、なぜか仕事をし忘れていたことに気づく・・・というパターンで(笑)朝からバッタバッタしておりました。

何て言うんでしょう・・・普段、日曜ってお休みにしていないのに、今日はお休みをいただいているからでしょうか・・・リズムが狂ってしまっていけませんねぇ。

それでは今日のコラムです。

「ニーズは不安を消さない」

短いコラムですが、お付き合いください。


例えば、パートナーシップや友人との間でのやり取りの中で、相手の気持ちが気になって不安になることってありますよね。

「相手は今、私のことをどう思っているのだろう?」

そう思って不安になるから

「どうしても相手に伝えたいことがある。どうしても相手に聞いておきたいことがある。そうしないと気が済まない・・・」

ってこと、ないでしょうか?

・・・まぁ「不安だからキレる」という方もいるのかもしれませんが。

カウンセリングの中でも

「つい不安になって、相手の気持ちを確かめたくて、こんなこと言っちゃって・・・相手を傷つけちゃった、もう連絡しても帰ってこなくなっちゃった・・・」

そんなお話を伺うことがあります。

そんな時、何も考えず、何の作為なく、相手の機嫌を損なったり、お互いの信頼関係を失う確率は、まぁざっくり見積もって50%だろうと、僕は思っています。

相手があなたにどう答えるかは相手の自由、だから、相手の気持ちが半分あるから、という意味なのですが。

なので、半分はうまくいくんだろうと思うんです。

が、その確率をさらに下げる状態ってものがあるんですね。

それが相手を見ていない、ってこと。

もっといえば、自分の聞きたいことだけしかぶつけていない、状態。

心理学ではニーズ(要求)なんて言葉を使いますけど、ニーズだけぶつけてしまうと、まぁあなたがコミュニケーションしたい人との関係性は、あまりうまくいきませんね。

ただ、そう分かっていても、つい・・・相手にニーズをぶつけてしまうこともあると思うんですね。

そんなお話を僕がよくよく伺うと、「ニーズをぶつけて自分を不安を消そうとしている」方がとても多いように思います。

その気持ち、僕なりに理解できます。

が・・・ニーズは不安を消しません。

その逆・・・こういった対人関係の不安の中で、あなたのニーズを強めれば強めるほど、不安は膨れ上がることが多いんです。

だから、何度も何度も相手の意見を確認しないと不安なまま、って方もいらっしゃるようですよ。

それはそれで切ない話、ですよね。

ニーズには「理解」が必要です。

それは相手を理解する、ということでもありますが

あなたがどうして「そこまで不安になっているのか?どうしてこう感じるのか?」の理解がとっても大切。

自分の感情を理解できないでいると、思い切り振り回されるのはあなた。

そのあなたの感情で振り回されるのが、パートナーやお友達など・・・。

こんな時は、まず自分の気持ちを理解する、ことから始めてみませんか?

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...