恋愛・夫婦の心理学

いつも彼を全力で好きになる・・・・そんなあなたにこそ知っておいてほしい法則 その2

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムの続きです。

よろしければご覧ください。

さて「情熱的に人を愛する人ほど、その反動人一倍辛さが募ったり、別れた人を忘れられなかったりしますよ」というお話の続きです。

***

では、どこか恋愛の本気スイッチが入っちゃった方ほどハマる罠ってなんだ?と言いますと。

 

相手の心の状態を見ることができなくなってしまう、そんなモードになっちゃうこと、なんでしょう。

 

人にはその時々で、「愛情を受け取れるキャパシティのようなもの」がありますよ。

それはあなたが気分の良いときにはご飯もお酒も美味しいけど、疲れていたりネガティヴになっているときは、何も食べたくない・・・と思うことがあることと似ているかもしれません。

 

で、これは一つの「傾向」ですが。

人は、自信があるときは、その愛情を受け取るキャパが大きくなり、自己嫌悪が強いときは少なくなります。

 
また、自信があるときは、ニーズ(人への要求や不満など)は少なくなり、自己嫌悪が強いときは増大します。

 

そう、実はその人の自信の程度や心のコンディションによって

 

「相手が言っていることと、相手のマインドの状態」は異なることがあります。
 
例えるならば

 

口では愛してほしい・・・と言っている彼がいるけれど、実は今、本気の愛情を向けられると拒絶したくなるかも?だし。

 

彼がどこか自信を感じられるときほどほど、あなたの愛情を受け入れて感謝してくれます。

 

これはネタバレですけど、カウンセリングでお話を伺うとき、僕はお二人のこの「裏腹な感覚とスレ違い」を注意深く見ています。

 

だからこそ、「相手の表面的な部分の表現だけ」を見て、全てを解釈するとうまくいかないこともあるんです。
相手が人の気持ちを受け取れない時に情熱的に愛しても、効果は薄いし。

 

相手が自信があるときほど、ガツガツ愛してもいい。

 

あなたの気持ち自体に、間違いなんてないのかもしれない。

でも気づかないうちにその逆、やってませんか?というご提案。

意外とお話することが多い事の一つだったりしますねってことで。

何かあなたの恋愛の参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...