イベント報告

■8/26(金)開催『ほぼ30代からの心理学ワークショップ・第6回目』のご感想とフォローアップ

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。
 
さて、今日は、8/26(金)に名古屋で開催しました『ほぼ30代からの心理学ワークショップ・第6回目』のご感想とフォローアップとなります。 

ワークショップにお越しいただきました皆様、ありがとうございました。

そして、こちらの事情でみなさまへのご回答が遅くなってしまいました、申し訳ありませんでした。 

 
いつもたくさんの「ご感想、ご質問」をいただきありがとうございます。
 
アンケートにあるご質問の中で、このブログで「公開OK!」としていただきました、みなさまのご感想・ご質問には、僕からの回答を書かせていただきましたので、よろしければご覧ください。 

c70d305e534e29ba959e9dc95d1686fa_s 

この講座を受けた感想

・今日も来てよかったです。ねむたかったのですが、お目々がばっちり覚めました。

 

→ありがとうございます!ばっちり覚めたですか!いや、むしろ、おねむの方がリラックスできたでしょうか???(笑)何より興味を持ってお聞きいただき本当にありがとうございます!
・「~すべき」という思考に自分がいかにとらわれているか良くわかりました。私の場合は、特に「社会性」というか世間体を気にしまくっているんだなーとわかりました。

 

→ご感想ありがとうございます。そうですね、それはもうたくさんの方が同じじゃないかなーと思います。けれど、パートナーシップの大切な部分でそれが出すぎてしまって相手とつながれない、理解しあえないとちょっと寂しいですよね。だから、大事な時だけ・・・はね。少し手放しておきたいですね。
・講義も実習もわかりやすかった。頭で近いできても、心で納得するのはなかなか難しいと思いました。

 

→ありがとうございます!いや、そうお感じだということは、心で理解され始めているからこそのこと!もう実はじわじわしみ込んでいるのかもしれませんよ~!
・心がザワザワしているので、よかったような気がします。

 

→心が動いたってこと?です?だったらよかった。いや素敵なご感想ですよね、ありがとうございます!
・自分は自己価値を認めてることに本当に抵抗があることが分かりました。

 

→これ、素晴らしい気付きです!だからきっと、あなたはもう受け取れる方向に進んでいますよ!
私たちは「何ができないから、前に進まなかったのか?」が分かると、それが「できる」ような「そうか!」といった理解が進んだり、前に進む動機付けが心の中に生まれますから、物事の解釈も見方もその方向に流れていくことが多いですよね。
・最近、以前に比べると頑張ることが減り、実習の「私が持っている○○すべき」という概念があまり出てきませんでした。

 

→ありがとうございます。無理に頑張ることを辞めたという意味での頑張るコトや、無理に気持ちを捻じ曲げようとする頑張るが減った、と解釈させていただければ、べき思考が薄らいでいったことは前向きなことではないかなぁ~と僕は感じます!
・こうあるべきという考え方がたくさんあるんだなぁ・・・と思いました。

 

→ありがとうございます。そうですね、べき思考って多いんですよ。でも全部訂正するより、あなたにとってこれは手放したいなぁ・・・と思うものから順番にやってみてください。時にはべき、も役立つこともありますので。
・(今回のワークショップは)パートナー以外の関係性(会社など)でも使えるなぁ、と思いました。
いつも、私が頑張らなきゃ、とふせいだり、周りの人に良く思ってないんじゃないかと思ってしまいがちなので。
「~べき」をはずすだけでこんなにあったかく、さわやかな、軽い気持ちになれるのはおどろきでした。「~べき」だけだと、くるしくて、暗くて、逃げ場がないイメージになるので。

 

→ありがとうございます!いや素敵なご感想、ありがたいです。
が・・・これ、実は「あなたのプロセスが大驀進中だからこそ起こってる」ことだということ、ぜひぜひ受け取ってくださいませ。「~べき」を外すだけで驚くほど軽く感じるのは、あなたのご努力のたまものなのです!心についての学びや癒しの積み重ねがあるからこそ、起こるコトだったり、日々の経験の積み重ねがそう感じる理由なんだと思いますよ。

 

僕はただ・・・そのきっかけだったに過ぎないんですよね。

 

・「べき思考」を取り去ると、「自分のことは自分でしたい」となってしまいました。それでいいのでしょうか?

 

→悪くないですよね、というか、自分のことは自分で・・・って基本的な大人の感じ方の一つですもの。
が、それが行き過ぎると、人があなたを愛せない、ということだけですね。いい人だからこそ人は愛したいわけですが、それが届かないってことだけで。もう少し相手に自分をゆだねる部分が少しでもあっていいのかな?って感じでしょうか。
・浅野さんのカウンセリングを受けているのですが、カウンセリングは自分から聞いてもらう事中心なので、このようなワークショップがあると、「あーだからカウンセリングでこう話していたのんだ」とすごく腑に落ちます。できればまとめて聞きたいです。一気に(笑)

 

→・・・マジでうれしいご感想(涙)泣けました、ありがとうございます!ワークショップ、やっててよかったと思います。

 

そうですね、僕自身は意外と懸命にご説明させていただいているつもりでも、カウンセリングとワークショップは質が違うので見え方・聞こえ方が違うかもしれませんよね。いろんな角度で、方法で、いろんな話を聞いていただけると、客観性も高まるので面白いかもしれませんね。

 

ちなみに今回のワークショップ、本気で一気にやると8時間は喋れます(笑)
が、それは皆さんにとってきっと苦行になりませんか?(笑)そこで3回に分けさせていただいている・・・ということなんです。
あと、僕の喉がつぶれないようにって意味もありますけどねぇ・・・。
 

 

この講座の内容から聞いてみたいと思ったこと
 
・例えば女性の不妊治療は辛いものです。うまく助けてもらえるにはちゃんと想いを伝えればいいと思いますが、どのように伝えればいいでしょうか?

 

→そうですね、僕は男性なので全てがわかるとは申し上げられない部分があろうかと思いますが、不妊治療はとてもつらいものということは、僕自身のプライベートなプロセスに
おいて感じていることでもあります。うまくパートナーと気持ちを通じ合わせたいですね。

 

そう考えたとき、これは不妊治療だから、と言う事に限ったことではないのですが、お互いに「不足感」を感じさせるようなコミュニケーションは避けた方がいいかと思います。少なくとも「相手が、または、私は、何ができていないからダメ」と感じやすい状況にあろうかと思いますので、「何が足りない」ではなく、「何があればいいのか?」を伝えあえると、まだシリアスになりすぎずに済む可能性もありますね。

 

また、「今、あなたが何を(どんな幸せを)二人の中で実現したいと思っているのか?」と考えたとき、あなたが望むことをシンプルにお伝えになってみるとよいかもしれません。

 

また、相手もいたずらに拒絶したり、子供を持つことを怖れていない限り、多くの男性は「女性が苦しむ姿を何とかケアしたい」と思い、「そんなに無理に頑張らなくてもいい」と話すことがあろうかと思います。

 

男性女性、同じ状況でも見ている幸せ像が違うことがあるんですね。だからこそ、そのすれ違いは何よりもったいないものだとも考えられそうです。

 

頑張らなくていい・・・は、男性なりの思いやりであることが多いですが、しかし、実際はそう聞こえない、そう伝わらないことも少なくないと思います。その男女の違いは少し踏まえておかれると、気持ちが落ち着くこともあろうかと思います。それでも苦しい時はぜひご自身の心のケアもお考えいただければと思います。

 

 
・いわゆる「イエスマン」と「理解(人を理解すること)」の違いがよく分かりません。

 

→はい。簡単に書きますと、

 

イエスマンは「その人の中(自分の中の思い込み)で「相手はこう思っているだろうから」と判断しがちです。
私が相手に責められたリ、相手が怒ったり、傷ついたりするのが嫌」、また「自分はこうしてもらうと嬉しいから、相手の意見はさえぎらないでおこう」と思い「イエス」という人、だと僕はお伝えしています。

 

「理解」は、相手はどうしてそう思うのだろう?と相手の状態に興味をもって接し、「なるほど・・・」と相手の状況を理解して「そういうことなんだね」と相手の真意や何故そう行動してしまうのか?を把握することです。だから常に「イエス」をだけいうわけではありません。

 

「あなたはそんな気持ちで、そんな思いでいたんだね、だからそんな風に言うし、行動するのね」と理解することで、自分の中の不安や怖れ、わだかまりを解くものだとお考えください。
・人に委ねる、、、の部分がよくわからず?危機のがいてしまったかもしれませんが・・・。

 

→上記の「イエスマン」と「理解」の違いに似ているのですが、自分の判断だけで動くと人に委ねることが難しくなります。「自分が相手を理解するように、相手も相手の意志で理解をしようとしている部分がある(全てじゃないですけどね)」という部分を理解して、あなたの一部を相手に委ねていくことができると、よリ自由になる、ということなのですけれどね。
・男と女の心理については文化や国によって違うと思います。(違いますよね?)

 

→ええ、違う部分はあろうかと思います。もちろん。例えば、日本は癒着と罪悪感が強めで、欧米の方は無価値観が強めなんて話もあります。が、それは一概に言い切れない部分、例外は常にありますね。人にはそれぞれ個性がありますからね。

 

なお、この話はここで書くと延々と長くなるので、ぜひ今度また聞いてください(笑)

 

ただ、日本の男女関係という意味で言えば、比較的どこかドライな関係より、ウェットな感覚が多くなるかもしれませんね。
・(パートナーに対して)パートナーが弱いから自分が強くなければ・・・などは思い込みで、相手を信頼すべきと言う事なのでしょうか?本当は相手はもっと強いし、ネガティブでもないということなのか・・・?

 

→えーっとですね。その強い弱いという感覚だけで判断すると分かりにくくなるかもしれません。人にはいいところも弱いところもあるように、「あなたの強み・弱み」「相手の強み・弱み」があって不思議ではないと思うんですね?

 

相手がネガティヴでも強いこともあれば、相手が元気でもめっきりこのジャンルになるとダメダメ・・・という事は起きて当然ですよね?そういった要素って、ほとんどの方にあると思うんですね。

 

簡単な事例で言いますと・・・「いつも元気な人が急に骨折して腕が動かない」となれば、相手に「この荷物もって」とはなかなか言わないですよね。私持つよ、当たり前じゃん・・・と。それは相手の弱さをあなたが支えている。

 

けれど、じゃ全て相手のできることはお願いできますよね。「ちょっと話を聞いてもらう、相談する」ってできますから相手を頼れます。

 

そう考えると・・・例えば、パートナーが弱いから自分が強くならなきゃと思う気持ちの意味は愛情ですよね。

 

けれど、それが相手にとってどう伝わり影響するか?は、また別物だってこともあります。「パートナーさんが強くなるためにご自身で頑張らないとマズイこと」もあれば、「あなたが弱くたって問題ないよ、私がいるもん」って状況もあると思うんです。

 

大事なのは二人が、その場その場を見極めて、委ねることは委ね、受け入れるところは受け入れていくことなんです。一元的にこうだ!と決めつければわかりやすいけれど、実際、人と人とが関わりあう中で起きる心の動きって考えて分かる、ではなく、その場その場で感じて分かるものかな?と僕は思っています。
・現在、パートナーがいないのですが、今後良いパートナーシップを築くためにできることはありますか?

 

→・・・もう、憎いぐらい?素敵な質問ですね(笑)
今、あなたがそう思っていることをまず自分の中で大切にしてみてください。そんなに私は未来のパートナーを愛そうと準備しているんだって気づいて自分を認めていきましょう。その動機を使って行う自分磨きは、きっと効果的なものになりそうですよ!
 
 
浅野へのメッセージ&質問などがあればどうぞ。
 
・もう、いつもありがとうございます!!!としか書けません。今後ともよろしくお願いします。

 

→こちらこそ!もう、いつもありがとうございますしか書けませんです。こちらこそよろしくお願いいたします。
・バックミュージックが良かったです。誰の何という曲でしょうか?

 

→BGMですね?このご質問はまたお会いした時にお答えさせてください・・・<(_ _)>
・いつもありがとうございます。だんだん自分の感情(ネガティヴなもの)を感じられるようになってきたと思います。ありがとうございました。

 

→こちらこそいつもありがとうございます。感情の感度が増していらっしゃる!凄いことですね。これは心が随分と癒されやすくなってるってことですね!
・最近、自分でいっぱいいっぱいになってしまい(子育て等でも)過呼吸っぽくなったり、叫んでしまったりと夫の前でしてしまいました。その時夫に「頑張りすぎだ、そんなに頑張らなくていい」といわれました。
その夫の言葉、私には全然伝わらないと思っていましたが、今日の話を聞いて「そうじゃなかったんだ」と思えたんです。もう頑張るのやめていいんだと思ったら、急に楽になってきました。自分が(自ら思い込んで)頑張りすぎていっぱいいっぱいになりすぎていたんだと気づきました。

 

→うーん、なんてリアルで実践的なご感想でしょう。ありがとうございます!そうです、それを僕もお伝えしたかったのです。

 

一生懸命頑張らなきゃと思い込みすぎるのも愛ですけど、「そこまで頑張らなくていい」も愛ですよね。自分のやり方にこだわりすぎると、良かれと思って必死になっている分、人の声も聞こえなくなっていきますものね・・・。
 
そう、自分のやり方を手放すと、もっとあなたは自由に楽に、相手を愛せるんです。
 

それでは今回のフォローアップは以上です。ありがとうございました。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...