日常に使える心理学

悪意のないマウンティングってなんだ?

悪意のないマウンティングってなんだ?

一時期「マウンディング女子」という言葉をよく目にしましたけれど、最近、この「マウンディング」について少し意見を求められる機会があって、いろいろ考えていたんですよね。

で、カウンセラーとしての実感として思いついたことが今日のコラムのタイトルなんです。

「悪意なきマウンティング」

何でこんなことを思いついたか?というと、心理学でいうところの「反動形成」についていろいろ考える機会もあったから・・・なのですけどね。 

cc0160170659_TP_V

「反動形成」ってなんだ?といいますと、心の防衛の一種でして。

簡単に言いますと、怒ることを極端に嫌っている人が、すんごい優しかったりや仏の顔になる、って感じのことを言います。

その人の抑圧された感情や欲求が顕在化しないように、それと真逆の言動を行う、置き換えられるって感じですね。

この反動形成が問題だのどうの・・という話ではなく、そういったことが起こるよね~といろいろカウンセリングの学びの中で考えていたわけですけれど。

僕たちはどこかで

「自分が抑圧している感情がある度合いだけ、悪意なく人をマウンティングしちゃうことってあるんじゃないか?」と思うんですよね。

まぁ全てじゃないけど、意外とそういったことが起きる。

いわゆる「分かりやすく相手を批判」したり、「相手に嫌味をぶつける」ということじゃなく。

こちらは相手を助けようとしたりサポートしようとしているけれども。

そこには善意しかないってこともあるかもしれないけれど。

あなたが人を助けることでどこか自分の劣等感が顕在化しないように、という動きで、どこか人を助けることに躍起になっているとしたら。 

相手は劣等感を感じることも少なくないのではないか・・・と。

***

例えば、上司や仲間のケアを必死で・・・と思う人。

誰よりも努力しないと・・・と一人黙々とストイックに仕事や家事に打ち込む人。

家族や親のことを楽にしたい一心で頑張り続けている人。

その心理を見つめると、内面にちょっと強めな無価値観や劣等感があって。

そこが表面に現れないように・・・という思いで毎日行動している人もいるんです。

すると、あなたが人を助けようとしていることは素晴らしいことなのに。

なぜか相手は喜ばない・・・という事が起きたり、相手が楽にならない・・・ということも起きる。

つまり、想いや行動は素晴らしいのに、あなたは確かに頑張っているのに、

「互いに喜び合う」結果がついてこない・・・という、ちょっと残念なことも起きるということなんですね。

だから「頑張ってるのにどんどん私に重荷が・・・」と感じる方も出てくるんです。

そんな時、あなたの劣等感や無価値感に気づいてみるということは、とても有効なやり方かもしれませんね。

こんな時できれば避けたいのは、あなたがずっと劣等感や無価値観から逃げようとして、追いかけられてしまう事

ネガティブなプライドを使って、傷ついた男性性を使って、自分の中の内面にある物を隠しつづけてしまうこと。

だから、もっともっと頑張んないと・・・と焦ってしまうこともしばしば。

なので、自分の価値をなかなか受け取れない・・・。

自分がどこか支える軸がぶれるので、、もっと人の役に立とう、価値ある人間になろうとして・・・

遂には言いたくないけれど「俺って、私ってスゴイと思わない?」と相手に認めてもらおうとするような言動が生まれてくることもあります。

ここまでくると、もう見える形での「マウンティング」ですけどね・・・。

そう考えると、「あんな風にはなりたくない」と、あなたが劣等感や無価値観から逃げれば逃げるほど、自信が感じられないという罠もここにはありそうですね。

そんなときは、あなたが人を助けたいという思いが強くなりすぎて見えなくなっている、あなたの劣等感や無価値感を、否定せずに「そうなんだ、そういう部分があるんだ・・・」と、受け入れてみるのも一つの手です。

もちろん無理せず「受け入れられる分だけ」から、はじめてもいいかもしれません。

するとそのコントラストで、あなたの素晴らしい部分も見えてくることがあります。人はダメなところだけで出来上がっているわけじゃ決してないですから。

同時に自分の行動を一つ一つ丁寧に認めてあげることもいいですね。

意外と劣等感や無価値観で動いていたとしても、あなたの視点、モノの感じ方、人とのかかわり方の中で、いろんな経験値や才能を磨いていたと言う事もよくある話。

どこか今まで苦労した分、あなたに磨かれている部分だってきっとあるはずですよ。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...