恋愛・夫婦の心理学

「うまく依存できない」という依存のカタチ ~彼は私に興味ないのかなと思ったら~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


「うまく依存できない」という依存のカタチ。

これ、意外とカウンセリングの中でよく登場するんですよ。

いわゆる、依存することが苦手・・・って方、少なくないのかもしれませんね。

甘えるのがどうも苦手、抵抗感がある。

弱音を吐くことが嫌い。

人にお願いすることに何かしら躊躇がある・・・。

そういった自立タイプの方も少なくないのかもしれません。

するとですね。

上手に人を頼れないので、結果的に「相手に理解されないと、依存心を表現できない、頼れない」ということがおきることがあるんです。

相手に聞いてもらわないと、自分からは依頼できないし、お願いできない。

何か人を頼るには、大義名分がないとうまく相手に作為を求められない。

人に頼ることが迷惑、悪いことだと思っている、いわゆる頑張り屋さんに多いんですけどね。

これがパートナーシップの中で、特に男性の心理パターンとして登場すると・・・

まぁ多くの場合、お互いの気持ちがかみ合わないだとか、すれ違いが起きたり。

二人にとって大事なことを男性がパートナーに告げなかったり。

まぁいいか・・・とこまめな連絡を取らない男性が登場したりします。

そういった男性の気持ちをインタビューすると、悪気なく「いや、相手にそんなに関わるのは迷惑かなと思って・・・」というお話が出てくることも少なくないのです。

でもまぁ、男性が女性に関わらないことで、愛されている感を感じる女性がどれだけいるのか?と言えば・・・うん、まぁ・・・これ以上のコメントは差し控えたいと思うのですけれど。

ただ、こういった男性の気持ちを読み切れずに、ついケンカになっちゃったという話も、まぁお聞きすることの一つ・・・

ですが、そりゃ女性の皆さんの感情は乱れるし、ケンカになるよなぁ・・・切ない気持ちになりますよね・・・というお話なのですが。

ということで、

普段から自立して、うまく依存できない男性は、悪気なく「パートナーと関わること」をためらうことがある。

そこが、この手の男性の最大のウィークポイント(うまくできない部分)なのかもしれません。

だから、苦手意識があるから関わらないだけで、好き嫌いの話ではないという・・・そういう男性も意外と少なくないのですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...