恋愛・夫婦の心理学

ぜひ看護師さんに読んでほしい恋愛パターンの話~あなたの才能を活かして幸せになる~ その2

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムの続きです。

よろしければお付き合いください。


さて、今日のコラムの後半部分ですが。

とかく人のために頑張りたい、相手の笑顔が見たいとおっしゃる方の恋愛観を見つめるために、僕はこういった質問をすることがあるんです。

「もし、あなたの彼が困っていたり、悩んでいるとするならば、あなたは彼に何をしてあげたいと思います?」

すると・・・

「もし彼が困っていたら、そばにいてギュッとしてあげたい。彼を守ってあげたい」

とおっしゃってくださる方が多いんです。

そんな話を伺いますと、まぁ・・僕がときめきますよね(笑)もとい・・・「あなたの愛情は素晴らしいな」と感じるんです。

ただ、ここで・・・僕の天邪鬼?な性格ゆえに、こんな質問も同時にさせていただくことがあります。

「じゃ、彼が元気で毎日イキイキしていたら、あなたは何を彼にしてあげます?」

すると・・・

「彼が元気でいてくれたら私は嬉しいです、よかったなって思います。安心しますし。」

とお答えになる方も少なくないのです。

僕の質問は「彼が元気だったら、あなたは何をしてあげたいです?」だったんですけどね?

なので、カウンセリングの中で、実際にこういった話もよく登場するんですよ。

浅野(以下「ア」):「もし彼が困っていたらどうしてあげたいです?」

クライエントさま(以下「ク」):「もう出来る限りのことをしてあげたいです、ギュッとしてあげたいです。」

ア:「素晴らしい!あなたは本当に素晴らしい方だと僕は思いますよ。

ただね・・・・ということは、あなたも彼にギュッとしてほしいんですよね?私達にとって、私がしてあげたいことは、私のして欲しいことですしね」

ク:「そうです・・・ね・・・(恥ずかしい)」

ア:「それはそれでいいことですよ、問題なんてないんです。困っている彼をぎゅっとしてあげたいということは本当に素晴らしいことです。

ただ、気になるのは、彼が困っていなかったとき。そんな時どうします?」

ク:「えーっと、そうですね。一緒に楽しみたいなと思います」

ア:「そうですよね。なるほど。でも、実際に彼と普段どんな付き合い方をしているでしょうか?」

ク:「んーそうですね・・・」

ア:「彼に嫌われたくないから、できるだけ相手のペースに合わせていないですか?」

ク:「言われてみれば、たしかにそういうところがあると思います」

ア:「じゃ、あなたが普段普通に過ごしているとき、彼にギュッとしてほしいと思います?」

ク:「思います」

ア:「そうですよね。そう思いますよね!では、そう彼に言って求めたことは?」

ク:「あー・・・あまりないかもしれません」

ア:「それはどうして?」

ク:「彼に迷惑になるかな、とか」

ア:「え?あなたは迷惑なんですか?」

ク:「んー彼に負担をかけたくないから、そういったことは言わないほうがいいかなと思っちゃいますね」

ア:「それじゃあなたが寂しいじゃないですか?と僕は思っちゃうんですが、おせっかいにも」

ク:「んーでも私は平気、っていうか。彼が元気だったらそれで嬉しいですし」

ア:「それ、彼が寂しいってわかります???」

ク:「えっ・・・」

ア:「これは一般的な男ゴコロとしてですけど。

まぁ、素直になれない男性も多いけど、でも好きな女性に甘えられるって嬉しいものですよ。ま、超恥ずかしいから抵抗感も出るけれど、でもね・・恋愛ですからね・・・二人っきりのときは特にね・・・」

何が言いたいか?っていいますとね。

この手の恋愛パターンを持っている方ほど「彼が困っている・ピンチのとき」に行動はできるけれど。

彼が元気だったり、ご機嫌な時に、関われなかったり、できることをあまり考えていない・・・。

そんな傾向があるってことなんです。

だから、このパターンの恋愛って。

二人のコンディションがいいときには、あなた自身、彼に意外と無頓着なんだけど。

彼が困ってる様子だと一生懸命関わろうとする・・・。

そんな傾向が見えてきます。

すると、彼にとってあなたは・・・「僕が元気なときには関わってこないし、愛情表現はしないけど、困っていると助けてくれる人」になる。

さてさて・・・「彼女の前では、やっぱりいいカッコしたい男性陣は・・・そんなあなたに優しさを感じますが・・・彼の存在理由をどう感じるでしょうね?」という問題。

そこに気づいていますでしょうか?

恋愛など、もっといい関係を気づくための鍵は、あなたが「今のままの私で相手を関わり、喜び合おうとする」ことであって。

「相手のために頑張ろう」「相手の機嫌を取る・気を使う」ことだけではないんです。

それはそれで素晴らしいことだし、あなたがこれからパートナーシップを長く続けていくために必要な要素の一つでしょう。

むしろ、気の置けない関係を作る時に、必要以上に「相手に気を使う」「助けようとする」「役に立とうする」と、あなたに悪意なんてないけれど、どこかお互いの不信感を煽ってしまいます。

これが、この手の恋愛の中で、特に恋愛の導入部で失敗しやすくなる理由になっていくんですね。

もっとお互いが深くつながり、二人で一緒に生きている意味を感じるために必要なことって

あなたが彼へのギフトなんですけど・・・ってところをある程度「自覚しておくこと」です。

あなたが彼に何ができるか?もいいけれど、

「私って素敵な存在だ」と、今より3割増しで感じるだけで随分見える世界が変わりますよ。

もっと胸を張りましょう。自分でいいって言いましょう。

「そう思えない」「私はいい」って気持ちに流されて、いつも通り「相手の役に立とう」とするのもいいけれど。

それはいつだってできること。あなたの強い才能です。

だから、今はその才能をもっと輝かせるために、あなた自身を大切にする意味で、素晴らしさをしっかり磨いてみましょう。

あなたの気分を変えるだけで変わることもたくさんあります。

いつもと違う衣装やメイク、髪型にするだけでも自分をリフレッシュできることも、ちょっと自信を持てることもありますしね。

もっと自分を素敵にするための投資をしてみましょう。

僕はカウンセラーだから、あなたの容姿を美しくするようなテクニックは持ち合わせていないけれど、あなたの心を強くしたり、磨いたり、魅力を感じたり、自己否定感を薄くしたり、自信を持ってもらえるようなアプローチはご提供できますよ。

特に今回のような助けたい人は、何かしらの人を助けられなかった後悔、もっとより良い家族や人間関係のために苦心されてきた方も多いので、そこから心が解放されるアプローチを取ると、飛躍的に幸せになっていける方も少なくありませんのでね。

・・・最後になりますが、今回どうしてこんなテキストを書いているか?といいますと。

最近、一人で彼との関係で悩まれて、一生懸命彼に関わっているのに切ない思いを抱えていらっしゃる方のご相談が少なくないのかな、と思うんです。

僕のクライエント様の中にいますよね・・・心のあたりのある皆さまが(笑)

みなさんへの忘備録を兼ねておりますよ、今回は。

本当に皆さんは素晴らしいんです、だからもっと自分をより良い存在だって感じていきましょうね。

そして僕は微力ながら・・・そこまで人のために頑張れるあなたにこそ「超幸せ」になって欲しいと心から願っています。

そして、また僕のサポートが必要と思っていただけたら、またいつものカウンセリングルームでお待ちしております。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...