恋愛・夫婦の心理学

ちゃんと別れたのに、まだ彼が忘れられなくてしんどいなら~私の心はどうなっちゃたんでしょうか?にお答えしてみる~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


さて、いわゆる別れたあとの「こじらせ感」って、実際一つの要因でできているわけじゃないんです。

別れた彼のことが忘れられない・・・というケースには

もちろんシンプルに「別れた彼にもっと甘えたい、依存したい、もっと愛して、離れていくなんてヤダ・・・」といった依存的な執着ってケースもあるんですけれどね。

そうじゃないケースもあるんです。

例えば・・・

・その彼にだけ見せられた私がいる
・その彼だけは私の弱い部分を見抜いた
・その彼だけは信じてもいいかも、って自分から思えた

そんな要素・・・どこか今まであなたの心の中で封印していた部分を、見事に突かれていて。

だからあなたのハートが今までの恋愛以上に開いちゃっていて、なかなか閉じたくても心が彼を求めてます、離れていきません!みたいな状態って少なくないのかぁ?と思うんです。

なんていうんでしょう?

今までの私は、どこか強気の恋ばかりしてきたとか。
相手を振り回すことの方が多かった、とか。
できれば相手に自分の好きって気持ちを悟られないようにしてきた、とか。
できるだけ彼(異性)を信じないようにふるまってきた、などなど。

そんな恋愛スタイルを貫いてきたあなたに訪れた

「何・・・この人、私のこと分かるの?」

僕の言葉で言えば

「うーん、なんだかあなたの「ナイーヴな部分」をピンポイントで突かれちゃってますよね。

もう彼のこと信じちゃそうと思った時点で、あなたは彼のことを・・・」

そんなケースも意外と多いかなぁと思っています。

だからこじらせている、という感じになってしまうのかなぁ、と。

ただ、なんていうんでしょうか。

僕がカウンセラーとして実感するのは、こじらせ、ではなくて・・・

あぁ、きっとそれ、あなたの女性としての愛情が開いてるんですよね」って部分なんですよね。

男性と女性では、相手を信じる・・・って言葉の意味が若干違うのかなーと思うこと、僕にはよくあるんです。

男性の信じるは、信頼する、裏切らない、相手の希望、その期待に答えるってことが多そうです。

でも女性の信じるは・・・。

そう、あなたが自分でもよくわからないけれど、その彼のことをただ大事にしていたい、傍で感じていたい、と思われているようなケースってあるのかなぁ・・・って感じることがあります。

そんな時、稀に・・・

クライエント様に「あぁよかったじゃないですか」って僕がうっかり言ってしまうことがあるんです。

いや、これ、ふざけてるわけじゃなくてですね。

「あぁ、それ、あなたの大きな愛情ですよね」

という意味でそうお伝えすることがありますよってことなんです。

「あぁ・・・もう今となっては、あの彼が客観的にどんな男性か?って別ですよね。

少なくとも彼はあなたを本気にさせましたね。

いや、彼はあなたに本気にさせるだけの何かを、あなたにくれたってことじゃないでしょうか?

ならば、今のあなたが彼を忘れられない理由って・・・

もしそうだとしたら、そんなあなたの中に眠っている「愛情」をちゃんと消化するときなのかもしれない。

逆に言えば、あなたの愛情は止まっていないのだから、忘れよう、嫌いになろうと思うと、あなたの感情の流れに逆らうことになるから、ものすごく「しんどい」かもしれないですよ。

あなたが彼にしたいことが、今はできないかもしれない。

けれど、あなたが感じている愛情は本物です、きっと。

だからこそ、あなたのその思いを大切にして、ちゃんと消化しましょうか。

そこ、ちゃんと認めてあげると、切ないけど、でもゆっくり消化できるかも?ですよ。

今日はセッション(セラピー)のご提案なのですが・・・どうです?やってみていいです?」

そんなお話をさせていただくこともあるんです。

もし、あなたが、別れた後もこじらせて辛い、しんどいと思うなら。

その思い、ちゃんと表現する方向を考えてみてもいいかもしれません。

例えば、あなたの親友や、頼れる人に話を聞いてもらうのも手です。

が、そこで「私、辛いんだよね・・・」と話すだけでは、なかなかすっきりしないかも?

あなたが彼に対して秘めている思いを、ちゃんと話してみてもいいかもしれない。

「ごめん、恥ずかしいけど、ちょっと聞いて」って言えるならば、ぜひ。

そこを「こんな事聞いてもらうなんて・・・」と遠慮すると、また切ないかも?

あなたの中にある、誰にも言えない「ここだけの話」が、今、大切なんですよね。

それが難しければ、彼に伝えるのではなくて、あなたの気持ちを紙に書き出したり、日記にしたためたり、手紙を書いたり・・・外に出す、表現することを考えてみてください。

それでもこじらせ感が消えないなら、カウンセラーでもいいですよ。僕でよければそのプロセスにお付き合いさせていただきますし。

それぐらい、あなたの好意・愛を止めるって苦しいんです。

今までその気持ちが「閉じていた」時は、どこか閉じることに慣れているから気づかないけれど、でも実は・・・悶々として苦しいし辛いんです。

だから、あなたの好意・愛を止めているとき、僕たちは満たされないし、自分をなかなか肯定的に見れないんですよね

あなたの気持ちを丁寧に表現しましょう。

そして、あなたのその気持ちに、いつかちゃんと「すごいねぇ」って言ってあげましょう。

「もっと愛してほしかった」「やっぱり私って・・・」なんて言葉で自分の気持ちをごまかすのは止めましょう。

中途半端なニーズを使ったり、後悔や自分を責めることでその想いをごまかすことほど、悲しいことはないのかもしれませんね。

あなたの中にそんなに大きな気持ちがあることに気づけたことこそ、これからの未来、あなたが人を大切にして幸せになる力があることと等しい。

僕はそういった見方をいつもさせていただいているんです。

だから大事にしましょう。

そしてあなたが自分の気持ちを大事にできたとき、きっと「あぁそんなこともあったっけ?」を手放せる時がやってくると思いますよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...