恋愛・夫婦の心理学

「別れたカレが忘れらんない、心から離れていかない」という切なさの手放す方法

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日は手放しの話。

「元カレが忘れらんない、心から離れていかない」という切なさで苦しいというお話。

「なかなか昔の彼が私の心から離れていきません」というお話。

だから、なかなかまた恋愛する気になれないのかも?というお話。

あなたの幸せ実現のための、時間短縮のために方法。

サクッと書いてみます。よろしければお付き合いください。


シンプルに書けば

あの恋愛からあなたは何を学びましょうか?」という事がテーマなんです。

だから、過去が手放せない・・・という事をいたずらに否定する必要はなくて

「あなたにとってのやり残し」ってなんでしょう?

そう考えていく方がいいことって多いんですよね。

ただ、ここにはポイントがあって。

過去のやり残しを

「彼にしてほしかったこと、分かってほしかったこと」をメインに据えるとなかなかスッキリしないことも多く、引きずりやすいかもしれません。

なぜならそれは彼の意志、であることが多いから。

学びと手放しのポイントは

私が彼にしたかったこと、見せてあげたかった私って何だろう

それをちゃんと大切に認めて、解き放つこと。

これが心の中で詰まっていると本当に苦しいですから。

「私がもらえなかったこと」より、「与えられなかったことの後悔」の方がやっぱり痛烈に自己価値に響きます。

それぐらい私たちは愛したい、何かしたい生き物だともいえるんです。

手放しで大事なことは「自分を許す」視点を持つこと。

愛せなかった、愛情が手に入らなかった私にこだわらより、今の自分にあるものを認めていくことなんですね。

イメージとしては

あの彼にしてあげたかったこと、伝えたかった想い、どんな私でいたかったか・・・

それを自分の中でちゃんと認めて(この時に少し心がチクっとするかも?ですが)

そして、その思いを何かしらのイメージに変えて、空に解き放つ。

そんな感じでしょうか。

あんまりにも心が苦しいならすぐにストップ。それはもう少しあなたに時間が必要か、誰か信頼できる人とやった方が安全です。

ゆっくり丁寧に、認めて、そして手放す、開放する。

すると、気持ちが徐々にスッキリすることもあれば。

どこか彼に渡したまんまの「恋をしている、人を好きになってる私」があなたの方に戻ってくる。

そうか、そんなに私はたくさんの想いを持っていたんだ、と気づけることもあります。

それが自信を取り戻すきっかけにもなりますしね。

あ、でも、無理に一生懸命手放そうと意識しすぎても苦しいので、その辺はご注意を。

今の自分なりに、がポイントですね。

もし、なかなか忘れられない恋愛や別れで困っちゃったときは、使える方法の一つなのでお試しを。

***

ちなみに、今日のコラムはお客様の体験談でもあります。

カウンセリングを通じて、なかなか忘れられなかった彼に「自分から」ちゃんと想いを伝えて、距離を取って、断捨離や身の回りの整理をして。

自らの手で「手放す」ことで、別れの痛みやダメージが少なくて済みました、凄くスッキリしましたってお話。

だから「もう次に行こう!」って感じになれました、って。

大事なことは、この恋愛からあなたの愛情にどれだけ気付くか?かもしれませんね。

自信を失ったままでは次の恋愛にも影響しちゃいますから、ちゃんと完了させておきたいですね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...